FilmoraとPremiere Elementsはどっちがおすすめ?違いをプロが徹底比較

FilmoraとPremiere Elementsはどっちがおすすめ?プロが違いを徹底比較

FilmoraAdobe Premiere Elementsは、どちらも大人気の定番動画編集ソフトです。とはいえ、どちらも高い人気を誇るため、どっちを選ぶべきか迷ってしまう方も多いです。

 

そこでこの記事では、30以上の動画編集ソフトを使い倒してきた経験をもとに、Filmora(フィモーラ)とAdobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)の違いを徹底比較どっちがおすすめか、理由とともに解説します。

 

結論からお伝えすると、FilmoraとAdobe Premiere Elementsは大きな違いがあり、おすすめできる人は異なります。結論、次の選び方であれば、よりあなたにあったソフトを選べますよ。

 

Filmoraがおすすめな人
  • 初心者〜中級者レベルの方
  • 安くてコスパ抜群のソフトを使いたい
  • 運動会・結婚式など、趣味の範囲で動画を編集したい
  • Youtuberの方で、ご自身の動画を手軽に編集したい
  • 買い切りで購入したい
Adobe Premiere Elementsがおすすめな人
  • 超初心者レベルの方
  • 動画編集を趣味や個人利用として始めたい
  • Adobeソフトを買い切りで購入したい

 

本記事でより詳しく、FilmoraとPremiere Elementsの違いや、おすすめできる人とその理由を解説します。この記事を読めば、あなたにあったソフトを選ぶことができますよ。

Filmora 公式サイトを見る

Adobe Premiere Elements 公式サイトを見る

 

 

一緒に検討したい動画編集ソフト

なお、動画編集ソフトを「仕事用」としてバリバリ使いたい方は、Adobe社の定番ソフトである「Adobe Premiere Pro」もおすすめです。

Adobe Premiere Proは初心者〜上級者まで、幅広いレベルの方が利用しているソフトです。上級者レベルまで対応しているため、FilmoraやPremiere Elementsではできない高いクオリティの編集も、Adobe Premiere Proであればできますよ。

Adobe Premiere Pro 公式サイトはこちら

 

FilmoraとPremiere Elementsの違いを徹底比較

FilmoraとPremiere Elementsの違いを徹底比較

 

早速、Filmora(フィモーラ)とAdobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)の違いを徹底比較していきます。

 

FilmoraとPremiere Elementsの比較表

ソフトFilmoraAdobe Premiere Elements
値段【買い切り版】
8,980円〜
【サブスク版】
年間6,980円〜
【買い切り版】
19,580円〜
対応OSMac・WindowsMac・Windows
レベル初心者〜中級者まで超初心者向け
用途結婚式や運動会のムービー作成
Youtubeの動画編集など
運動会など趣味用のムービー作成
使いやすさ・操作性
機能の豊富さ
無料体験版の有無
無料体験版の制限
(全機能を使える)

(全機能を使える)
実績
(全世界150カ国・1億人以上が利用)

(代表的なAdobe製品)

 

料金はFilmoraの方が安い

料金はFilmoraの方が安いです。

 

Filmoraは買い切り8,980円〜、Adobe Premiere Elementsは買い切り19,580円となります。比較してみると、2倍近く金額の差があります。

 

加えてFilmoraはサブスク型もあり、年間6,980円〜で利用できます。毎月・年間コストをさらに抑えて利用できるメリットがあります。

 

このように、料金の安さで選ぶならFilmoraの方が安いです。

Filmora 公式サイトを見る

 

関連:安い上に本当に質が高い動画編集ソフトおすすめ6選【価格・料金相場も解説】

 

Filmoraは初心者〜中級者、Premiere Elementsは超初心者向け

次にレベルですが、Filmoraは初心者〜中級者まで対応しているのに対して、Adobe Premiere Elementsは超初心者向けとなります。

 

動画編集が完全に初めてで、本当に自信がない方は、Adobe Premiere Elementsの方が向いているでしょう。

 

一方のFilmoraも、簡単操作で初心者でも動画編集ができます。動画編集が完全に初めてで自信がない方でも、Filmoraを選んでも全く問題ありません。

 

