動画編集の仕事の取り方・探し方を解説【案件獲得マニュアル】

動画編集の仕事の取り方・探し方を解説【案件獲得マニュアル】

「動画編集で仕事がしたいけど、仕事の取り方や探し方ってどうすればいいんだろう?」

「フリーランス・副業の動画編集者として、案件を獲得するまでの流れが知りたい」

 

こんな風に悩んでいませんか?

 

動画編集はいま需要がとにかく高い仕事です。そのため、未経験からでもフリーランスや副業として、案件獲得しやすい特徴があります。

 

ですが、これまで案件獲得したいことがないと、どのようにして動画編集の仕事を見つけて、こなしていくか、イメージがわかないですよね。

 

そこで本記事では、フリーランス・副業の動画編集者の「仕事の取り方・探し方」を徹底解説します。

 

本記事を「動画編集の案件獲得マニュアル」として活用し、フリーランス・副業の動画編集者として、ガンガン個人で稼げる状態に少しでも近づけてもらえたらと思います。

 

あわせて読みたい

“フリーランス”の動画編集者になる方法は「フリーランスの動画編集者になる方法を徹底解説【完全ガイド】」で、”副業”で動画編集案件をする方法は「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!収入を得るまでのステップを解説」でもまとめているので、本記事と合わせて、上記記事もチェックしてみてください。

 

動画編集の仕事の取り方・探し方【案件獲得方法】

動画編集の仕事の取り方・探し方【案件獲得方法】

 

まずは動画編集の仕事の取り方・探し方を紹介します。結論、方法は大きく「4つ」あります。

 

動画編集の仕事の取り方・探し方

1. クラウドソーシングで案件に応募する

2. 知人から紹介を受ける

3. SNSやブログ経由で受注する

4. フリーランス・副業エージェントで紹介を受ける

 

1. クラウドソーシングで案件に応募する

一番メジャーな方法が「クラウドソーシングで案件に応募する方法」です。

 

クラウドソーシングとは、「仕事を探している人」と「仕事を依頼したい人」をマッチングさせるプラットフォームです。

 

動画編集のフリーランス・副業案件を見つけたい場合は、クラウドソーシングサイトに登録することで、案件を簡単に見つけることができます。

 

【事例】クラウドソーシングの動画編集案件を実際に見てみる

クラウドソーシングサイト最大手の「クラウドワークス」には、たくさんの動画編集案件が掲載されています。以下実際の案件事例です。

 

クラウドソーシングの動画編集案件を実際に見てみる

 

上記のように、動画編集案件が掲載されています。上記画像の上段の案件を実際に開いてみますね。開いた詳細が以下画像です。

 

クラウドソーシングの動画編集案件を実際に見てみる

 

案件詳細を見ると「Youtubeの動画編集案件」となっています。8分ほどの動画であり、一般的な動画編集ソフトの「Final Cut Pro XやAdobe Premiereを使った編集です。

 

「この案件、初心者でもできるの??」と思った場合も大丈夫です。なぜなら「初心者OKの案件」だからです。以下は上記案件の実際の募集要項です。

 

クラウドソーシングの動画編集案件を実際に見てみる

「意欲のある方でしたら、初心者の方でもOKです!」

 

という一筆がある通り、初心者でもチャレンジできる案件となっています。

 

このような「初心者OKの案件」が、クラウドソーシングには多いんですよね。

 

このように、クラウドソーシングに登録して案件を探せば、未経験でもできる案件はたくさん見つかります。

 

実際に動画編集のフリーランス・副業で初めての収入を得ている人は、クラウドソーシングを使っているケースが多いです。

 

2. 知人から紹介を受ける

知人から紹介を受けることも、動画編集の仕事の取り方・探し方です。

 

例えば知人にYoutube運営している方がいれば、動画編集で手伝えることはないか、打診してみることがおすすめです。実際に私の周囲でも、上記パターンで案件を受注し、収入を得ている初心者の方がいます。

 

または、動画関係の会社を経営していたり、勤務している知人がいれば、業務委託で案件を受けられないか打診してみることもおすすめです。

 

企業のためハードルは上がるものの、案件獲得できれば、クラウドソーシング等と異なり直接契約のため、単価も高くなります。

 

3. SNSやYoutube、ブログ経由で受注する

SNSやYoutube、ブログを運営し、それら経由で案件を受注することも一つの方法です。

 

