動画編集を独学で習得する勉強法【学習ロードマップ】

動画編集を独学で習得する勉強法【学習ロードマップ】

「動画編集を独学で勉強したい!でも、いったいどうやって勉強すればいいんだろう…?」

「何からどうすればいいかわからない。そもそも動画編集を独学で習得できるのかな?」

 

と、あなたは今悩んでいませんか?

 

「動画編集」は、いま人気が急上昇しているスキル・仕事です。それもそのはず、動画市場はインターネットを中心に年々拡大しており、今後の成長性・将来性も特に高い分野です。

 

加えて、動画編集は未経験からでも習得しやすい上に、その後独立や副業を通じ、個人で収入を得ることも可能なスキルでもあるんですよね。

 

そういう魅力を考えると、動画編集を学びたい人が増えていることは、ある意味自然な流れだと思います。

 

そこで本記事では、そんな将来性ある動画編集を「独学」で学ぶロードマップを、本記事で徹底解説します。

 

大丈夫です。本記事に書いてある通りに行動していけば、動画編集を独学で習得し、理想の未来を実現することは可能ですよ。

 

動画編集が独学でも習得できる3つの理由

動画編集は独学でも習得できる理由

 

結論、動画編集は独学でも習得可能です。なぜ習得可能かというと、理由は次の通りです。

 

動画編集が独学でも習得できる理由

1. 動画編集は初心者でも学習しやすい分野だから

2. 独学で習得するための学習環境も整っているから

3. 動画編集を独学で習得している人は多くいるから

 

それぞれ解説します。

 

1. 動画編集は初心者でも学習しやすい分野だから

一つ目の理由は上記の通りで「動画編集は初心者でも学習しやすい分野だから」です。

 

動画編集をやったことがないと、「動画編集=難しい」という印象があるかもしれません。ですが、「「動画編集は難しい」が誤解である3つの理由【難しくない】」でも述べている通り、動画編集のスキルは、そこまで難しいものではありません。

 

むしろ、動画編集以外の他分野のスキルと比べると、動画編集は「やり方」が体系化されている分、誰でも正しく学習すれば、同じような結果を得やすいんですよね。

 

例えば他のスキルでいうと「Webマーケティング」などは、スキルが体系化しづらい分野です。そのため、同じ勉強をしたとしても、人によって、スキル習得のバラツキが出てしまうんですよね。こういう分野は、独学だとかなり難しいことが実情です。

 

その点「動画編集」は、スキルが体系化されているので、同じ勉強をすれば、ある程度同じようの技術を習得できるメリットがあります。

 

例えば「カットのやり方」「テロップの入れ方」「BGMの挿入」などは、独学でコツコツ学んでいけば、ある程度ベースはできるものです。

 

このように、動画編集はスキルが体系化されているので、初心者でも習得しやすいんですよね。ですから動画編集の場合、独学であっても、スキル習得は可能です。

 

2. 独学で習得するための学習環境も整っているから

「独学で動画編集を習得する学習環境が整っていること」も、動画編集を独学で習得できる理由です。

 

学習環境というのは「動画編集を学ぶための各種ツール」のことを指します。一例を挙げると、「動画編集の参考書」や「動画編集の教材など」ですね。

 

なぜ参考書や教材など、動画編集を独学で学べる学習環境が整っているかというと、一言で言えば、動画市場が圧倒的に成長しており、編集者の需要も右肩上がりに増えているからです。

 

事実、動画編集市場の規模を直接的に表す「動画広告市場」も年々成長しています。

 

その根拠が、以下インターネット広告代理店大手のサイバーエージェントが公表した、動画広告市場の市場規模の推計となります。

 

動画編集 市場規模

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、2019年の2,592億円から、5年後の2020年には6,856億円と、264%もの成長を記録しているんですよね。

 

このような市場環境のため、動画編集者の需要が高まり、かつ動画編集者を目指すための「独学の学習環境」も充実してきています。ですから「独学」であっても、動画編集を習得することができるんですよね。

 

