Adobe Premiere Elementsの値段・価格やできること【徹底レビュー】

Adobe Premiere Elementsの値段・価格やできることは?

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)は、はじめての動画編集でも使いやすい、超初心者向けの動画編集ソフトです。

 

この記事では、Adobe Premiere Eelements(アドビプレミアエレメンツ)を使ってできること・値段・デメリット・使い方などをわかりやすくレビューします。

 

Adobe Premiere Elementsとよく比較されるAdobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)との違いも解説しながら、プレミアエレメンツを解説しますね。この記事を読めば、プレミアエレメンツのことがわかりますよ。

 

Adobeの動画編集ソフトを安く買う方法

Adobeの動画編集ソフトを安く使いたい方は「デジハリAdobeマスター講座」がおすすめです。

デジハリAdobeマスター講座は、

  1. Adobe CCコンプリートプラン1年分
  2. Adobeソフトの使い方を学べる基礎講座

この2つがセットになっています。

デジハリAdobeマスター講座であれば、プレミアプロ、アフターエフェクトなど人気ソフトを含む、20以上のアプリが全てコミコミで「39,980円(公式サイトの約半額)」です!

業界スタンダードのAdobeの動画編集ソフトを安く使いたい方は、今すぐデジハリAdobeマスター講座の公式サイトで詳細をチェックしてみましょう。

デジハリAdobeマスター講座公式サイトを見てみる

 

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)とは?

値段19,580円(公式サイト)
OSMac・Windows
こんな人向け超初心者/動画編集を趣味で始めたい
公式サイトAdobe Premiere Elements

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)は、Adobe社が運営している動画編集ソフトです。

 

Premiere Elements(プレミアエレメンツ)の特徴

Premiere Elementsの特徴をまとめると次の通りです。

 

Premiere Elementsの特徴
  • 初心者でもわかりやすい動画編集ソフト
  • Mac・Windowsどちらでも使える
  • Adobe系動画編集ソフトの中で唯一、正規の買い切り版がある
  • 趣味用でメインで利用されている
  • 簡単操作で動画編集ができる

 

このように、初心者向けの動画編集ソフトとして、Premiere Elementsは利用されています。

 

Premiere Elements(プレミアエレメンツ)とPremiere Pro(プレミアプロ)の違い

Adobe系の動画編集ソフトには、

があります。

 

どちらも仕事用で使われる代表的なソフトです。

 

これらのソフトと比較して、Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)はさらに難易度が易しい「超初心者向けのソフト」です。

 

ソフト難易度用途
Premiere Elementsとても易しい趣味・個人利用
Premiere Pro易しい仕事(本業・副業など)
After Effects難しい仕事(本業・副業など)

 

本業・副業などの仕事用であれば、Premiere Pro(プレミアプロ)やAfter Effects(アフターエフェクト)を使うことが一般的です。Premiere ProとAfter Effectsは、現役動画クリエイターが仕事用でバリバリ使っているソフトです。

 

一方で、

  • 「動画編集を仕事にするつもりはない」
  • 「趣味・個人利用で、動画編集をやってみたい」

このような方は、Adobe系ソフトの中では、アドビプレミアエレメンツが特に良い選択になります。

 

関連:プレミアプロの値段や安く購入するには?月額料金や買い切り版・無料版を徹底解説!

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)の値段・価格

Adobe Premiere Elementsの値段はいくらなの??」という方向けに、ここではプレミアエレメンツの値段・価格をまとめます。

 

Adobe Premiere Elementsの値段・料金は19,580円

結論、Adobe Premiere Elementsの料金・価格は買い切りで19,580円です。

 

買い切りなので、一度19,580円を払って購入すれば、その後は追加費用なしでAdobe Premiere Elementsを使うことができます。

 

ちなみに、Adobe系の他の動画編集ソフトであるAdobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)とAdobe After Effects(アドビアフターエフェクト)は、どちらも買い切り版はなく「サブスク型/月額制・年額制」のみとなっています。

Adobe系の動画編集ソフトを買い切りで購入したい方は、現状はPremiere Elements一択となります。

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)でできること

「Adobe Premiere Elementsってどんなことができるの?」と感じる方向けに、Adobe Premiere Elementsでできることを解説します。