例えば動画編集の副業やフリーランス案件を受けている編集者には、TwitterやYoutubeで情報発信をし、インバウンドで案件を受注している方が多くいます。

 

この方法のメリットは、一度フォロワーやチャンネル登録数が増えてくれば、安定的に案件獲得できることです。

 

見込み客が向こうから集まってきてくれるので、言ってみれば自分の分身をネット上に量産しているようなものです。

 

しかも、24時間365日、あなたの代わりに営業をかけてくれるので、一度育ててしまえば、大きな手間もかかりません。

 

SNSやYoutube、ブログは無料ですし、やっておくことに越したことはないです。副業であっても、SNSやYoutubeは運営することもできるので、自分から明かさない限りは、本業の会社にバレることもないですよ。

 

4. フリーランス・副業エージェントで紹介を受ける

ある程度経験を積んできたら、フリーランス・副業専門のエージェントに登録し、紹介を受けることもおすすめです。

 

フリーランス ・副業エージェントには、高単価の動画クリエイター案件があります。稼働するためには一定の経験が求められることが多いため、初心者には不向きであるものの、経験さえ積んでいけば、クラウドソーシングでは実現できないような高単価も目指していけます。

 

ある程度経験を積んできたら、フリーランス ・副業エージェントのような案件獲得も取り入れると良いですよ。

 

参考までに、以下が動画制作案件のあるエージェントですので、ある程度経験を積んだらぜひ活用してみてください。

 

動画編集のフリーランス・副業エージェント

レバテックフリーランス:IT/Web/クリエイティブ領域専門エージェント。

クラウドテック:クラウドワークスの上位版。動画編集案件あり

Workship:フリーランス・副業に強いエージェント。現状は動画編集案件はほぼないが、今後は増える可能性あり。フリーランス前の準備として最適

 

未経験でも動画編集の仕事を受注するコツ

未経験でも動画編集の仕事を受注するコツ

 

未経験から動画編集の仕事を受注するコツは存在します。

 

結論、コツは5つあります。

 

動画編集で仕事を受注するコツ

1. ポートフォリオを作る

2. 提案文を工夫する

3. 領域を絞る

4. SNSやYoutube、ブログで発信する

5. 案件を通じて他者の評価を積み上げる

 

1. ポートフォリオを作る

未経験から動画編集案件を受注する際に最も重要なものが「ポートフォリオ」です。

 

ポートフォリオとは?

ポートフォリオとは、一言で言えば、あなたの実績やスキルをまとめた経歴書のようなものです。

 

案件を発注する発注者側が「この人はこんなスキルや実績を持っているんだな。それなら安心して依頼できる」と思ってもらえるようなポートフォリオが理想です。

 

初心者の場合、ポートフォリオを準備せずに、案件受注に苦労しているケースがあります。でもこれは裏を返せば、ポートフォリオをしっかり準備して臨めば、その時点で上位に入れるということでもあります。

 

ポートフォリオを作るには?

結論、「実績」が必要です。動画編集者でいう実績とは「オリジナル動画の制作や編集をした実績」が一般的です。なので、まずはオリジナル動画の制作や編集実績を積むことが必要です。

 

制作実績や編集実績を作るには、例えば自分で動画を作っても良いですし、誰かの動画を無料で編集させてもらうでも良いです。

 

どんな形であれ、自分でやり遂げた実績を用意し、ポートフォリオとして用意することが、未経験から案件獲得する際に最も大切です。

 

もちろん、実績はたくさんあるほど良いですし、クオリティが高いほど良いです。ですので、最初の実績をどんな形であれ積んだら、早速案件に応募しましょう。そうやって積み重ねた実績をポートフォリオに繰り返し反映していくことで、実績はどんどん積み上がっていきます。

 

なので、最初がとても肝心なんですよね。最初の実績さえ作ることができれば、その後はトントン拍子で進んでいきます。

 

最初は単価が低くても、最悪無料でも、実績作りのために動くことをおすすめします。実績を作り、ポートフォリオを充実させていけば、案件はいくらでも受注できるようになっていきますよ。

 

2. 提案文を工夫する

案件に応募する際は「提案文」もとても重要です。なぜなら、提案文一つでも、案件の受注率は変わるからです。

 

良い提案文と、悪い提案文の違いとは?

