動画編集者にWebマーケティングスキルが必要な3つの理由【必須】

【必須】動画編集者にWebマーケティングスキルが必要な3つの理由

動画編集者として活躍するためには、マーケティングも一緒に学んでおいた方が良いのかな?」

動画編集者にWebマーケティングのスキルは必要?」

 

このように、動画編集スキルだけでなく、Webマーケティングに関心を持つ人が増えています。

 

結論、動画編集者として中長期的に活躍し続けるためには、Webマーケティングのスキルや知識は必要不可欠です。

 

そこでこの記事では、

  • 動画編集者にWebマーケティングスキルが必要な3つの理由
  • 動画編集とWebマーケティングスキルの両方を身につける方法

これらを徹底解説します。

 

この記事を読んで行動すれば、動画編集スキルとWebマーケティングスキルを身につけ、これから中長期的に活躍できる動画クリエイターを目指せますよ。

 

 

動画編集者にWebマーケティングが必要な3つの理由

動画編集者にWebマーケティングが必要な3つの理由

 

冒頭の通り、動画編集者にWebマーケティングは必要です。動画編集者にもWebマーケティングが必要な理由は次の3つです。

 

動画編集者にWebマーケティングが必要な3つの理由
  1. マーケティングスキルを理解した動画編集者が求められているから
  2. 一方、マーケティングを理解した動画編集者はまだ数が少ないから
  3. マーケティングスキルを持たない動画編集者はこの先淘汰される可能性があるから

 

わかりやすく言うと「マーケティングを理解した動画編集者のニーズが高まっている一方、肝心の人材が足りていない」という、供給よりも需要が大きくなっている状況なのです。

 

動画編集者にWebマーケティングが必要な3つの理由
マーケティングを理解した動画編集者の需要が高い一方、肝心の人材が足りていない

 

3つの理由に関して、それぞれ解説しますね。

 

1. マーケティングスキルを理解した動画編集者が求められているから

動画需要の高まりに伴い、近年は動画編集者の数がとても増えています。

 

そのような動画編集スキルを身につけた動画編集者は需要が高いですが、それ以上に求められているのは「マーケティングまで理解した動画編集者」です。

 

なぜなら、動画編集の案件を発注するクライアントのほとんどは、動画を編集してもらうことがゴールではなく、動画を使って売上・利益を伸ばし、事業を成長させることがゴールだからです。

 

動画を使ってクライアントの事業成長に貢献するためには、マーケティングの知識が必要不可欠

クライアントの売上・利益を伸ばして事業成長に繋げるためには、動画をただ編集できるだけでは足りません。

 

  • どんなサムネイルを使えばクリック率が上がるのか?
  • どんな動画の企画であれば試聴維持率が伸びるのか?

 

こういったマーケティングの側面まで考え、動画編集をできる人材こそが、動画編集市場で一番求められています。

 

2. 一方、マーケティングを理解した動画編集者はまだ数が少ないから

一方で、マーケティングを理解した動画編集者の数は圧倒的に少ないです。ほとんどの動画編集者は動画編集スキルだけを持っており、マーケティングスキルがありません。

 

マーケティングに対する高い需要がある一方、肝心の人材が不足していますから、マーケティングを理解した動画編集者はそれだけでも物凄く大きな需要があります。

 

3. マーケティングスキルを持たない動画編集者はこの先淘汰される可能性があるから

いまはまだ動画編集スキル一本でも十分な収入を得られる時代ですが、今後はマーケティングスキルを持たない動画編集者は、淘汰されていく可能性があります。

 

例えば、最近は動画編集を学びたい方が増えているため、これから駆け出し動画編集者の数はさらに増え、初心者層の競争は激化してくるでしょう。マーケティングスキルのように差別化できるスキルを持たないと、増えてくる参入者の波に埋もれてしまう可能性があります。

 

