フリーランスの動画編集者になる方法を徹底解説【完全ガイド】

フリーランスの動画編集者になる方法【完全ガイド】

「フリーランスの動画編集者になりたい」

「どうすればフリーランスの動画編集者になれるんだろう?」

 

いま、動画編集者は人気が急上昇している仕事です。動画市場の持続的な成長に加え、5Gの開始、Youtubeの盛り上がりなど、動画市場をめぐる動きはポジティブであり、企業の多くが動画市場に参入してきています。

 

企業の参入に伴い、肝心の動画編集者の数は足りていないので、多くの個人が、動画編集者として食べていくチャンスがきています。

 

そこで本記事では、全くの未経験から動画編集のフリーランスになる方法や知識を、本記事で全てまとめました。

 

記事を読んで行動すれば、未経験からでも動画編集の技術を身につけ、フリーランスとして食べていくことができますよ。

 

フリーランス動画編集者の仕事内容

フリーランス動画編集者の仕事内容

 

動画編集の仕事は、撮影された動画素材を利用し、テロップを作成・挿入したり、音声・効果音などを取り入れる作業をする流れです。

 

具体的にやることは次の通りです。

 

フリーランス動画編集者の仕事内容

・クライアントから動画素材をもらう

・撮影された映像・音声素材を動画編集ソフトに取り込む

・構成をベースに映像の切り出し、並び替えを実施

・映像に合わせてテロップの作成・挿入

・音声、効果音、ナレーションを追加

・仮編集した動画をクライアントに納品、修正があれば修正

・納品完了

 

これが一連の流れです。上記だけでなく、クライアントを一緒に企画から入ることもあります。この辺りは動画編集者のスキルセットによります。

 

基本的に巻き取れる仕事の範囲が広くなるほど、単価も高くなる傾向があります。

 

以上がフリーランス動画編集者の仕事内容です。

 

未経験でもフリーランスの動画編集者になれる理由

未経験でもフリーランスの動画編集者になれる理由

 

結論、動画市場が成長している一方、肝心の動画編集者の数が不足しているからです。

 

冒頭でも少し述べましたが、動画市場はいまとにかく伸びています。

 

実際にどのくらい動画市場が拡大しているか、実データをお見せしますね。以下はインターネット広告代理店大手のサイバーエージェント社が出している「動画広告市場の過去〜現在〜今後の推計」です。

 

未経験でもフリーランスの動画編集者になれる理由

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

上記を見ると、2018年の市場規模1,843億円から、2年後の2020年には3,289億円と、178%もの成長を記録しています。

 

また、2020円の3,289億円の市場規模から、3年後の2023年には5,065億円と、3年間で154%成長することも予想されているんですよね。

 

現在までの2年間で約1.8倍、今後の3年間で約1.5倍というのは、実際かなりの成長率です。なぜなら日本の多くの産業は、成長の止まった「成熟市場」か、逆に衰退へ向かう「衰退市場」の2つで構成されているからです。

 

その中で、3年間で150%以上の成長を記録してきており、かつ今後も記録する市場は、かなり少ないんですよね。

 

このように、動画市場はいま現状でも伸びており、今後も継続的に伸びていきます。

 

そのような状況なので、動画編集者の需要も伸びているのですが、まだまだ編集者は不足している状態です。

 

ですから「動画編集者として3年実務を経験してきました」という人でなく、経験が浅い人でもできるフリーランス案件も、たくさん出てきているのが現状なんですよね。

 

もちろん、動画編集の技術も、動画編集の知識も全く勉強していない未経験だと、さすがに厳しいです。そこまで甘くはないです。

 

ですが、しっかり技術を学んで行動していけば、未経験からでも、動画編集で月10万円以上を稼ぎつつ、収入を上げていくことは可能です。なぜなら前述通り、市場の需要に対して、肝心の動画編集者が足りていないからです。

 

「動画市場は成長しており、でも肝心の編集者が足りていない」、このような理由から、未経験から動画編集を学んだ人でも、フリーランスになることは可能なんですよね。

 

フリーランスの動画編集者になるメリット

フリーランスの動画編集者になるメリット

 

動画編集でフリーランスになるメリットは多くありますが、中でも大きなメリットは以下3つです。

 

