動画編集に必要なスキルは?一覧・レベル別でプロが徹底解説!

動画編集に必要なスキルは?一覧・レベル別で徹底解説!

動画編集に必要なスキルってどんなものがあるの?」

「初心者でもわかるように、一覧でまとめて教えてほしい」

 

このように悩んでいませんか?

 

5Gの恩恵により、最近は動画編集スキルを身につけたい、学びたいと考える人が増えています。それもそのはず、動画市場は圧倒的に成長しており、動画編集スキルは需要がとても高い手に職です。

 

動画編集スキルは最短で習得するなら動画編集スクール、時間をかければ独学でも身につけることができます。スキルさえ身につければ、動画編集の副業として月5〜10万円の副収入を得たり、フリーランスとして独立も十分実現可能です。

 

そこでこの記事では、魅力の大きい動画編集スキルに関して、プロの現役動画クリエイターが徹底解説

 

 

この記事を読めば、動画編集スキルにはどのようなものがあるか、どうやってスキルを習得していけばいいか、動画編集を効率的に遂行するスキルがはっきりとイメージできるようになりますよ。

 

ライバルと差をつけて、一段レベルの高い動画編集者を目指すワンランク上のスキルもプロ目線で解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

関連記事

※未経験から動画編集の仕事・案件を獲得するまでの全ステップは「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!初心者から収入を得る3ステップ」で詳しくまとめています。動画編集スキルを身につけて仕事を取っていきたい方は、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

【初心者向け】動画編集に必要な基礎スキルの一覧

【初心者向け】動画編集に必要な基礎スキルの一覧

 

ここでは、これから動画編集を始める初心者向けに、動画編集で必要な基礎スキルを解説します

 

動画編集に必要な基礎スキルの一覧
  • カット
  • テロップ入れ
  • 効果音・BGMの挿入
  • アニメーション
  • 色調補正・カラーグレーディング
  • エフェクト入れ
  • サムネイル作成

 

「よくわからない言葉がたくさん出てきた…」と感じてしまうかもしれませんが、どれも難しくありません。各スキルを一言でまとめると次の通りです。

 

各作業内容
カット撮影素材に対して分割を行うこと
テロップ入れ動画に対してテキストを入れること
効果音・BGM挿入動画に対して効果音やBGMを入れること
アニメーション動画にアニメーションをつけること
色調補正・カラーグレーディング動画の色彩に補正を入れること
エフェクト入れ動画に特殊効果を付けること
サムネイル作成動画のサムネイル(画像)を作ること

 

それぞれの詳細や各スキルで意識すべきポイントを、プロの視点でわかりやすく解説しますね!

 

カット

動画編集におけるカットとは、撮影素材に対して分割(カット)を行うスキルです。

 

動画編集者の仕事は、発注者が用意した撮影素材をもらい、その素材をカットして編集を行っていくことが多いです。動画の流れを意識しながら素材のカットをすることで、魅力ある動画のストーリーを作っていきます。

 

動画のカットは、動画編集ソフトに標準搭載されている仕様なので、ソフトの使い方を覚えれば簡単にカットができるようになります。

 

プロのワンポイントアドバイス🖕

動画編集のカット作業は「いかに効率的にやるか」が、たくさんの案件をスムーズにこなすために重要なことです。

そこでポイントになるのが「キーボードショートカットキー」を使うこと。

キーボードショートカットキーとは、動画編集の作業をショートカットし、素早く編集を行うためのスキルです。

例えば動画編集のカット作業は、最初はマウスを使いながらやる方も多いですが、キーボードのショートカットキーを覚えれば、両手をほとんどキーボードに置きながら、効率的かつ素早く編集ができるようになりますよ。

 

テロップ入れ

動画編集におけるテロップ入れとは、動画に対してテキスト(文字)を入れるスキルです。

 

例えばYoutubeの動画を見ていると、画面の下に演者が話した言葉が出てきますよね。あのようなテキストを動画内に入れることを、テロップ入れと言います。

 

テロップ入れも動画編集ソフトを使えば、簡単にすることができます。

 

プロのワンポイントアドバイス🖕

実は動画編集の「テロップ」と「字幕」は、似ているようで意味が違うことを知っていますか?