用途はFilmoraの方が幅広いジャンルで使える

利用できる用途は、Filmoraの方が幅広いジャンルで使えます。

 

Filmoraは趣味としての利用はもちろん、Youtubeの動画編集など簡単な仕事で使えるソフトです。一方のAdobe Premiere Elementsは、仕事用としての利用は難しく、あくまで趣味・個人利用の範囲で使うためのソフトです。

 

いろんな用途で使いたいと感じるなら、Filmoraを選んでおいた方が無難です。

 

使いやすさ・操作性はFilmoraが優れている

使いやすさや操作性に関しても、私個人の感想としては、Filmoraの方が優れていると感じました。

 

Filmoraはとにかく簡単操作で動画編集ができるソフトです。編集画面が直感的に操作できるUIとなっており、初心者でもすぐに動画編集をスタートできます。

 

FilmoraとPremiere Elementsはどっちがおすすめ?違いをプロが徹底比較
私が実際にFilmoraで編集している時の作業画面。初心者でも直感操作で編集できるUIになっています。

 

Adobe Premiere Elementsも初心者がすぐに始められる使いやすさがありますが、Filmoraと比べるとちょっと劣るように感じました。

 

機能の豊富さもFilmoraが充実

機能の豊富さもFilmoraが充実しています。

 

機能の豊富さは、基本的に「対象レベル」と比例して増えます。Filmoraは初心者〜中級者まで対応しているのに対し、Adobe Premiere Elementsは超初心者向けです。中級者まで対応しているFilmoraの方が、高画質な動画を制作するための機能が充実していました。

 

Adobe唯一の買い切りならPremiere Elements

中には「やっぱり定番のAdobeを選びたいけど、買い切りで購入したい」と思い、Adobe Premiere Elementsを検討している方も多いはず。

 

なぜなら、Adobe Premiere Elementsは大人気Adobeソフトの中では唯一の、買い切り版で購入できるソフトだからです。

 

Adobe製の買い切りソフトを購入したいと考えている方は、他に代替となるソフトは現状ありません。

 

ここまで解説した対象レベル・用途・操作性・使いやすさなどに問題がなければ、Adobe Premiere Elementsを選ぶと良いでしょう。

Filmora 公式サイトを見る

Adobe Premiere Elements 公式サイトを見る

 

関連:買い切り版の動画編集ソフト5選!選び方も解説

 

FilmoraとPremiere Elementsがおすすめな人

FilmoraとPremiere Elementsがおすすめな人

 

ここまで比較してきた違いから、Filmora(フィモーラパワー)とAdobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)がおすすめな人をまとめると次の通りです。

 

Filmoraがおすすめな人

Filmoraがおすすめな人
  • 初心者〜中級者レベルの方
  • 安くてコスパ抜群のソフトを使いたい
  • 運動会・結婚式など、趣味の範囲で動画を編集したい
  • Youtuberの方で、ご自身の動画を手軽に編集したい
  • 買い切りで購入したい

 

超初心者向けのPremiere Elementsと比べて、Filmoraは初心者〜中級者までと、利用できるレベルが広いです。

 

金額もPremiere Elementsの買い切り19,580円に比べて、Filmoraは買い切り8,980円と安いです。Premiere Elementsはサブスク型はありませんが、Filmoraならサブスク契約もでき、その場合は年間6,980円とさらに安いです。

 

用途もPremiere Elementsと比べてFilmoraは幅広く、趣味・個人利用はもちろん、Youtubeの動画編集でも使えます。

 

このような点に魅力を感じる方は、Filmoraを選ぶことがおすすめです。

Filmora 公式サイトを見る

 

Premiere Elementsがおすすめな人

Adobe Premiere Elementsがおすすめな人
  • 超初心者レベルの方
  • 動画編集を趣味や個人利用として始めたい
  • Adobeソフトを買い切りで購入したい

 

中級者レベルまで対応しているFilmoraと比べて、Premiere Elementsは超初心者向けのソフトです。初めてでも大丈夫なソフトを選びたい方は、Premiere Elementsは特に向いています。