動画編集のフリーランスになるメリット

1. 初心者でも始めやすい

2. 個人でも収入を得やすい

3. 時間や場所の融通が効きやすい

 

1. 初心者でも始めやすい

動画編集が初心者でも始めやすいことは、動画編集でフリーランスを目指す大きなメリットです。

 

世の中にはいろんなフリーランスの仕事があります。例えば代表的なところだと、プログラミングやWebデザイン、コンサルティング、最近はフリーランスの営業なんて仕事も出てきています。

 

ですが問題なのは、どの仕事も、全くの初心者から習得することは、なかなか難しいことです。

 

例えばプログラミングは、挫折率が90%と言われています。また企業向けコンサルティングは社会人での実務経験がないとなかなか務められるものではありません。どの仕事も、未経験からチャレンジするには、難易度が相応に高いんですよね。

 

その点動画編集なら、正しい方法で学んでいけば、再現性高く、しかも数ヶ月の短期間であっても、技術習得まですることができます。

 

このように、初心者でも始めやすいことは、フリーランスの動画編集者になる大きなメリットです。

 

2. 個人でも収入を得やすい

個人で稼ぎやすいことも、フリーランス動画編集者のメリットです。

 

例えば最近は5Gの期待により「Youtube動画の編集」が伸びています。Youtubeの動画編集であれば、経験が浅い個人であっても、案件を受けて稼ぐことが可能です。

 

こういった案件であれば、自分のスキルとPCさえあれば収入が得られるので、仮に明日会社から放り出されたとしても、会社に依存することなく、自分の力で食べていくことができます。

 

また、人のマネジメントが得意でない場合も、動画編集の仕事は規模を大きくしなければ、個人でも十分やっていけます。実際に個人で案件を複数請けながら、月30万円ほどの収入を得ている編集者は多いですよ。

 

動画編集は「副業」でも小さく始めやすいですし、稼げるようになれば「フリーランス」としてスムーズに独立もしやすいです。リスクを抑えながら稼げることも、動画編集のメリットですね。

 

 

このように、個人で稼ぎやすいことも、フリーランスの動画編集者になるメリットです。

 

3. 時間や場所の融通が効きやすい

時間や場所の融通が効きやすいことも、フリーランス動画編集者のメリットです。

 

例えば、先ほどと同じくYoutube動画編集の仕事の場合、PCと動画編集ソフトさえあれば、いつでもどこでも仕事ができます。

 

もちろん納期は守る必要はありますが、いつどんな作業をやるかは基本自由です。場所に関しても、自宅はもちろん、近所のカフェで旅先でも、どこでも仕事をすることができます。

 

会社員のように、満員電車に揺られて、わざわざオフィスに通勤するは一切ありません。自分がその日、一番集中できる時間や場所を仕事にできるのは、控えめにいってもストレスがないですし、何より居心地が良いですよ。

 

事実、毎日満員電車に乗って会社に通勤するのが嫌で、「フリーランスになって自由を手に入れたい」と考える人はたくさんいます。

 

そういった方にも、「フリーランスの動画編集者」は手段として選ばれていることが実情です。

 

ですから、時間や場所の自由を得たい場合も、動画編集でフリーランスを目指すことは特におすすめです。

 

このように、フリーランスの動画編集者はメリットが大きいです。その他の動画編集のメリットは「動画編集を学ぶメリット・デメリットは?【実現できる未来を解説】」でも書いているので、参考にしてみてください。

 

フリーランス動画編集者の年収【単価・収入相場】

フリーランス動画編集者の年収【単価・収入相場】

 

フリーランス動画編集者の年収(単価・収入相場)は次の通りです。

 

動画編集の案件相場

・1案件5,000円程度が相場

・5分以内の短い動画だと3,000円程度、10分動画だと10,000円以上も

 

ざっくりですが相場は上記です。

 

上記に加えて、案件によって単価が追加となります。例えばYoutube動画の場合、「サムネイル作成で+2,000円」などの形です。

 

ですから、こういった案件を月に10件以上やるだけでも、月10万円以上は稼げるようになります。

 

また経験を積んでいけば、上記で挙げた単価自体も上がっていきます。単価が上がれば、同じ稼働時間でも時給は増えます。そうすると、安定的に月数十万円を稼ぐこともできます。

 