  • テロップ:発言の内容をそのままテキストにしたもの
  • 字幕:発言が動画の内容の中で、特に強調・補足したい部分をテキストにしたもの

動画内にテロップを入れることで、

  • 視聴者に動画の内容をイメージしてもらいやすくなる
  • 動画のリズムが良くなる
  • 音を聞けない状態でも動画を楽しんでもらえる

といったメリットを生み出せるようになります。

テロップ入れは簡単な作業ではあるものの、動画のどの部分をテロップ化するかは、編集者の技量にかかっています。

こういう点でも他の編集者と差をつけていけると良いですね。

 

効果音・BGMの挿入

動画編集における効果音・BGM挿入とは、動画に対して効果音やBGMを入れるスキルです。

 

例えばYoutubeの動画を見ていると、効果音やBGMが流れている動画がたくさんありますよね。あのような効果音・BGMも、動画編集者が動画内に入れているのです。BGMを入れる際には、動画の尺(=長さ)とBGMの尺を合わせるなど、各種調整を編集者が進めていきます。

 

また、音量の調節も編集者が進めていきます。Youtubeの動画を見ていると「動画の声は小さくてよく聞こえないのに、広告に映った瞬間に音量が爆音で流れてくる」といった経験はありませんか?あのようなストレスを与えてしまうのは、人が話す声やBGMの音量調整がうまくいっていないことが原因です。

 

「どんな効果音・BGMを選べばいいかわからない」と不安を感じてしまうかもしれませんが、動画編集ソフトにはサンプルの効果音・BGMもたくさん搭載されています。

 

最初はわからなくても、

  • こういう動画にはこのBGMが合っているな
  • この動画にはこんな効果音が合いそう

という風に、センスある音響入れをできるようになっていきます。

 

アニメーション

動画編集におけるアニメーションとは、動画にアニメーションをつけるスキルです。

 

例えば、写真や図形に動きをつける「モーショングラフィックス」や、キャラクターに動きをつける「キャラクターアニメーション」などが、アニメーションに含まれます。

 

動画編集のアニメーションスキルを身につけると、いろんな種類・パターンの動画を作れるようになります。アニメーション案件は高単価案件もあるため、是非とも身につけておきたいスキルの一つです。

 

色調補正・カラーグレーディング

動画編集における色調補正・カラーグレーディングとは、動画の色彩に補正を入れるスキルです。

 

例えば、動画撮影素材の明るさが暗い場合は、明るく見えるように色の補正を動画編集者が行います。

 

色調補正・カラーグレーディングは、どちらも色の補正をするスキルですが、カラーグレーディングの方が、色補正からさらに一歩進んだ調整を指すことが多いです。

 

プロのワンポイントアドバイス🖕

動画の色調補正をする際には、基本的には「白」で判断することがポイントです。

色調補正をしていると、なんとなく色を変更しがちですが、編集画面で色をいじっていると正しい色味がわからなくなるケースがとても多いです。

そのような時は「動画の中の白がちゃんと白色になっているか」を確認しましょう。

動画の中の白色が変に黄色っぽくなっていたり、青っぽくなっているときは、色調が正しくなっていない可能性があります。

そして、白を正しい白色にするためには「黄色」と「青色」の2色をベースに色味を調整しつつ、必要に応じて「赤色」「緑色」も調整することで、自然で良い感じの色味にすることができますよ。

 

エフェクト入れ

動画編集におけるエフェクトとは、動画に特殊効果を付けるスキルです。

 

例えば、動画の画面を滑らかに切り替える際には「トランジション」というエフェクトを使います。トランジションを使うと、動画と動画をスムーズに切り替えたり、動画の雰囲気やトーンを変えることができます。

 

エフェクトはとても奥が深く、いろんな効果を動画に付与できます。さまざまなエフェクトのスキルを身につけることで、動画編集者としてのスキルやレベルも高くなります。

 

サムネイル作成

動画編集におけるサムネイル作成とは、動画のサムネイル(画像)を作るスキルです。

 

例えばYoutube動画であれば、動画の一覧画面でサムネイルがたくさん出てきますよね。

 

Youtube動画は視聴者に動画をクリックしてもらわないと、どれだけ良い動画を作ったとしても、人々に見てもらうことはできません。ですから、動画編集者は人の興味を惹くサムネイル作成スキルも求められるのです。

 

ここまで挙げたスキルが、動画編集者に必要なスキルです。

 

