【有料・無料】人気の動画編集ソフトおすすめ7選比較!

【有料・無料】人気の動画編集ソフトおすすめ7選比較!

動画編集で収入を得ていくなら、動画編集ソフトは必要不可欠です。

 

ですが、動画編集ソフトと言ってもたくさん種類がありますので、以下のように悩んでしまっている方も多いんですよね。

 

「動画編集ソフトを選びたいんだけど、どこがおすすめなんだろう?」

「有料と無料があるみたいだけど、どっちが良いのかな?」

 

そこで本記事では、これから動画編集を始めたい初心者向けに、有料・無料の人気動画編集ソフトの中でも「本当におすすめできる動画編集ソフトだけ」を厳選して”7つ”ご紹介します。

 

本記事で動画編集ソフト選びが全て解決できるよう、動画編集ソフトの選び方もわかりやすく解説しますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

 

動画編集ソフトの選び方

動画編集ソフトの選び方

 

まずは動画編集ソフトの選び方をご紹介します。

 

動画編集ソフトの選び方

1. 利用する目的を決めよう

2. パソコンのOSやスペックを確認しよう

3. 自分の現在の編集レベルや、将来目指したいレベルに合わせて選ぼう

4. 有料か無料か選ぼう

 

1. 利用する目的を決めよう

動画編集ソフトと言っても、目的は様々です。例えば「個人用」で簡単な動画編集をするのか、それとも就職や副業、独立など「仕事用」で利用するのかで、おすすめソフトは変わります。

 

事実、動画編集ソフトは「本格的な編集ができるもの」と「簡易的な編集しかできないもの」もあります。ですから最初に「仕事目的」「個人目的」など大まかな目的を決めることで、よりあなたにあったソフトを選ぶことができます。

 

どうしても迷ったら、個人用・仕事用ともに万能的に使えて、動画編集ソフトを利用することがおすすめです。

 

例えば動画編集ソフトの中でも最も人気の「Adobe Premiere Pro」は、個人用、仕事用はどちらもバッチリです。

 

最近人気のYoutube動画、SNS動画はもちろん、ハリウッド映画の編集でも利用されており、様々な目的をカバーできますよ。

 

2. パソコンのOSやスペックを確認しよう

使いたいソフトが、いま使っているPCのOSに対応しているかは、チェックしておくべき項目です。

 

動画編集ソフトには、Mac、Windowsの両方で使えるソフトもあれば、Macだけ、Windowsだけのソフトもあります。

 

もし迷ったら、「Mac」「Windows」の両方とも使える動画編集ソフトが最もおすすめです。

 

両方使えるソフトであれば、将来的にパソコン/OSを変えた場合も、長期的に利用し続けることができます。

 

慣れ親しんだソフトを変えることも面倒なので、両方使えて、品質の良い動画編集ソフトを最初から選んでおくと間違いないです。

 

3. 自分の現在の編集レベルや、将来目指したいレベルに合わせて選ぼう

動画編集ソフトの中には、動画編集を始めたばかりの「初心者向け」のレベルもあれば、動画編集で仕事をしたい「本格派レベル」まで、レベルが異なります。

 

ですから、自分の現在のレベルや、将来目指したいレベルに合わせて、動画編集ソフトを選んでいくことが必要です。

 

もし迷ったら「本格的な仕事レベル」のソフトを選んでおくことをおすすめします。

 

最初こそ多少苦労するものの、一度習得してしまえば、仕事にプライベートなど、いろんな場面で活用できるようになりますよ。

 

4. 有料か無料か選ぼう

動画編集ソフトには「有料ソフト」と「無料ソフト(フリーソフト)」があります。

 

動画編集で仕事(副業や独立等)をしたいなら有料の体験版からスタートしよう

中でもおすすめは「有料ソフト」です。特に、近い将来、動画編集で副業や独立、就職等で収入を得たい場合、最初から有料の動画編集ソフトを利用することがおすすめです。

 

有料の動画編集ソフトには「Adobe Premiere Pro」のように、プロが利用するソフトが豊富にあります。こういった有料ソフトを選ぶと、副業や独立・就職など、どんな道でも目指すことができます。

 

一方で、無料で利用できる動画編集ソフトには、商用利用ができなかったり、ロゴが入ってしまうものもあります。ですから、企業のプロモーション向け、Youtuber向け動画などの「仕事目的」の場合は、本格的な編集ができる「有料ソフト」が間違いない選択です。

 

有料ソフトには体験版があることが多いので、最初は「無料体験」から始めてみることがおすすめです。

 

その他のチェック項目は以下があります。

・出力フォーマットがMP4、MPEG4、MOVのどれかをチェックする

上記は最低限見ておきたいですが、今回紹介する動画編集ソフトは、上記どのフォーマットにも対応しているので問題ありません。

 