さらに言えば、経験を積んでいけば、一つの動画を編集する時間も短くなっていきます。そうすると「時給」が上がります。

 

このように、動画編集の単価は、経験を積んでいけば単価が上がる上に、生産性も高くなるので時給も上がっていきます。結果、個人で月に数十万円程度なら、フリーランスで収入を得ることは難しくありません。

 

フリーランス動画編集者に必要なスキル

フリーランス動画編集者に必要なスキル

 

フリーランスの動画編集者に必要なスキル・経験は次の通りです。

 

動画編集で必要なスキル

・動画編集の技術

・動画編集ソフトを使う技術

 

動画編集の技術

動画編集の技術は、当然ながら身につける必要があります。

 

動画編集の技術は次のようなものを指します。

 

動画編集の技術

・テロップ作成

・カット

・アニメーション

・カラーグレーディングなど

 

基本的なことですが、土台となる基礎を固め、実践経験を積みながら力をつけていけば、個人で月数万円程度の収入を得ることは、そこまで難しくありません。

 

前述通り、実践経験を積んでいけば単価も時給も上がっていきますので、まずは土台となる技術を確実にマスターすることが、フリーランスを目指すなら必要です。

 

動画編集ソフトを使う技術

動画編集をする際は「動画編集ソフト」を使います。なので「動画編集ソフトを扱う技術」も当然必要です。

 

動画編集でよく使う編集ソフトは次の通りです。

 

代表的な動画編集ソフト

・Adobe Premier Pro

・After effect

・Final Cut Pro

 

中でも「Adobe Premier Pro」はメジャーな動画編集ソフトです。フリーランスの動画編集者になるなら、必ず身につけておくべき編集ソフトです。

 

他にも、

 

  • クライアントと信頼関係を築くコミュニケーション力
  • 納期を必ず守る意思や姿勢
  • ただ編集するだけでなく、成果をあげる動画を作るマーケティングスキルなど

 

こういったスキルもフリーランスにあると望ましいですが、それでも一番大事なスキルは「動画編集の技術」「動画編集ソフトの技術」です。

 

この2つがやはり根幹であり、土台を固めておくべきスキルですよ。

 

フリーランスの動画編集者になる方法

フリーランスの動画編集者になる方法

 

フリーランスの動画編集者になる方法は以下3ステップです。

 

フリーランスの動画編集者になる方法

1. 動画編集の技術を身につける

2. 簡単な制作実績を自分で作ってみる

3. 制作実績をもとに案件を獲得する

 

1. 動画編集の技術を身につける

まずは動画編集に必要なスキルを習得しましょう。

 

動画編集で必要なスキルとは、前述した「動画編集の技術」や「動画編集ソフトの使い方」を覚えることです。

 

上記のような動画編集の技術を身につける方法は大きく2つです。

 

動画編集スキルを身につける方法

1. 独学で学ぶ

2. スクールで学ぶ

 

この2つです。

 

結論、未経験からフリーランスを目指してなら「スクール」がおすすめです。なぜならスクールの方が、仕事をする上で必要な「実践スキル」を、精度高く習得していけるからです。

 

動画編集は独学で学べないことはないものの、時間がかかる上に、挫折しやすいことが事実です。

 

加えて、実践で使うとなると、正しい技術をインストールする必要がありますが、独学だとどうしても「我流」になってしまうことも多く、あまりおすすめできません。

 

一方で「スクール」であれば、動画で生活しているプロのクリエイターから、実践で本当に必要なスキルを、ピンポイントで学ぶことができます。

 

無駄な学習もしなくて済みますので、圧倒的に近道なんですよね。

 

どうしても独学で勉強したい場合は「動画編集を独学で習得する勉強法【学習ロードマップ】」で紹介している方法もあるものの、実践的なスキルを確実に習得し、動画編集を仕事にしたいなら、「動画編集スクール」を利用することが確実です。

 

フリーランスに必要な実践スキルが学べるスクール

動画編集スクールが良いとはいえ、中には質の悪いスクールもありますので、スクール選びは重要です。

 

ではどのスクールを選べばいいか、参考までに、フリーランスに強い動画編集スクールを挙げておきますね。

 