3. 動画編集を独学で習得している人は多くいるから

三つ目の理由が「動画編集を独学で習得している人が実際に多く存在するから」です。

 

この点も周囲に動画編集を独学で学んだ人がいないと、イメージはつかないかもしれません。ですが事実として、動画編集を独学で学び、Youtube編集などを仕事にしている人は、世の中にはたくさんいます。

 

実際に独学で動画編集を習得した人の実際の声を、いくつかお見せしますね。

 

 

このように、動画編集を完全独学で学び、基本的な技術はもちろん、仕事につなげている人は存在します。

 

上記はあくまで一例に過ぎず、同じように独学で技術を習得し、豊かな人生を手に入れている人は、世の中たくさんいるんですよね。

 

実際に独学でスキル習得している人がいる事実は、動画編集を独学で学べる大きな理由であり、裏付けとなります。

 

以上の3点が、動画編集は独学でも習得できる理由です。

 

動画編集の独学で身につけるべきスキル

動画編集の独学で身につけるべきスキル

 

動画編集の独学をするなら、以下スキルを身につける必要があります。

 

  1. 動画編集の基本的なスキル
  2. 動画編集ソフトの使い方

 

それぞれわかりやすく解説します。

 

動画編集スキルとは?

動画編集スキルとは「動画編集に必要な最低限のスキル」です。具体的にいうと、次のようなスキルです。

 

動画編集スキル

・テロップ作成

・カット

・アニメーション

・カラーグレーディングなど

 

上記のような、テロップ作成やカット、アニメーションなどの基礎技術が、動画編集の独学で身につけるべきスキルとなります。

 

動画編集ソフトとは?

もう一つの「動画編集ソフト」とは、動画編集を行うにあたり、利用するソフトのことを言います。具体的には次のようなものを指します。

 

動画編集ソフト

・Adobe Premier Pro

・After effect

・Final Cut Pro

 

このうち、代表的な動画編集ソフトはAdobe Premier Proです。実際に多くの現場でこのソフトが使われているので、業界スタンダードとなります。

 

以上のような「動画編集のスキル」や「編集ソフトの使い方」を、独学を通じて学んでいくことが必要です。

 

動画編集を独学で学習する際のポイント

動画編集を独学で学習する際のポイント

 

動画編集を独学で勉強するポイント

1. 良い教材・ツールを使って勉強する

2. 独学は時間がかかると覚悟する

 

動画編集を独学で勉強する際に、押さえておくべきポイントは上記の通りです。

 

1. 良い教材を使って勉強する

独学で勉強する場合「どのような教材を使って勉強するか」が特に重要です。

 

なぜなら「独学」の場合、教えてくれる人がいないため、参照する”教材自体”が、学習の成否を分けるからです。

 

どれだけたくさんの学習をこなしたとしても、利用する教材・参考書の質が高くなければ、実践で使えるスキルはなかなか身につきません。それだと、苦労して学習しても遠回りですし、辛いですよね。

 

一方、質の高い実践的な教材を戦略的に選ぶことで、独学であっても、実践的なスキルを習得していけます。ですから独学の場合「どんな教材を使うか」は、特に注意して選びたいところです。

 

なお本記事では、どのような教材を利用すればいいかも後述しますのでご安心ください。

 

2. 独学は時間がかかると覚悟する

もう一つ重要なのが「独学は相応に時間がかかることを、覚悟しておくこと」です。

 

動画編集は独学でも習得できるとはいえ、相応に時間や労力がかかることが事実です。

 

なぜなら独学の場合、わからないことを聞く相手がおらず、全部自分一人で解決しないといけないからです。

 

 

例えば、プロに質問できればわずか1分で解決するようなことも、独学だと1時間、2時間と時間を消費してしまうことも多いです。

 

加えて、そういった壁に何度もぶつかると、その都度「挫折したい気持ち」も出てくるでしょう。

 