 

結論、Adobe Premiere Elementsには「基本的な動画編集機能」が全て備わっています。

 

Adobe Premiere Elementsで実際にできることをまとめると次の通りです。

 

Premiere Elements(プレミアエレメンツ)でできること
  • 動画をカットする
  • カットした動画をつなげる
  • 動画にテロップ(字幕)を入れる
  • 動画にBGMや効果音を入れる
  • 動画の色調や色味を変える
  • 動画にモザイクを入れる
  • 動画の切り替わりを表現できる(トランジション)
  • 動画のサイズを変更できる
  • 粗い動画を綺麗に改善できる

 

このように、動画編集の基本的なカット・テロップ入れ・モザイク入れなどの機能はもちろん、素材が粗い動画を綺麗にするなどの様々な機能が、Adobe Premiere Elementsにはあります。

 

趣味・個人利用であれば、Adobe Premiere Elementsで十分です。

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)のデメリット

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)は初心者でもわかりやすい動画編集ソフトですが、中にはデメリットもあります。デメリットをまとめると次の通りです。

 

Premiere Elementsのデメリット
  • あくまで趣味用のため、プロの仕事用としては不向き
  • Adobe After Effectsと連携ができない
  • 操作性があまり良くない
  • 最新版へ無料アップデートできない(アップデートするために追加費用が1万円以上かかってしまう)

 

Adobe Premiere Elementsはあくまで趣味用のため、プロの仕事用としては不向きです。本業・副業・フリーランスなどで動画編集を行いたい方は、Premiere Elementsではなく、仕事用のAdobe Premiere Proがおすすめです。

 

また、Premiere ElementsはAfter Effectsと連携していないため、Adobe After Effectsも使っていきたい方には不向きです(Premiere ProであればAfter Effectsと連携しています)

 

操作性は初心者でもわかりやすい点はメリットですが、プロの仕事用となると、操作性はあまり良くありません。プロの映像を作ろうと思うと、Premiere Elementsだと大変です。

 

かつ、Premiere Elementsは買い切り型であり、最新版へアップデートを無料ですることができません。アップデートする際には追加費用が1万円以上かかるため、ランニングコストは中長期的にみると高くなります(サブスク型のPremiere Proであれば、最新版へ無料でアップデートできます)

Adobe Premiere Pro公式サイトはこちら

 

これらのデメリットが気にならない方であれば、Premiere Elementsは変わらずおすすめです。

 

Adobeの動画編集ソフトを安く買う方法

なお、Premiere Pro(プレミアプロ)を始め、Adobeの動画編集ソフトを安く使いたい方は「デジハリAdobeマスター講座」がおすすめです。

デジハリAdobeマスター講座は、

  1. Adobe CCコンプリートプラン1年分
  2. Adobeソフトの使い方を学べる基礎講座

この2つがセットになっています。

デジハリAdobeマスター講座であれば、プレミアプロ、アフターエフェクトなど人気ソフトを含む、20以上のアプリが全てコミコミで「39,980円(公式サイトの約半額)」です!

業界スタンダードのAdobeの動画編集ソフトを安く使いたい方は、今すぐデジハリAdobeマスター講座の公式サイトで詳細をチェックしてみましょう。

デジハリAdobeマスター講座公式サイトを見てみる

 

関連:プレミアプロの値段や安く購入するには?月額料金や買い切り版・無料版を徹底解説!

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)が向いている人

「こんな人にPremiere Elementsはおすすめ!」という人をまとめると次の通りです。

 

Premiere Elements(プレミアエレメンツ)が向いている人
  • 動画編集を「趣味」や「個人利用」として始めたい人

 

上記特徴にあなたが当てはまるなら、Premiere Elementsはおすすめです。

 

Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)が向いていない人

一方で「こんな人はPremiere Elementsは向いていない」という人をまとめると次の通りです。

 

Premiere Elements(プレミアエレメンツ)が向いていない人
  • 動画編集で仕事がしたい人(本業・副業など)

 

あなたが動画編集で仕事がしたいなら、Premiere Elementsではなく、プロの仕事用で使われているAdobe Premiere Proがおすすめです。

 

Premiere Proであれば、Youtubeの動画編集を始め、さまざまな動画制作シーンでプロが利用しています。仕事用で特に利用されているソフトのため、身につけたスキルを活かして仕事がしやすいです。

 

関連:プレミアプロの値段や安く購入するには?月額料金や買い切り版・無料版を徹底解説!