  • 良い提案文:相手の立場に立った提案
  • 悪い提案文:相手の立場に立っていない提案

 

一言で言えば上記の通りです。

 

相手の立場に立った提案文とは、例えば以下のようなものです。

 

良い提案文の例

・スキルや実績がわかりやすい(例:実績やスキルがたくさんある)

・納品物のイメージのつきやすい(例:サンプル動画を応募段階で作って送ってくれる)

・どんな人なのかがわかりやすい(例:TwitterやYoutubeのリンクを貼ってくれる)

 

依頼する側の立場に立てばわかりますが、仕事を依頼する以上、相手がどんなスキルや実績があり、どんな納品物を納品してくれるのか、どんな人なのかは気になりますよね。

 

そういう相手の感情に先回りして応募することで、他の候補者を一歩も二歩も出し抜くことができます。

 

一方で相手の立場に立っていない提案文とは、例えば以下のようなものです。

 

良くない提案文の例

・スキルや実績がわかりにくい(例:実績やスキルが何もない)

・納品物のイメージのつきにくい(例:参考動画も何もない)

・どんな人なのかがわかりやすい(例:どんな人なのか、情報が何も書いていない)

 

こういう方から応募があった場合、あなたなら発注したいですか?まず発注したくないですよね。

 

ですから、「自分が発注者だったら、この人に発注したいか」という目線で、提案文を見ることが必要です。

 

裏を返せば、上記を満たしていれば、一定数の案件に応募すれば、問題なく受注はできますよ。

 

3. 領域を絞る

領域を絞ることも、特に初心者のうちは有効です。

 

例えば、「Youtubeの動画編集も、結婚式の動画制作も、動画広告の編集も、なんでもできます!」というよりは、「私はYoutube動画編集の専門家です」という方が、初心者の頃は良いです。

 

なぜなら、一つに特化してアピールした方が、自身の専門性を相手に伝えやすくなる上に、実績を積みやすくなるからです。

 

動画編集者は専門職なので、なんでもできる人より、専門特化した方が需要は高くなります。加えて、Youtube動画+結婚式動画+動画広告のように、案件の領域を広げるほど、実績も分散してしまうので、初期の戦略としては良くないです。

 

一方で「私はYoutube動画編集専門です」という打ち出しであれば、Youtube動画編集を発注したい方からすれば魅力的ですし、Youtubeの編集実績がストレートに積み上がっていくので、Youtube動画編集の案件受注がどんどん楽になっていきます。

 

一つに特化する分、スキルも養われていくので、生産性も上がりますし、単価も上がっていきます。

 

このように、領域を絞ると、良い事尽くしなんですよね。領域を広げるのは「もうこの領域でこれ以上のアッパーは望めない」という立ち位置へ行くまでは、あまり広げ過ぎない方が良いですよ。

 

4. SNSやYoutube、ブログで発信する

ポートフォリオが重要と書きましたが、案件に応募する際は、SNSやYoutube、ブログで発信しておくことも重要です。

 

なぜならSNSやYoutube、ブログで自身の価値観、努力の過程を発信しておくことで、発注者側の信頼を得られやすいからです。

 

同じ未経験の方でも、努力の過程が見える人と、見えない人では、当然前者の方の方が信頼されやすいです。不透明な部分がないからですね。

 

大した実績がなくても、前述した案件事例のように「意欲のある初心者には発注したい」という方は少なからず存在します。そういう案件を受注するためにも、SNSやYoutube、ブログは運営しておくことがおすすめです。

 

5. 案件を通じて他者の評価を積み上げる

これは実際に一件目を受注した後ですが、受けた仕事は期待以上の成果で返せるように全力で努めましょう。

 

なぜなら、期待通り、または期待以上の仕事を一つずつ積み上げていくことで、あなた自身の他者評価も上がっていくからです。

 

とはいえ、期待以上の仕事なんて、最初はできる気がしないですよね。ですが、期待というのは、制作物のクオリティだけではありません。

 

初心者でもできる期待を超える仕事方法とは、一番効果的なのは「スピード」です。例えば納期が1週間後であれば、3日後には完成させて提出するような仕事です。

 

スピードは、初心者でも唯一できるアピール方法です。質で勝負できないからですね。

 

制作物の納品はもちろん、連絡が来たら即レスするなど、報連相の速さ自体も評価につながります。

 

こうやってスピードを意識するだけでも、「この人は期待以上の仕事をしてくれる」という印象を相手に与えることができますよ。

 

動画編集で仕事獲得する最短ルート

動画編集で仕事獲得する最短ルート

 