基本スキルの習得に関する補足

ちなみに、ここまで紹介した基本スキルは「動画編集スクール」を使うと効率的に学ぶことができます。

動画編集の基本的なスキルを学ぶなら、最近は低価格で受講できる安い動画編集スクールもありますので、有力な学習方法となります。

特にプロ目線でしっかりと厳選した安い上に質が高い動画編集スクール5選であれば、実務で使える技術も含めて、実践的な編集スキルを身につけていけますよ。

動画編集を独学で勉強することを考えている方も、一度スクールの利用を検討してみると良いでしょう。

 

【中級者以上】レベルの高い動画編集者に必要なスキル

【中級者以上】レベルの高い動画編集者に必要なスキル

 

動画編集を始めた初心者の中では「動画編集者は増えすぎてもうオワコンだと思う」「案件が取れなくて動画編集の仕事がきつい」と言われることも一部ありますが、正直、ここから紹介するスキルを正しく身につけている動画編集者は少ないです。

 

一定レベル以上の編集者が非常に少ないため、企業側からみると、動画編集者の数は全然足りておらず、発注先に困っているケースが本当に多いです。これは業界の課題ですね。

 

逆にいえば、以下のスキルを習得することで、他の動画編集者に大きな差をつけて、案件をガンガン獲得できる動画編集者や動画クリエイターになることが可能です。

 

レベルの高い動画編集に必要なスキル
  • コミュニケーションスキル
  • セールス・案件獲得スキル
  • マーケティングスキル
  • デザインスキル
  • ディレクションスキル

 

コミュニケーションスキル

動画編集におけるコミュニケーションスキルとは、発注者とスムーズにコミュニケーションを取り、納品まで遂行するコミュニケーション力を指します。

 

「そんなに高いコミュニケーション力はないよ」と不安に思ってしまうかもしれませんが、大丈夫です。

 

動画編集におけるコミュニケーション力とは、体育会のようなバリバリのコミュ力は全く必要なく、

 

  • 相手の質問に対してちゃんと答える
  • 何度も同じことを質問しない
  • 相手を不快に感じさせるコミュニケーションをしない

 

このように「当たり前のこと」ができるだけで十分だからです。

 

とはいえ、当たり前のことが当たり前にできていない編集者がとにかく多いのです。私も他の動画編集者に一部の仕事をお願いしてきていますが「レスが返ってこない」「何度も同じことを聞かれる」といったケースはよくありました…。

 

「相手の立場に立って行動する」ということをちゃんと意識して行動できれば、動画編集におけるコミュニケーションは十分です。全く難しいことではありませんが、できている人が少ないため、他の編集者に差をつけられる部分です。

 

セールス・案件獲得スキル

動画編集者で副業・フリーランスなどを目指すなら、案件を獲得するためのセールス・案件獲得スキルも重要となります。

 

「営業なんてやったことないし、案件を取れる気がしない」と多くの方は不安を感じてしまいますが、動画編集における営業は難しくありません。なぜなら、動画編集は需要が高い一方、肝心の動画編集者は不足しているからです。

 

関連記事

動画編集の営業は「動画編集の営業方法は?営業先や営業文の書き方をプロが解説」や「動画編集案件の取り方・仕事の探し方5つ【案件獲得までの完全マニュアル】」で詳しく解説しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

さらに最近は案件の獲得方法を指導してくれたり、スクール側から案件紹介を受けられる副業向けの動画編集スクールもあります。初心者であれば、こういった副業向けのスクールを活用することで、案件の取り方を知ることができますし、案件紹介を通じた実績を武器に仕事を獲得することもできるようになりますよ。

 

マーケティングスキル

仕事に溢れる動画編集者は、マーケティングスキルを持っていることが多いです。

 

なぜマーケティングができると仕事が増えるかというと、一言で言えば、動画編集はマーケティングが必要不可欠であるのに対して、マーケティングを理解した動画編集者があまりにも数が少ないからです。

 

そもそも動画編集を発注する発注者は、動画を作りたいから編集をお願いしているのではありません。自社の売上や利益を伸ばすために、動画編集を依頼しているのです。

 

ですから、動画編集者が本来やるべきことは、動画を編集して納品することではなく、クライアントn売上・利益アップにつながる動画を納品することなのです。ですから、

 

  • どんなサムネイルを使えばクリック率が上がるのか?
  • どんな動画の企画であれば試聴維持率が伸びるのか?