フリーランスに強い動画編集スクール

TechAcademy 動画編集コース【4週間〜12週間の短期実践型の動画編集スクール。オンライン完結】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG 動画編集・ネット動画クリエイター専攻【4〜6ヶ月の中期実践型の動画編集スクール。上野、池袋への通学メイン】

 

特にフリーランスに強いのはこの2社です。どちらも動画編集に必要な「実践的なスキル」が身につく優良スクールなので、この中から選ぶと間違いないです。

 

どちらもカリキュラムを見てみましたが、実践的なスキルが身につくようになっていました。

 

フリーランスで食べていくなら、基本的な技術は最も大切です。だからこそ、仕事で通用する実践的な技術が学べる上記スクールで、短期集中、数ヶ月学んでみると、人生大きく変わりますよ。

 

なお、どちらのスクールも「無料体験」や「無料説明会」を開催しています。話を聞いてみるだけでも、今後に役立つヒントを得ることができますよ。

 

また、上記2スクール以外も検討してみたい場合は、【2021年】動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較で、上記2スクール含む、本当におすすめできるスクールを厳選しています。

 

動画編集でフリーランスになるために、力になってくれるスクールだけ厳選していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

2. 簡単な制作実績を自分で作ってみる

スクールで実践的なスキルを学んだら、「簡単な制作実績」を作ってみましょう。

 

「いや、制作実績なんて作れないよ….」と不安に思った場合も大丈夫です。なぜなら、動画編集スクールで技術を学んだ状態なら、個人で簡単な編集作業はできるようになっているからです。

 

特に前述した2つのスクールであれば、カリキュラムの中で「オリジナル編集動画の作成」まで行います。つまり、それ自体が実績になりますし、実績作りを通じて、動画編集の技術も高いレベルで身につくようになっています。

 

このフェーズで簡単な実績ができれば、フリーランス案件を受注する際の武器になります。

 

そういう意味でも、まずはスクールで基礎的・実践的な学習をし、制作実績の作成まで経験できると良いですね。

 

3. 制作実績をもとに案件を獲得する

簡単な実績ができたら、実績をもとに、フリーランス案件を獲得するべく動きましょう。具体的なフリーランス案件獲得方法は後述します。

 

ここで無事に案件獲得できたら、クライアントの要望に合わせて制作物を編集し、期日までに納品をしましょう。

 

そこまでできたら、フリーランスで収入を得るステップは達成となります。

 

以上がフリーランスの動画編集者として収入を得るステップです。

 

フリーランスの動画編集者が案件を受注する方法

フリーランスの動画編集者が案件を受注する方法

 

フリーランスの動画編集者にチャレンジする際、「ちゃんと仕事を獲得できるか」というのは、一番の心配事だと思います。

 

ですが結論、問題ないです。なぜなら、フリーランスとして仕事を獲得することは難しくないからです。

 

例えば以下方法が、フリーランスの動画編集者が実際に案件を獲得しているメジャーな方法です。

 

動画編集のフリーランス案件を獲得する方法

1. 知人から紹介してもらう

2. SNS・ブログ・Youtubeチャンネルで受注する

3. クラウドソーシングサイトを使う

4. フリーランスエージェントを使う

 

1. 知人から紹介してもらう

知人から紹介を受けることは、動画編集のフリーランス案件を獲得する一つの方法です。

 

例えば知人でYoutubeチャンネルを運営している企業や人がいたら、積極的にアピールしましょう。

 

Youtubeチャンネルを運用している企業や個人は、中長期的に運用することが多いです。つまり「固定客」になりやすいんですよね。

 

固定客を捕まえることができれば、毎月営業せずとも、決まった本数が発注されるようになります。こういった案件をいくつか受けるだけでも、収入はかなり安定します。

 

一方で、案件紹介してくれそうな知人がいない場合は、他の方法を検討する必要があります。

 

2. SNS・ブログ・Youtubeチャンネルで受注する

自分自身でSNSやブログ、Youtubeチャンネルを開設し、SNS・ブログ・Youtubeを見た人から受注することも、おすすめの方法です。

 

メリットは、一度SNSやブログ、Youtubeが育ってしまえば、SNS、ブログ、Youtube自体が24時間365日、あなたの代わりに営業してくれることです。

 

つまり、あなたが何も動かなくても、SNSやブログ、Youtubeが顧客を連れてきてくれるんですよね。

 