ですから、独学でスキル習得できるとはいえ、「独学で誰でも、たった1ヶ月でスキル習得!」ということは、まず期待しない方が良いです。むしろ、最低でも3ヶ月、通常で半年間くらいは、期間を見ておくと良いです。初めての収入を得られるまでは1年間ですね。

 

このように、独学は時間をかけながら、何度も壁にぶつかりながら学んでいくものだと、そういう覚悟を最初に持っておくことが必要です。

 

動画編集を独学で勉強する3つの方法

動画編集を独学で勉強する3つの方法

 

ここからは独学で動画編集を学ぶ勉強法を紹介します。結論、方法は大きく3つあります。

 

動画編集を独学で勉強する方法

1. 本で勉強する

2. Youtubeで勉強する

3. 動画教材で勉強する(一番おすすめ!)

 

動画編集を独学で勉強する方法は上記3つです。一つずつ、ポイントをわかりやすく解説しますね1

 

1. 本で勉強する

「本・参考書で勉強すること」が、動画編集の一つ目の勉強方法です。

 

動画編集の本屋参考書は、世の中たくさん存在します。前述通り、動画編集市場が拡大しているため、良質な本も増えてきているからです。

 

ですから、動画編集が学べる本・参考書を使うことでも、動画編集は独学で習得することができます。

 

動画編集を本で勉強するメリット

本で学ぶメリットは「体系的な知識がまとまっていること」です。ですから、何からどうやって手をつければいいかわからない場合、本で学習することは良いと思います。

 

動画編集を本で勉強するデメリット

一方でデメリットは、あくまで本のため、動画など動きを見ながら学べないことです。また、わからない箇所を探すことも時間がかかるため、根気よく学ばないといけない方法でもあります。

 

動画編集を本で勉強する方法

Amazonで評価の高い本から選ぶことが間違いないです。実際に評判がよく、中身もしっかりしている本を選ぶと次の通りです。

 

動画編集の独学におすすめな本

知識ゼロからはじめるPremiere Proの教科書 CC対応:動画編集の入門書にぴったり。

Premiere Pro よくばり入門 CC対応(できるよくばり入門):Youtube動画をアップしたい方や、販促動画を作りたい初心者におすすめ

 

これらは特に評判が高いので、購入しつつ、勉強を始めてみることがおすすめです。

 

2. Youtubeで勉強する

「Youtube動画で勉強すること」も、独学勉強法の一つです。

 

最近はYoutube上で、動画編集のやり方を解説しているチャンネルがたくさんあります。そういったYoutube動画を見ながら実践学習することも、動画編集を独学で勉強する一つの方法です。

 

Youtubeで動画編集を勉強するメリット

メリットはお金がかからないことです。Youtubeは無料で観れますので、お金をかけずに動画編集を学びたい人には特におすすめの方法です。

 

Youtubeで動画編集を勉強するデメリット

デメリットは体系的に勉強できないことです。体系的にまとまったYoutube動画は少ないです。また、有益でない情報も混ざっていたりするので、効率的な学習にはならないことも事実です。

 

Youtubeで動画編集を勉強する方法

Youtube上で「動画編集、やり方」を調べるといろんな動画が出てきます。その中で観ていてストレスなく、実践学習できそうな動画を見つけたら、その内容に沿って学習していきましょう。

 

ただ前述通り、Youtube動画は体系的に学ぶことは難しいため、完全初心者で何から始めたらいいかわからない場合はあまりおすすめしません。

 

一方で「カットのやり方」など、特定分野を調べたいときは、Youtubeは検索して動画を探せるので、特に使えると思います。

 

では完全初心者で、何から始めたらいいかわからない人はどうすればいいかというと、おすすめは次の方法です。

 

3. 動画教材で勉強する

「動画編集の動画教材を購入して、独学する方法」が三つ目の方法です。この方法が、独学するなら一番おすすめです。

 

動画教材で勉強するメリット

動画教材のメリットは、体系的な学びを得られることです。教材なので、何から始めたらいいか「ステップ形式」で、正しい順序で学べることが良いですね。

 

また、動画教材なので、動画で見ながらイメージし、実践形式で練習できる点も、動画教材の良いところです。

 