未経験から動画編集案件を獲得する最短ルートをまとめると、以下のステップで行動することです。

 

動画編集案件を獲得する最短ルート

1. 動画編集スキルをスクールで習得する

2. ポートフォリオを作成する

3. クラウドソーシングで受注する

 

1. 動画編集スキルをスクールで習得する

最短で動画編集で稼ぐなら、スキルはプロから学べる「動画編集スクール」で習得することがおすすめです。

 

動画編集スクールであれば、仕事で即通用するスキルはもちろん、仕事の獲得方法などを、現役バリバリの動画クリエイター講師から教わることもできます。

 

加えて、後述するポートフォリオ制作に関しても、プロの講師がアドバイスをくれますので、初速が大きく変わります。

 

スクールの場合、ポートフォリオでそのまま使える「オリジナル動画作成」も行うので、その点でもメリットは大きいです。

 

これが独学になると、仕事で通用するスキルを最短で得られないばかりか、仕事の獲得方法や、ポートフォリオ制作も全部自分で調べてやらないといけません。もちろんオリジナル動画制作も自分で行う必要があります。

 

できないことはないですが、時間も労力も相応にかかりますし、何より途中で挫折しやすいです。動画編集で収入を得られるようになり、人生を豊かにしたいのに、それだと本末転倒ですよね。

 

独学はお金があまりかからないメリットはあるものの、最近は安価に受講でき、実践的スキルも身につく動画編集スクールが存在します。

 

短期集中で1ヶ月受講するだけでも得られるものは大きいですから、迷ったらスクールで短期集中がおすすめです。

 

参考までに、仕事で通用する実践的スキルが身につく動画編集スクールは「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較」でまとめています。

 

この5社から選べば、動画編集でフリーランス・副業で、最短数ヶ月以内で月5万円を稼ぐことも可能です。10社も20社も比べる必要はありません。

 

2. ポートフォリオを作成する

スキルを習得したら、次はポートフォリオを作成していきましょう。

 

ポートフォリオに利用するオリジナル制作や、具体的なポートフォリオ作成ノウハウは、前述した動画編集スクールで得ることができます。

 

ですので、スクールで学習しつつ、案件を受注する際に必要なオリジナル制作や、ポートフォリオ制作を進めていきましょう。

 

3. クラウドソーシングで受注する

ポートフォリオが用意できたら、クラウドソーシングサイトを使い、案件に応募し、受注していきましょう。

 

おすすめのクラウドソーシングサイトをまとめておくと、次の通りです。

 

動画編集案件のあるクラウドソーシングサイト

クラウドワークス:最大手のクラウドソーシングサイト。無料で登録。利用可能

 

事例でも紹介したクラウドワークスが最もおすすめです。無料で登録・利用できるので、まずは登録しつつ、案件を眺めてみることから始めましょう。

 

まとめ

動画編集の仕事の取り方・探し方を解説【案件獲得マニュアル】

 

最後に、5Gの到来などにより、動画編集市場は現時点でも需要が高い上に、今後の将来性はさらに拡大していくことが強く予想されています。

 

市場の成長に伴い、動画編集者をはじめとした動画クリエイターの需要は今後さらに高まることも予想されています。

 

このように市場も需要も拡大しているので、動画編集スキルを今のうちに身につけておけば、会社に依存せず、仕事に困ることもなく、自分の手で自由に収入を得ることが可能です。

 

しかも、動画編集はスキル習得が難しくないので、前述したスクールで本気で学習すれば、最短1ヶ月でもスキル習得ができます。その後「月1万円」を稼ぐのも、1ヶ月あれば十分実現できるペースです。「月5万円」も数ヶ月で達成が可能な水準です。

 

会社員として、月5万円の収入を増やそうと思えば、人によっては5年、10年の年月が必要です。今後は会社員の給料は上がるどころか下がっていく時代ですから、人によっては10年経っても月5万円も上がらないでしょう。

 

そんな時代だからこそ、動画編集スキルを習得し、自分の手で食べていける状態を作ることが必要不可欠です。特に20〜30代など若い方であれば、今の会社に一生勤め上げることは現実的ではありません。

 

一度きりの人生を自分らしく生きるためには、自分の力で食べていける「手に職」は必要不可欠です。そんな手に職を身につけ、動画編集の仕事を自分でこなし、自由に生きていける状態をぜひ手に入れましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。