動画編集が大変と感じる場面と、大変な時期を乗り越える3つの方法

動画編集が大変と感じる場面と、大変な時期を乗り越える方法

「動画編集を学んでいるけど、なかなかスキル習得が進まない…」

「動画編集作業をやっているけど、想像以上に大変…」

 

あなたは今、こんな風に悩んでいるのではないでしょうか?

 

動画編集はいまとても人気の仕事です。それもそのはず、動画編集は未経験からでも習得しやすい上に、個人で副業や独立して、収入を得ることも実現しやすいスキルです。

 

会社員の給料が年々下がっていく現代において、動画編集のような個人で収入を得やすいスキル・仕事に人気が集中することは、ある意味必然のことだと思います。

 

とはいえ、動画編集にも大変と感じる場面はあります。そこで本記事では、

 

本記事でお伝えすること

・動画編集で大変と感じる場面

・動画編集で大変な時期を乗り越える方法

 

これらについて、現役動画編集者の筆者がご紹介します。

 

今は大変かもしれませんが、本記事を読めば、動画編集で大変な時期を乗り越え、理想の未来を掴み取ることができますよ。

 

3分ほどで読める文量ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

動画編集が大変と感じる場面

動画編集が大変と感じる場面

 

結論、動画編集が大変と感じる場面は主に次のシーンです。

 

動画編集が大変と感じる場面

1. 動画編集のスキル習得がなかなか進まないとき

2. 編集作業に時間がかかっているとき

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 動画編集のスキル習得がなかなか進まないとき

特に動画編集にこれからチャレンジしたい初心者にあるのが、スキル習得がなかなか進まない場面です。

 

動画編集用のパソコンとソフトを用意し、いざ独学で学習を進めてみたものの、なかなか思うように学習が進まない…。こういう初心者の方は多く存在します。

 

動画編集に限った話ではないですが、新しいスキルを習得する際は、最初は大変です。特に全く経験も知見もない分野であれば、最初は急激な坂道を登っているようなものです。大変なことも無理ないですよね。

 

事実私も、動画編集を最初に学んだ時は、かなり大変だったことを覚えています…。

 

このように、動画編集でスキル習得がなかなか進まないときは「動画編集って本当に大変…」と感じる主な場面です。

 

2. 編集作業に時間がかかっているとき

一方で、動画編集のスキルを身につけ、案件をこなし始めた脱初心者にありがちなのが、編集作業に時間がかかりすぎて、大変と感じることです。

 

動画編集は、慣れてくれば作業スピードが早くなりますが、慣れていない最初の頃は、かなり時間がかかります。

 

一つの動画を編集するのに何時間もかかっていると、「編集作業がこんなに大変だと思わなかった」と、感じてしまうことも無理ないと思います。

 

事実私も、動画編集で案件を受け始めた時は、編集作業にとにかく多くの時間がかかり、かなり大変な思いをしました。

 

このように、編集作業に時間がかかっていることは、動画編集が大変と感じる主なシーンです。

 

動画編集が大変は今後も続く?【解決可能です】

動画編集が大変は今後も続く?【解決可能です】

 

結論から言うと、動画編集が大変と感じる時期は、ずっとは続きません。なぜなら、大変な理由は、どれも解決可能だからです。

 

ですから「動画編集が大変」「この状態がずっと続くのかな」と、不安に感じることはありませんよ。

 

ではどうすれば大変な時期を乗り越えることができるか、具体的な方法は次の通りです。

 

動画編集が大変な時期を乗り越える方法

動画編集が大変な時期を乗り越える方法

 

動画編集が大変な時期を乗り越える方法

1. プロから正しい技術を学ぶ

2. 自身の生産性を高める

3. 仕事を人に任せられるようになる

 

結論、動画編集が大変な時期を乗り越える方法は上記3つです。それぞれ解説します。

 

1. プロから正しい技術を学ぶ

動画編集のスキル習得につまずいている場合、一番良いのは「プロを頼ること」です。

 

動画編集のスキル習得で苦労している人の多くは、「独学」を通じて、全部自分一人で勉強している方です。

 

動画編集は、正しい学習法で勉強さえすれば、実はそこまで難しいものではありません。ですが、独学で勉強していると、正しい学習方法がわからないため、大変な場面は必然的に増えてしまうんですよね。

 

もちろん中には、独学だけで動画編集スキルを習得している方もいます。ですが、そういった方は、全体から見れば少数派であることも事実です。

 

ですので、動画編集のスキル習得でつまずいている場合は、既に動画編集者として活躍しているプロの力を頼ることがおすすめです。

 

もし身近に頼れるプロがいない場合、最も手軽にプロから教われるのは「動画編集スクール」です。

 

最近は安価に受講でき、実践的なスキルを習得できる動画編集スクールが増えてきています。短期間で動画編集技術を身につけ、個人で副業・独立している方の多くは、動画編集スクールで学んでいることが大半です。