言ってみれば、先ほどの「本」と「Youtube」の良さを、両方持っている方法が「動画教材」なんですよね。そういう意味で、一番おすすめな方法です。

 

動画教材で勉強するデメリット

デメリットは、費用がかかることです。

 

動画教材は、教材によっては2〜3万円くらいはかかります。本の場合、高くても数千円ですし、Youtubeの場合は無料です。そういう意味で、費用がかかる点はデメリットだと思います。

 

とはいえ、「動画編集スクール」に通って学習することを考えれば、安くても6万円程度、平均して10万円以上はかかります。

 

そういう意味で、最もコスパよく、体系的な知識を学べるのが、動画教材と言えますね。

 

動画教材で勉強する方法

動画教材で勉強するおすすめの方法は「Udemy」を使うことです。

 

Udemy」とは、世界で3,000万人以上が利用するオンライン動画教材プラットフォームです。優良な動画編集教材がたくさん販売されており、購入することで、学習をはじめることができます。

 

Udemyは「1講座あたり数千円〜2万円前後」なので、本よりは値段は高いです。ですがその分、体系的に動画編集を学び、仕事で使える実践スキルを磨いていけます。

 

しかもUdemyの場合、講座によっては、講座作成者にメールで質問できる機能も付いています。この機能を使えば、独学最大のデメリットである「質問できない」を避けることもできます。

 

もちろん、スクールと異なりサポートの範囲も広くないですが、コスパはかなり高いですよ。

 

なお、Udemyで動画編集講座を探すと、どれを選んだらいいかわからないと思いますが、間違いない選び方は「ベストセラー」を選ぶことです。

 

最新のUdemyのベストセラーは「Udemy公式サイト」からチェックできます。お得なキャンペーンをやっているタイミングもあるので、見逃さないよう、チェックしておくことがおすすめです。

 

動画編集を独学で勉強する方法まとめ

1. 本で勉強する

2. Youtubeで勉強する

3. 動画教材で勉強する(一番おすすめ!)

 

以上が動画編集を独学で学ぶ3つの方法です。

 

中でも、独学で動画編集を学ぶなら、一番おすすめな方法は3つ目の「動画教材で勉強する」となります。

 

動画編集の独学でよくある質問

動画編集の独学でよくある質問

 

動画編集の独学でよくある質問に答えていきます。

 

動画編集の独学で必要なツールは?

動画編集を独学で学ぶ場合、学習するための「ツール」が必要です。

 

とはいえ、必要なツールは多くなく、以下2つだけとなります。

 

  1. ある程度のスペックを持つPC
  2. 動画編集ソフト

 

それぞれ解説します。

 

ある程度のスペックを持つPC

動画編集は重たい作業のため「ある程度のスペックのPC」が必要となります。

 

では具体的に、どの程度のスペックが必要かというと次の通りです。

 

動画編集に必要なPCスペック

CPU:Core i7

メモリ:16GB

SSD:256GB以上

 

すでに上記PCを持っている問題ないですが、もしない場合、PCを用意する必要があります。上記PCの費用には、だいたい10〜20万円ほどが相場です。

 

必要な動画編集ソフト

また動画編集をやるなら、前述した「動画編集ソフト」も必要となります。

 

前述通り、業界スタンダートは「Adobe Premier Pro」です。Adobeは現在月額制になっており、月額2,180円がかかります。

 

このように、PCの購入費用と動画編集ソフト代が、動画編集を始める際にはかかってきます。この点はデメリットかもしれません。

 

とはいえ前述通り、動画編集は個人で収入を得られるスキルのため、早いうちに月数万円を得ることも十分できます。

 

そういう意味で、動画編集の初期投資は「良い投資」だと思いますよ。少なくとも、お金だけかかり、かけたお金以上に返ってこない消費とはわけが違います。

 

お金が増えて戻ってくる上に、豊かな人生を生きるスキルでもありますから、この点はケチらないことが吉ですね。

 

また、業界スタンダートでなければ、「無料」で使えるAviUtlのような動画編集ソフトもあります。どうしても無料で動画編集を始めたい場合、そういう選択肢もあります。

 

 

動画編集を独学で学ぶ自信がない人はどうすればいい?