また、誰でもできるような簡単な動画編集作業は、これからAIによって代替される可能性があります。簡単な編集作業しかできない動画編集者のままでいると、今はまだ良いですが、これから先は苦労するかもしれません。

 

このように、動画編集者として中長期的に活躍し続けるなら、需要が高く、できる人が少ないマーケティングスキルを身につけ、他の編集者と差別化できる状態になることが必要です。

 

人気記事

AIなどの影響による動画編集の未来は「増えすぎ?動画編集者の将来性と今後の需要はオワコン?【これからの未来は明るい】」で詳しく解説しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

Webマーケティングを理解した動画編集者を目指すステップ

Webマーケティングを理解した動画編集者を目指すステップ

 

Webマーケティングに精通した動画編集者・クリエイター需要が高まっているからこそ、今このタイミングで動画編集+Webマーケティングを身につけることがおすすめです。

 

ではどのように行動すれば、Webマーケティングを理解した動画編集者になれるのか?具体的なステップは次の通りです。

 

  1. 動画編集とWebマーケティングスキルを身につける
  2. 実案件を獲得する
  3. 実案件を通じてスキルと実績を高める

 

1. 動画編集とWebマーケティングスキルを身につける

まずは動画編集とWebマーケティングスキルを身につけることが最初のステップです。学習方法は大きく2つあります。

 

  1. 「独学」で勉強する
  2. 動画編集・Webマーケティングの両方を学べる「スクール」で勉強する

 

あなたが動画編集・マーケティングの完全初心者であれば、2の「動画編集・Webマーケティングの両方を学べるスクールで勉強すること」がおすすめです。

 

なぜなら、スクールを活用すれば、プロが実際に現場で使っている最新スキルを最短で学べるからです。

 

動画編集スキルとWebマーケティングは独学で学べないことはないですが、時間が相応にかかる上に、途中で挫折しやすいです。

 

特にマーケティングは全体像を理解することが大変なため、独学だと1年以上などかなり多くの時間を要することになります。

 

一方のスクールであれば、現場で活躍しているプロが作ったカリキュラムを通じて、仕事で押さえておくべき大事なポイントに絞って学習できます。そのためスクールであれば、最短ルートで動画編集・Webマーケティングスキルを学んでいけます。

 

動画編集・Webマーケティングを学べるスクールはどこ?

動画編集とWebマーケティングの両方を学べるスクールは一部ありますが、正直かなり少ないです。

 

そのため「動画編集なら動画編集スクール」「WebマーケティングならWebマーケティングスクール」など、それぞれ別のスクールで学ぶことが一般的です。

 

  1. 動画編集スキルを学べるスクール
  2. Webマーケティングスキルを学べるスクール
  3. 動画編集とマーケティングスキルの両方を学べるスクール

 

この3つで代表的なスクールをまとめると次の通りです。

 

動画編集スキルを学べるスクール
  1. studio US(スタジオアス)【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール・案件紹介あり。月4,584円から】
  2. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【国内最大級の大手動画クリエイタースクール。月5,200円から】

 

Webマーケティングスキルを学べるスクール
  1. インターネット・アカデミーWebマーケティング講座【世界的な大手Web企業の本場の技術を学べる。Webマーケティング全般を学べるカリキュラムが大人気。月々4,900円から】

 

動画編集とマーケティングスキルの両方を学べるスクール
  1. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【動画スキルとマーケティング・企画まで一貫して学べる】
  2. Wannabe Academy 動画クリエイター養成講座【動画編集×マーケティングを学べる。大人気Webマーケティングスクールの新講座】

 

これらが動画編集・Webマーケティングを学べるスクールです。いずれも全国的に高い実績を持っています。どこを選んでも仕事で通用するスキルを身につけることが可能です。

 

それぞれの詳しい詳細は「おすすめの動画編集スクール10選!人気ランキング・目的別で徹底比較」でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