 

このような「マーケティング」の側面まで考え、動画作れる動画編集者こそが、動画編集市場で一番求められています。

 

だからこそ、ライバルに一歩も二歩も差をつけたい動画編集者は、マーケティングスキルを身につけることがおすすめです。

 

 

デザインスキル

レベルの高い動画編集者は「デザインスキル」も身につけていることが多いです。

 

例えば、動画編集者がデザインスキルを身につけると、演出の幅を広げ、クライアントの売上・利益アップに貢献できるようになります。

 

デザイン視点で視聴者を惹きつける動画構成や演出を考えられるようになるため、クライアントにより大きな価値提供ができるようになるのです。

 

マーケティング同様、デザインスキルを身につけている動画編集者も少ないです。動画編集者であれば是非とも身につけたいスキルの一つです。

 

 

ディレクションスキル

動画編集におけるディレクションスキルとは、動画編集者をディレクションしながら、チームで動画編集を行うスキルです。

 

結論、あなたが動画編集で収入アップしたい、できるだけ上を目指したいと願うなら、ディレクションスキルは欠かせません。なぜなら、自分一人で動画編集をやっていると、できる案件数はどうしても限られてくるからです。

 

どれだけ作業効率を高めても、一人でできる案件数には限界が来てしまいます。その点でディレクションスキルを身につけ、チームとして動画編集ができるようになれば、人をたくさん入れていけば、青天井にビジネスを拡大することができます。

 

実際に私の周囲の実力ある動画編集者も、ディレクションスキルを身につけ、動画ディレクターとしてチーム作りを進めています。

 

特に年齢が30代や40代になってくると、チームをマネジメント・ディレクションするスキルが求められるようになっていきます。だからこそ、早いうちからディレクションスキル・経験を積むことがおすすめです。

 

 

関連:【未経験向け】動画編集の副業の始め方!初心者から収入を得る3ステップ

 

動画編集スキルを身につける方法

動画編集スキルを身につける方法

 

「どうやって動画編集スキルを身につければいいの?」

「効率的に、最短でスキル習得できる方法が知りたい」

 

このように「動画編集スキルを習得したい方向け」に、ここでは動画編集スキルを最短かつ効率的に身につける方法を具体的に解説します。

 

結論、動画編集者スキルを身につけるオススメの方法をまとめると、大きく2つあります。

 

動画編集スキルを身につける方法
  1. 独学でスキルを身につける
  2. 動画編集スクールでスキルを身につける(おすすめはこちら

 

それぞれのスキル習得方法に関して、プロ目線で具体的ステップを解説しますね。

 

1. 独学でスキルを身につける

一つ目は独学でスキルを身につける方法です。

 

動画編集の独学では「本」「動画教材」「Youtube動画」などを使い、自分で動画編集のスキルを学んでいきます。

 

お金があまりかからないメリットがある一方、スキル習得までに時間がかかったり、途中で挫折する可能性が高い方法でもあります。

 

学習方法を全て自分自身で決めないといけないことや、わからないことを気軽に質問できる人がいないことが、デメリットですね。

 

とはいえ、お金をどうしてもかけたくない方にとっては、独学は良い選択になります。動画編集を独学で勉強したい方は「動画編集を独学で習得する勉強方法・学習ロードマップ【何から始めるか迷う初心者向け】」で方法をまとめているので、参考にしてみてください。

 

2. スクールでスキルを身につける

もう一つの方法は動画編集スクール」でスキルを身につけることです。

 

結論、あなたが動画編集が初めてで、動画を趣味ではなく”仕事”につなげたいなら、迷うことなく「動画編集スクール」で勉強することがおすすめです。

 

動画編集スクールには、プロが作ったカリキュラムや、いつでも気軽に質問できるクリエイター講師がいることが大きなメリットです。

 

動画編集スクールによっては、案件紹介を受けられたり、クリエイターへの就職・転職をサポートしてくれるスクールもあります。

 

動画編集スクールは独学と比べてお金はかかるものの、スクールでプロのスキルを習得すれば、副業・フリーランスで月5〜10万円の収入を得ることも難しくありません。受講する価値は間違いなくあるでしょう。

 