【有料・無料】人気の動画編集ソフトおすすめ7選の比較表

動画編集ソフトおすすめ度費用レベル
1. Adobe Premiere Pro⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️月額1,848円仕事向け
2. Final Cut Pro X⭐️⭐️⭐️⭐️一括36,800円仕事向け
3. Filmora⭐️⭐️⭐️⭐️年額6,980円初心者向け
4. Adobe Premiere Elements⭐️⭐️⭐️一括19,580円初心者向け
5. iMovie⭐️⭐️⭐️⭐️無料初心者向け
6. AviUtl⭐️⭐️⭐️無料仕事向け
7. Davinci Resolve⭐️⭐️⭐️無料仕事向け

 

【有料】人気の動画編集ソフトおすすめ4選

まずは有料の動画編集ソフトを紹介します。おすすめは4つです。

 

1位:Adobe Premiere Pro(動画編集で仕事をしたい全ての方におすすめ)

【有料】人気の動画編集ソフトおすすめ4選比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
費用月額1,848円
目的Youtube動画編集からハリウッド映画まで、様々な目的で利用可能
対応OSMac、Windows
レベル本格的な仕事向き(動画編集を仕事にしたい全ての方におすすめ

 

Adobe Premiere Proは、動画編集で副業や独立、就職など、仕事目的で使いたい全ての方におすすめです。

 

動画編集ソフトの中でも最も実績があり、多くの方から選ばれています。

 

Adobe Premiere Proは様々な目的で利用可能です。YoutubeやSNS動画はもちろん、本格的なハリウッド映画の製作者まで、高品質な動画編集を自分の手ですることができます。

 

PCもMac、Windowsどちらも対応しているので、長期的に使い続けることも可能です。

 

「動画編集で副業や独立したいけど、どのソフトが良いかわからない」という場合、Adobe Premiere Proを選んでおけば間違いないですよ。

 

Adobe系の人気ソフトがセットの「Adobe CC」もおすすめ!

なお、Youtubeのサムネイル等も作りたい場合は、Adobe系の人気ソフトがセットになっているAdobeCC(Adobe Creative Cloud)の購入もおすすめです。

 

Adobe CCには、アニメーション制作で人気の「Adobe After Effects」や、「Photoshop」「Illustrator」など、Adobeの人気ソフトが複数セットになっています。

 

Adobe CCでできること

・動画編集:Adobe Premiere Pro

・サムネイル作成:Photoshop

・テキストレイアウト:Illustrator

・アニメーション作成:Adobe After Effects

など、他にも多数あり

 

アニメーション作成などもがっつり行いたい場合は、AdobeCC(Adobe Creative Cloud)購入を検討しても良いですね。動画編集で案件受注するためのベースは完全に揃いますので、費用の元はすぐに取れますよ。

 

Adobe CCを安く購入・契約する方法は「Adobe CCを安く買うには?損しない、お得な4つの買い方はコレ!」でご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

Adobe Premiere Proはどちらかというとプロ向けなので、完全初心者だと最初は苦労すると思います。

 

とはいえ、近い将来、動画編集で収入を得ていきたい場合、遅かれ早かれAdobe Premiere Proを使う場面は来ます。

 

将来を見据え、最短で動画編集で稼げるようになるなら、最初からAdobe Premiere Proで頑張ることを強くおすすめしたいです。

 

Adobe Premiere Proは体験版として、「7日間の無料体験」があります。まずは「無料」で触ってみることから始めてみましょう。

Adobe Premiere Proを7日間無料で体験する

 

2位:Final Cut Pro X(Macユーザーにおすすめ)

【有料】人気の動画編集ソフトおすすめ4選比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
費用36,800円/一括
目的様々な目的で利用可能
対応OSMac
レベル本格的な仕事向き

 

Final Cut Pro Xは、Apple社が提供する動画編集ソフトです。

 

Appleが開発していることもあり、Macとの相性は抜群です。高品質な動画編集をする機能もバッチリです。

 

前述したAdobe Premiere Proと悩む方が多いですが、迷ったらたAdobe Premiere Proがおすすめです。

 

機能面や実績もAdobeの方が良いですし、費用もFinal Cut Pro Xは一括購入で36,800円と少し高額です。Adobeはサブスクリプションで月額1,848円(税込)から利用できるので、初期費用も安く始めることができますよ。

 

3位:Filmora(初心者におすすめ)

【有料】人気の動画編集ソフトおすすめ4選比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
費用6.980円/1年間
目的様々な目的で利用可能
対応OSMac、Windows
レベル簡易的な仕事向け(初心者向け)

 

簡単操作で品質の高い動画編集をしたいならFilmoraは良い選択です。

 