一方でデメリットは、SNSやブログ、Youtubeは、育つまでに時間がかなりかかることです。加えて、運用がうまくないと、いつまでも案件受注できない可能性もあります。

 

とはいえ、SNSやブログ、Youtubeは初期投資もかからないので、とりあえず運営しておくことはおすすめです。

 

特に、SNSやブログは匿名で運営できますので、いきなり顔出しが難しい場合でも、匿名で運営することができます。

 

3. クラウドソーシングサイトを使う

フリーランス案件を獲得する最もメジャーな方法は「クラウドソーシング」を使うことです。

 

クラウドソーシングとは、仕事を探している人と、仕事を発注したい人をつなげるプラットフォームです。

 

クラウドソーシングのメリットは「実務経験が不要な案件が多いこと」です。

 

前述した動画編集スクールで実践的な学習を行い、簡単でも実績を作っていけば、クラウドソーシングで案件受注することは実務未経験でも可能です。実際にそういう方はたくさんいますよ。

 

一方でクラウドソーシングのデメリットは「単価が安いこと」です。

 

特に動画・映像分野でがっつり経験を積んできた方の場合、クラウドソーシングサイトはおすすめしません。クラウドソーシングはあくまで「経験を積む場」として使うことがおすすめだからです。

 

ですから、最初の入口としてクラウドソーシングはおすすめですが、経験を積んで実績ができてきたら、リアルの場や、SNS・ブログ等を使い、直接発注してくれる企業や個人を開拓していきましょう。

 

ということで、まずはクラウドソーシングを入口に始めることはおすすめです。いきなり独立せずとも、副業でスモールスタートもできるので、リスク低く、個人で稼ぐ経験を積めますよ。

 

なお、動画編集案件のあるクラウドソーシングサイトをあげると次の通りです。

 

動画編集案件のあるクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:最大手のクラウドソーシングサイト。無料で登録。利用可能

 

上記がおすすめです。

 

無料で登録・利用できるので、まずは登録しつつ、案件を眺めてみることから始めましょう。

 

4. フリーランスエージェントを使う

フリーランスエージェントで、動画編集案件を獲得することも、特に経験がある方にはおすすめの方法です。

 

実際のところ、動画編集のフリーランス案件をたくさん扱っているエージェントはまだ少ないです。

 

ですが、プログラミングやWebデザイン、マーケティングなどは、フリーランス専門エージェントを使えば、営業が全くできない人でも、フリーランス案件に簡単に参画することができるようになっています。

 

動画市場はいまとにかく伸びていますから、今後は動画編集者向けのエージェントも増えてくることは時間の問題かと思います。

 

今後動画編集案件が増えそうなエージェントをまとめておきましたので、先に登録しつつ、情報収集してみることがおすすめです。

 

動画編集のフリーランスエージェント

レバテックフリーランス:IT/Web/クリエイティブ領域専門エージェント。

クラウドテック:クラウドワークスの上位版。動画編集案件あり

Workship:フリーランス・副業に強いエージェント。現状は動画編集案件はほぼないが、今後は増える可能性あり。フリーランス前の準備として最適

 

まとめ

フリーランス 動画編集者

 

最後に、これからの時代は、会社員として働き続けても、給与は下がり続ける一方です。

 

また給料が下がるだけでなく、増税による影響で、手取り額の減少はますます深刻化していきます。さらに言えば、企業の寿命自体も年々短くなっている状態です。

 

つまり、普通に会社員として働いているだけでは、あまりにリスクが高い時代なんですよね。

 

たった一度きりの人生。年々貧しくなる人生よりも、年々豊かになる人生を望むことは普通のことです。ですから、会社以外に自分の力で収入を得られる「手に職」は、どんな人も身につけておくスキルです。

 

中でも「動画編集」は将来性があり、個人でも始めやすい筆頭の手に職です。

 

だからこそ、まずは1〜3ヶ月など短期集中で、動画編集の技術を学んでみることをおすすめします。技術を身につけてしまえば、個人で収入を得ることはもう難しくありません。

 

会社に依存せず、自分の力で収入を得られるようになれば、人生の悩みの大半は解決します。

 

年々貧しくなる未来ではなく、年々豊かになる未来を、国や企業に頼ることなく、自分の手で掴んでいきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。