 

Adobe Premiere Elementsと一緒に検討したい関連ソフト

「趣味用・個人利用で動画編集ソフトを使いたいけど、Adobe系ソフトにこだわらない」、このような方は、趣味用でもっとコスパの良い動画編集ソフトもあります。

 

Adobe Premiere Elementsと一緒に検討したい、おすすめの動画編集ソフトをまとめると次の通りです。

 

おすすめの動画編集ソフト

【第1位】Wondershare Filmora【買い切りで8,980円の高コスパ!世界150カ国・8,500万人以上が利用。Mac・WindowsどちらもOK。趣味・個人利用向け】

【第2位】PowerDirector【国内販売シェアでトップクラスの動画編集ソフト。買い切り12,980円〜。趣味・個人利用向け】

 

Wondershare Filmoraは、Premiere Elementsと同じで「個人利用向けの動画編集ソフト」です。

 

Filmoraは、Premiere Elementsの19,580円より半額近くも安い「買い切り8,980」で購入でき、基本的な動画編集機能が備わっています。コスパの高さは抜群です。

 

PowerDirectorも同じく、個人利用向けの動画編集ソフトです。「買い切り12,980円〜」で購入できるため、Premiere Elementsと比べても安く済みます。

 

個人利用・趣味用で動画編集ソフトを購入するなら、コスパの良いWondershare FilmoraPowerDirectorを検討してみてはいかがでしょうか?どちらも無料体験版があるので、まずは触ってみることもおすすめです。

 

 

Adobe Premiere Elementsは無料で利用できる?

「Adobe Premiere Elementsが気になるけど、無料で使えないかな?」と思っている方向けに、無料版について解説します。

 

Adobe Premiere Elementsには30日間の無料体験がある

結論、Adobe Premiere Elementsには「無料体験版」があります。

 

あくまで無料体験のため、期間は30日間とはなりますが、無料版を使うことで、使用感を実際に確認できます。

 

Adobe Premiere Elementsの無料体験版のダウンロード方法

Adobe Premiere Elements公式サイトへ行き、右上の「無料で始める」をクリックします↓

 

Adobe Premiere Elementsの無料体験版のダウンロード方法

 

画面左下の「無料で始める」をクリックすると、無料体験を始めることができます↓

 

Adobe Premiere Elementsの無料体験版のダウンロード方法

 

実際に無料で使ってみた後に、有料版を買い切りで購入するか検討していきましょう。

 

まとめ

まとめると、Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)は初心者向けの動画編集ソフトであり、動画編集を趣味や個人利用で使いたい方におすすめです。

 

仕事用では不向きであるものの、趣味・個人利用としては十分です。仕事用であればAdobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)の一択で良いでしょう。

 

なお、Wondershare FilmoraPowerDirectorも同じく趣味・個人利用としておすすめな代表的ソフトであり、Adobe Premiere Elementsよりも金額が安いです。この2つの動画編集ソフトも検討した上で、納得いくソフトを選ぶことができるでしょう。

 

Adobeの動画編集ソフトを安く買う方法

なお、Premiere Pro(プレミアプロ)を始め、Adobeの動画編集ソフトを安く使いたい方は「デジハリAdobeマスター講座」がおすすめです。

デジハリAdobeマスター講座は「Adobe CCコンプリートプラン1年分」「Adobeソフトの使い方を学べる基礎講座」がセットになっています。

デジハリAdobeマスター講座であれば、プレミアプロ、アフターエフェクトなど人気ソフトを含む、20以上のアプリが全てコミコミで「39,980円(公式サイトの約半額)」です!

業界スタンダードのAdobeの動画編集ソフトを安く使いたい方は、今すぐデジハリAdobeマスター講座の公式サイトで詳細をチェックしてみましょう。

デジハリAdobeマスター講座公式サイトを見てみる

 

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。