参考までに、プロから動画編集スキルを学べるおすすめスクールをまとめると次の通りです。

 

動画編集スクールおすすめ2選
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【実績豊富な大手スクール。副業・転職など卒業生の実績多数。全国24校舎の通学&オンラインで学べる。月6,300円から】
  2. studio US(スタジオアス)【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。高単価な副業案件の紹介サポートあり。業界最安級の月4,584円から】

 

動画編集スキルを身につける方法

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、累計修了者数100万人超え、国内最大級の規模と実績を持つ、大手動画クリエイタースクールです。

 

ヒューマンアカデミーでは、全国24拠点の通学&オンラインを自由に併用しながら、プロが使っているスキルを徹底的に学習できます。

 

就職・転職などのキャリアサポートもトップクラスに手厚いため、身につけたスキルを仕事につなげていけるでしょう。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座 公式サイトはこちら

 

動画編集スキルを身につける方法

 

studio US(スタジオアス)は、未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクールです。

 

オンライン完結で学べる上に、わからないことはいつでも質問し放題です。実案件の紹介を受けられるサポートもあるため、最短で副業・フリーランスといった働き方を目指しやすいです。

 

受講料も業界最安級の月4,584円・総額55,000円〜なので、独学と比べても遜色ない、コスパ抜群の学習環境があります。

 

受講料が安い理由は、studio USは全国どこにも教室を持たないオンラインスクールだからです。教室コスト(家賃)がかかっていないため、その分低価格で、高品質な学習を受けられるのです。

 

コスパよくプロの動画クリエイターに必要なスキルを身につけたい方や、副業・フリーランス独立を本気で目指すなら、現時点ではstudio USの右に出るスクールはないでしょう。

studio US 公式サイトはこちら

 

未経験から動画編集スキルを身につけるなら、これらのスクールを受講すると、短期間でプロのスキルを習得していけるでしょう。

 

品質の良い動画編集スクール

ヒューマンアカデミーやstuido USを筆頭に、おすすめ動画編集スクールは以下記事でも紹介しています。

  1. 総合的なおすすめ動画編集・映像制作おすすめスクールの人気ランキング・比較はこちら
  2. 安さ重視安い上に本当に質が高い動画編集スクールはこちら
  3. 社会人向け働きながら学べる!社会人向け動画編集スクール・映像制作学校はこちら

希望に合わせてぜひこちらもチェックしてみてください。

 

まとめ

最後に、動画編集スキルを身につけると、人生の選択肢は圧倒的に広がります。

 

個人で作りたい動画を自由に作ることもできますし、副業で月5〜10万円の収入を得ることも十分実現しやすいです。未経験からクリエイターにキャリアチェンジし、クリエイティブなことを仕事にすることもできるでしょう。

 

何より、動画市場は圧倒的に成長しており、これから有望な成長マーケットです。そのような市場で必要とされる動画編集スキルを身につけると、人生の安定度は間違いなく上がるでしょう。

 

だからこそ、この記事で紹介したスキルをぜひ身につけてみてください。スキルを身につけた後は、自分自身の可能性が大きく広がっていることを実感できると思いますよ。

 

動画編集スクールおすすめ2選
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【実績豊富な大手スクール。副業・転職など卒業生の実績多数。オンライン&通学で学べる。月6,300円から】
  2. studio US(スタジオアス)【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。高単価な副業案件の紹介サポートあり。業界最安級の月4,584円から】
品質の良い動画編集スクール

ヒューマンアカデミーやstuido USを筆頭に、おすすめ動画編集スクールは以下記事でも紹介しています。

  1. 総合的なおすすめ動画編集・映像制作おすすめスクールの人気ランキング・比較はこちら
  2. 安さ重視安い上に本当に質が高い動画編集・映像制作スクールはこちら
  3. 社会人向け働きながら学べる!社会人向け動画編集スクール・映像制作学校はこちら

希望に合わせてぜひこちらもチェックしてみてください。

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画編集・映像制作で長年の経験を持つ現役動画クリエイターや動画マーケター、クリエイターのキャリアに精通した転職エージェント出身者で構成されています。 動画編集・映像制作に取り組む方に向けて、動画編集・映像制作の学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめ動画編集スクールをご紹介しております。 企業様向けの動画編集・映像制作サービス事業の運営も行っております。Movie Worksの運営者情報はこちら