結論、「動画編集スクール」で、プロから学ぶことがおすすめです。

 

前述通り、動画編集は独学でも学ぶことができます。ただ、独学だとどうしても我流になりがちなので、時間も労力も相応にかかります。

 

加えて、実践で通用するスキルが身につくかというと、独学でどんな勉強をしたかによって、変わってしまうデメリットもあります。

 

もちろん、独学で動画編集を習得し、副業や独立で収入を得ている人はいますよ・ですが、そういった方は、全体から見れば少数派であることも事実です。

 

その点「動画編集スクール」であれば、独学だと半年〜1年かかるようなことも、数ヶ月程度で身につけることができます。早い人であれば、初めての収入も、今から数ヶ月後に得ることも可能ですよ。

 

ですから、動画編集を確実に、最短で仕事につなげたいなら、短期間でも良いので、プロから学べる動画編集スクールを使うことがおすすめです。

 

実践的なスキルが身につく動画編集スクール

動画編集スクールが良いとは言っても、中には質の悪いスクールもあります。

 

だからこそ、良いスクールを選ぶことが、スクールを受講する上では特に大事なんですよね。

 

ではどこの動画編集スクールが質が高く、仕事につながる実践スキルが身につくかというと、結論、以下のスクールがおすすめです。

 

副業に強い動画編集スクール

TechAcademy 動画編集コース【4週間〜12週間の短期実践型の動画編集スクール。オンライン完結】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG 動画編集・ネット動画クリエイター専攻【4〜6ヶ月の中期実践型の動画編集スクール。上野、池袋への通学メイン】

 

質が高い動画編集スクールはこの2社です。どちらも動画編集に必要な実践的なスキルが身につく優良スクールなので、迷ったらこの中から選ぶと間違いないです。

 

どちらもカリキュラムも見てみましたが、実践的なスキルが身につくようになっていました。受講者の評判も高いです。

 

両スクールとも無料体験や無料説明会を開催しているので、まずは話を聞いてみると、学習に役立つヒントも、将来仕事を獲得するコツなども、教えてくれますよ。

 

 

動画編集を独学で勉強しても、仕事を獲得できる?

結論、可能です。ただ、独学だと身につく技術が低くなりがちなので、難易度も上がることが事実です。

 

もし動画編集を習得して、副業や独立といった仕事につなげたい場合、前述した「動画編集スクール」を利用することが確実です。

 

動画編集スクールなら、プロのクリエイターから、仕事獲得方法も聞くことができます。技術だけではない、実践で役立つスキルも広く学ぶことができますよ。

 

実際に副業や独立で仕事を獲得する方法は、副業なら「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!収入を得るまでのステップを解説」の記事で、フリーランス独立なら「フリーランスの動画編集者になる方法を徹底解説【完全ガイド】」でまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

動画編集の独学まとめ

動画編集の独学まとめ

 

最後に、動画編集は「良い教材」を使い、「正しい学習方法」で学んでいけば、どんな方でも習得することが可能なスキルです。

 

「独学」は時間がかかるデメリットはあるものの、それでも技術を身につけることができれば、個人で動画編集案件を受注し、1年後めどに、月5万円の収入を得ることも実現可能です。

 

また、独学で勉強する自信がない場合、前述した「動画編集スクール」を利用する方法もあります。動画編集スクールでプロのサポートを受けながら学べば、1〜3ヶ月という短期間でもスキル習得し、半年後めどに、月5万円の収入を得ることも可能です。

 

動画編集は、市場が圧倒的に成長しており、肝心の動画編集者もとにかく足りていません。だからこそ、未経験でもチャンスがあります。

 

ですから、まずは小さな一歩で良いので、今日から行動を起こしましょう。それが、他の誰でもない「未来のあなたのため」に、必要なことだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。