初心者でもシンプルに動画編集ができるよう、難しい操作を省いた設計になっています。

 

ただし、素材は決まったものしかないので、他の人とかぶる場面も出てくるのは、Filmoraのデメリットと言えるでしょう。

 

初心者が簡単な動画編集をしたい場合は、Filmoraは良い選択と思います。

 

4位:Adobe Premiere Elements(初心者におすすめ)

【有料】人気の動画編集ソフトおすすめ4選比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️
費用19,580円/一括
目的様々な目的で利用可能
対応OSMac、Windows
レベル簡易的な仕事向け(初心者向け)

 

Adobe Premiere Elementsは、Adobe Premiere Proがちょっと難しいと感じた方におすすめしたい、初心者向けの動画編集ソフトです。

 

Adobe Premiere Proは本格的な調整・編集までできますが、Adobe Premiere Elementsは逆に細かい調整・編集はできず、直感的に操作する仕様になっています。

 

前述通り、仕事目的ならAdobe Premiere Proがおすすめですが、簡易的にスタートしたいなら、Elementsを検討してみましょう。

 

【無料】人気の動画編集ソフトおすすめ3選

次は「無料」の動画編集ソフトを紹介します。おすすめは3つです。

 

1位:iMovie(Macユーザーにおすすめ)

【無料】人気の動画編集ソフトおすすめ比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
費用無料
目的様々な目的で利用可能
対応OSMac(スマホも対応)
レベル簡易的な仕事向け(初心者向け)

 

iMovieはApple社が無償で提供しているMacなどApple製品で利用できる、動画編集のフリーソフトです。

 

前述した有料のFinal Cut Pro Xと比べると自由度は下がりますが、それでも基本的な編集であればiMovieでも十分可能です。

 

また、Apple製品のスマホアプリでも、iMovieを使うことができます。無料かつApple製品ユーザーなら、iMovieは選択肢としておすすめです。

 

2位:AviUtl(Windowsユーザーにおすすめ)

【無料】人気の動画編集ソフトおすすめ比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️
費用無料
目的様々な目的で利用可能
対応OSWindows
レベル本格的な仕事向け

 

AviUtlは、Windows製品で使える動画編集ソフトです。Youtubeやニコニコ動画などでよく使われているソフトとして有名となっています。

 

初心者には少し操作性が難しいものの、無料ソフトの中ではできることが多く、人気ソフトです。

 

Windowsユーザーかつ、多少操作が難しくても自由度の高い編集を行いたい場合は、AviUtlを検討してみましょう。

 

3位:Davinci Resolve(プロにおすすめ)

【無料】人気の動画編集ソフトおすすめ比較
おすすめ度⭐️⭐️⭐️
費用無料
目的様々な目的で利用可能
対応OSMac、Windows
レベル本格的な仕事向け

 

Davinci Resolveはプロ向けの動画編集ソフトです。

 

元々はカラーグレーディング(映像の色味を整えること)のソフトでしたが、編集、色補正、特殊効果、合成まで、全てこれ一つでできるソフトになりました。

 

無料だと一部機能制限はあるものの、無料でも広範囲の編集機能が使えます。高画質な映像を作れるので、本格的に質の高い動画編集をしていきたいプロにおすすめしたいです。

 

どうしても迷ったら、どの動画編集ソフトを選べばいい?

迷ったら、おすすめは「Adobe Premiere Pro」です。

 

Adobe Premiere Proは最も有名な代表的ソフトであり、現場で使っている方も多いです。目的も副業・独立しやすいYoutube動画、SNS動画などをはじめ、ハリウッド映画などの本格的映像でも用いられているソフトとなっています。

 

また、Mac、Windowsどちらも使えるので、幅広い人が利用することが可能です。

 

動画編集者として就職や副業・独立を目指すなら、最初から「Adobe Premiere Pro」を選ぶことが間違いないですよ。

 

無料体験で7日間は無料で使えるので、まずは実際触れてみてから、利用するか決めることもおすすめです。

Adobe Premiere Proを7日間無料で体験する

 

まとめ

【有料・無料】人気の動画編集ソフトおすすめ7選比較!

 

述べてきた通り、動画編集ソフトと言っても特徴に違いがあります。有料ソフトは無料体験できるものも多いので、ここからは実際に触れつつ、自分にあったソフトを探すことをおすすめします。

 

中でも迷ったら、最初から「Adobe Premiere Pro」を選ぶことが間違いないです。

 

Adobe Premiere ProでYoutube動画など簡単な編集ができるようになれば、1ヶ月後に始めての収入を得ることも、数ヶ月後に月5〜10万円の収入を得ることも、現実的に目指せますよ。

Adobe Premiere Proを7日間無料で体験する

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。