2. 実案件を獲得する

動画編集スキルとWebマーケティングを一通り学んだら、次は実案件を獲得していきましょう。

 

「いきなり案件を獲得できる気がしない」と感じたかもしれませんが、ここまでのステップで案件にチャレンジするスキルの土台は整っています。

 

例えば、クラウドソーシングサイトを使って案件を受注することは、未経験でも十分可能です。

 

または、知人でYoutubeチャンネルを運営している人なとがいれば、最初は無料で編集を請け合い、実績を作ることもおすすめです。

 

無料であれば発注者も金銭的リスクがありませんから、発注に応じてくれる可能性が高くなります。

 

案件を取る方法は「動画編集案件の取り方・仕事の探し方5つ【案件獲得までの完全マニュアル】」で詳しくまとめているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 

「それでも案件を取れるか不安」と感じるなら、案件を紹介してもらえる動画編集スクールを利用すると良いでしょう。

例えばstudio US(スタジオアス)という動画クリエイタースクールは、実案件の紹介サポートがセットになっています。スクール側から案件提供を受けることで、早い段階で実績を積むことができます。

studio US公式サイトはこちら

 

 

3. 実案件を通じてスキルと実績を高める

案件を獲得できたら、実案件を通じて、動画編集・Webマーケティングスキルと実績を高めていきましょう。

 

実案件でスキルを高めるポイントは、クライアントの成果につながるように全力で取り組むことに尽きます。

 

ただ依頼された動画を編集して納品するのではなく、クライアントが求める成果をちゃんと理解し、クライアントの成果に貢献できるように動画編集に取り組むことがポイントです。

 

私自身たくさんの動画編集者を見てきましたが、大半の編集者は作業者としての意識が強く、クライアントの成果に貢献するという事業パートナーとしての意識を持った編集者はかなり少ないです。

 

だからこそ、貴重な実案件を通じて徹底的にクライアントの成果につながるための施策を思考し、実際にクライアントを喜ばせる結果につなげていくよう行動しましょう。

 

このフェーズで得られたスキルと実績こそが、あなたをWebマーケティングを理解した動画編集者に変える大きなきっかけになるでしょう。

 

いずれにしても、まずは実案件に自信をもって取り組めるようになることが最初のステップです。まずは動画編集スキルとWebマーケティングスキルを学ぶことから始めましょう。

 

 

まとめ

最後に、動画領域でこれから5年、10年と活躍するなら、マーケティングの知識は必要不可欠です。

 

マーケティングは商売の根幹であり、これから先も需要がなくなることはまずありません。

 

だからこそ、動画編集スキルだけでなく、マーケティングスキルまで、今この段階で身につけておくことを強くおすすめします。

 

そうすれば、これから増えてくる動画編集者の参入者と大きく差別化できるため、需要ある動画のプロであり続けられますよ。

 

動画編集スキルを学べるスクール
  1. studio US(スタジオアス)【月4,584円から。未経験からプロの動画クリエイターになるオンラインスクール】
  2. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【月5,200円から。国内最大級の大手動画クリエイタースクール】

 

Webマーケティングスキルを学べるスクール
  1. インターネット・アカデミーWebマーケティング講座【月々4,900円から。Webマーケティング全般を学べる】

 

動画編集とマーケティングスキルの両方を学べるスクール
  1. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【動画編集スキルとマーケティング・企画まで一貫して学べる】
  2. Wannabe Academy 動画クリエイター養成講座【動画編集×マーケティングを学べる。大人気Webマーケティングスクールの新講座】

 

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画編集・映像制作で長年の経験を持つ現役動画クリエイターや動画マーケター、クリエイターのキャリアに精通した転職エージェント出身者で構成されています。 動画編集・映像制作に取り組む方に向けて、動画編集・映像制作の学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめ動画編集スクールをご紹介しております。 企業様向けの動画編集・映像制作サービス事業の運営も行っております。Movie Worksの運営者情報はこちら