 

仕事用として使うには不十分ですが、趣味・個人利用としては十分なソフトです。

 

さらに、Adobe製品は数ある動画編集ソフトの中でも最も高い人気を持つシリーズですが、Adobe Premiere ElementsはAdobe製品の中で唯一「買い切り」で購入できるソフトです。

 

定番のAdobeの動画編集ソフトを買い切りで使いたい方は、Adobe Premiere Elementsの一択となります。

Adobe Premiere Elements 公式サイトを見る

 

FilmoraとPremiere Elementsと一緒に検討したいソフト

ここまで解説してきた通り、FilmoraとPremiere Elementsはどちらも初心者向けのソフトであり、上級者がバリバリ仕事で使う場合は不向きな面がありました。

 

Filmoraであれば、Youtubeの動画編集など、比較的手軽にできる仕事であれば活用できますが、プロの現役クリエイターとしてガンガン使うとなると、他にも選択肢となるソフトがあります。

 

そこでおすすめはAdobe社の定番ソフトである「Adobe Premiere Pro」がおすすめです。

 

Adobe Premiere Proは、世界を代表する動画編集ソフトです。FilmoraやPlemiere Elementsと違い、初心者〜上級者まで幅広いレベルに対応しています。

 

上級者が仕事用として使うことに適しており数々の現役動画クリエイターも愛用しています。

 

月額3,280円〜と、FilmoraやPremiere Elementsと比べると値段は若干上がるものの、Adobe Premiere Proは案件数が豊富にあるため、個人で副業・フリーランスとして収入を得ていきやすい超強力なメリットがあります。ソフト代の元はすぐに回収できますよ。

 

さらに、FilmoraやPremiere Elementsではできない高いクオリティの編集も、Adobe Premiere Proであればできます。

 

仕事で使える定番の動画編集ソフトなら、Adobe Premiere Proを選ぶと間違いありませ。

Adobe Premiere Pro 公式サイトはこちら

 

関連:プレミアプロの値段や安く購入するには?月額料金や買い切り版・無料版を徹底解説

関連:【結論】Adobe Premiere ProとFilmoraの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

 

まとめ

まとめると、FilmoraとAdobe Premiere Elementsはどちらも大人気の動画編集ソフトですが、大きな違いがあります。

 

Filmoraがおすすめな人
  • 初心者〜中級者レベルの方
  • 安くてコスパ抜群のソフトを使いたい
  • 運動会・結婚式など、趣味の範囲で動画を編集したい
  • Youtuberの方で、ご自身の動画を手軽に編集したい
  • 買い切りで購入したい
Adobe Premiere Elementsがおすすめな人
  • 超初心者レベルの方
  • 動画編集を趣味や個人利用として始めたい
  • Adobeソフトを買い切りで購入したい

 

迷ったらこの選び方であれば、よりあなたにあったソフトを選び、動画編集・映像制作を快適にスタートできますよ!

Filmora 公式サイトを見る

Adobe Premiere Elements 公式サイトを見る

 

ソフトFilmoraAdobe Premiere Elements
値段【買い切り版】
8,980円〜
【サブスク版】
年間6,980円〜
【買い切り版】
19,580円〜
対応OSMac・WindowsMac・Windows
レベル初心者〜中級者まで超初心者向け
用途結婚式や運動会のムービー作成
Youtubeの動画編集など
運動会など趣味用のムービー作成
使いやすさ・操作性
機能の豊富さ
無料体験版の有無
無料体験版の制限
(全機能を使える)

(全機能を使える)
実績
(全世界150カ国・1億人以上が利用)

(代表的なAdobe製品)

 

動画編集ソフトのまとめ記事はこちら

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画編集・映像制作で長年の経験を持つ現役動画クリエイターや動画マーケター、クリエイターのキャリアに精通した転職エージェント出身者で構成されています。 動画編集・映像制作に取り組む方に向けて、動画編集・映像制作の学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめ動画編集スクールをご紹介しております。 企業様向けの動画編集・映像制作サービス事業の運営も行っております。Movie Worksの運営者情報はこちら