 

特に「質の高いスクール」を選べば、動画編集技術だけでなく、動画編集案件の受注方法まで教えてくれます。そういうスクールでプロから学べば、動画編集スキルを身につけることはもちろん、スキルを身につけた後に副業や独立する際も役立ちます。

 

とはいえ、動画編集スクールにも良くないスクールはありますので、良いスクールを選ぶことが必要となります。

 

その点で、実践で使える動画編集スキルが身につき、近い将来、副業や独立で仕事をする際に役立つスクールは「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較」で紹介しています。

 

最短で動画編集技術を身に付けたいなら、この中から選ぶと間違いありません。

 

このように、動画編集スキルの習得が大変なのであれば、プロのいるスクールを利用することが、最も簡単な解決方法です。

 

2. 自身の生産性を高める

動画編集作業に時間がかかり、大変と感じている場合は、「自身の生産性を高めること」が解決方法です。

 

生産性を高める上で重要なことは「何に最も時間・労力を取られているかを把握すること」です

 

例えば動画編集作業には、以下のような工程があります。

 

  1. 動画素材の取り込み
  2. 動画のカット
  3. テロップ挿入
  4. イラスト挿入
  5. BGM挿入
  6. 効果音挿入

 

このうち「どこに、どれだけ時間がかかっているか」を、可視化することをおすすめします。

 

例えばテロップ挿入に時間がかかっている場合、テロップ挿入の時間を減らすにはどうすればいいかを検討しましょう。

 

一例を挙げると、テロップ挿入は経験を積んでいくと、ある程度パターンを自分の中で作ることができます。そういった引き出しを、経験を積みながら学んでいくことで、生産性は向上し、編集作業が大変な状態を乗り越えることができます。

 

また、上記編集作業の一連の流れを、毎回違う順序でやっている場合、必ずこの順番で編集を行うという風に、作業をマニュアル化することもおすすめです。

 

こうやって時間がかかって大変な部分を可視化し、一つずつ改善していくと、大変な感覚は消えていきますよ。

 

3. 仕事を人に任せられるようになる

案件数が多すぎてパンクしそうな場合、人に仕事を任せられるようになることが、とてもおすすめの解決方法です。

 

1日24時間というのは、どんな人間も変わりません。そのため、動画編集の仕事を完全に一人でやっている場合、時間が限られる以上、案件数を無限に受けることができません。

 

ですから、案件数が増えれば増えるほど大変になるのは必然的なことです。

 

その時に「自分でやるべき仕事」と「自分がやる必要のない仕事」を整理し、やる必要のない仕事は誰かに任せることをすると、仕事はかなり楽になります。

 

もちろん、人にお願いする分、利益率は下がります。ですが、その分時間をたくさん確保できるので、新しいことにもチャレンジできるようになります。

 

また、空いた時間でよりたくさんの案件を受注できるので、結果として売上が大きく伸び、利益額も伸びることが多いです。

 

加えて、仕事を人に任せる「ディレクション能力」がつくと、市場価値も高くなります。特に年齢を重ねれば重ねるほど、個人で残した成果よりも、チームを動かして残した成果の方が、企業から評価されます。

 

ですから、自身の生産性の観点でも、未来につながるキャリア形成の観点でも、「仕事を人に任せる経験」は、間違いなく積んでおいた方が良いです。

 

このように、人に仕事を任せることを覚えれば、仕事を多く抱え込まなくなり、精神的にも余裕が生まれます。加えて、売上が上がる可能性もあり、さらには市場価値まで上がるのですから、人に任せるのはメリットしかないと思いますよ。

 

以上が、動画編集が大変な時を乗り越える方法です。

 

まとめ

動画編集が大変と感じる場面と、大変な時期を乗り越える方法

 

記事の内容をまとめます。

 

動画編集が大変と感じる場面

1. 動画編集のスキル習得がなかなか進まないとき

2. 編集作業に時間がかかっているとき

 

動画編集が大変な時期を乗り越える方法

1. プロから正しい技術を学ぶ

2. 自身の生産性を高める

3. 仕事を人に任せられるようになる

 

まとめると上記の通りです。

 

動画編集は慣れていないうちは大変なこともあります。ですがそれは動画編集に限らず、どんなスキル・仕事も同じことです。

 

その点、動画編集は、他のスキルや仕事と比べれば、技術習得の難易度も、個人で案件を受注して収入を得る難易度も、決して高くなく、むしろ低めです。そのため、努力が結果に結びつきやすいです。

 

さらに言えば、動画市場は今圧倒的に伸びています。今後は5Gの影響もあり、成長はさらに加速していくことも予想されています。

 

だからこそ、動画編集が大変な時期は、歯を食いしばっても乗り越えて欲しいなと思います。

 

そうすれば、動画編集のスキル・仕事を通じて、今よりも豊かな未来を手に入れることができますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。