動画編集者はWebデザインも学ぶべき3つの理由【方法も解説】

動画編集者はWebデザインも学ぶべき3つの理由【方法も解説】

動画編集者Webデザインのスキルは必要?」

「動画編集で仕事をするためには、Webデザインスキルは無くても問題ないのかな?」

 

このように、動画編集とWebデザインの関係で悩んでいませんか?

 

動画編集者にとっての必須スキルは「動画編集・映像制作スキル」です。一方、動画編集者がWebデザインスキルを身につけるべきかどうかは、まとまった情報があまり出ていません。

 

結論からお伝えすると、動画編集者は動画編集スキルだけでなく、Webデザインスキルも身につけるべきです。なぜなら、それだけ大きなメリットがあるからです。

 

そこでこの記事では、動画編集者がWebデザインスキルを身につけるべき3つの理由と、動画編集とWebデザインスキルを習得する方法を解説します。

 

この記事を読んで正しく行動すれば、動画編集とWebデザインスキルの2つを身につけ、自身のキャリア・仕事の可能性を広げることができますよ!

 

関連:動画編集を独学で習得する勉強方法・学習ロードマップ

 

動画編集者がWebデザインも学ぶべき3つの理由

動画編集者がWebデザインも学ぶべき3つの理由

 

冒頭の通り、動画編集者はWebデザインスキルも学ぶべきです。その理由は大きく3つあります。

 

動画編集者がWebデザインも学ぶべき3つの理由
  1. 動画編集とWebデザインはどちらも有望な成長市場だから
  2. 動画編集者がWebデザインを学ぶと仕事の幅が広がるから
  3. Webデザインができる動画編集者は単価も高くなるから

 

1. 動画編集とWebデザインはどちらも有望な成長市場だから

動画編集・Webデザインのどちらにも共通することがあります。それは、動画編集・Webデザインはどちらも成長市場であることです。

 

5Gの恩恵により、動画のニーズは年々高まっています。事実、サイバーエージェントが調査した統計によると、動画広告市場は年々拡大を続けています。以下が実際の市場規模の実績・推計のデータです。

 

動画編集者はWebデザインも学ぶべき3つの理由【方法も解説】出典:サイバーエージェント、2023年国内動画広告の市場調査を実施

 

これをみると、2022年に5,581億円だった市場規模は、翌年の2023年には6,253億円と112%もの成長を記録。

 

さらに、2023年の6,253億円から、4年後の2027年には1兆228億円164%もの大幅成長も予測されています。

 

  • 2022年に5,581億円→2023年には6,253億円(112%成長)
  • 2023年の6,253億円→2027年には1兆228億円164%の大幅成長)

→動画市場は圧倒的に伸びている

 

関連:増えすぎ?動画編集者の将来性と今後の需要はオワコン?【これからの未来は明るい】

 

一方のWebデザインも、世の中のデジタル化・DX化が進んでいるため、需要がとても高まっています。

 

事実、最近はWebデザイナーの採用に困っている企業が頻出しており、どの会社もWebデザイナーを求めている状況が続いています。

 

このように、動画編集とWebデザインはどちらも有望な成長市場です。そのため、動画編集とWebデザイン、それぞれのスキルを身につけておけば、これからの活躍の場が大きく広がるメリットがあります。

 

2. 動画編集者がWebデザインを学ぶと仕事の幅が広がるから

「動画編集者がWebデザインを学ぶと、仕事の幅は広がるの?」と思うかもしれませんが、結論、動画編集者としての仕事の幅ももちろん広がります。

 

例①:動画のサムネイル画像を自分でデザインして作れるようになる

例えば、動画編集者がWebデザインを理解すると、自分自身で「動画のサムネイル画像」をデザインできるようになります。

 

Youtube動画であれば、動画のサムネイル画像はマーケティングに関わる大きな要素です。視聴者を惹きつける良いサムネイルをデザインして作れるようになれば、動画の閲覧数が上がり、動画経由の成約数があがるなど、クライアントのビジネスの成長に繋がります。

 

例②:動画の演出の幅が広がる

加えて、動画編集者がデザインの知識をつけると、演出の幅も広がります。デザイン視点で視聴者を惹きつける動画構成や演出を考えられるようになるため、クライアントにより大きな価値提供ができるようになります。

 

最近は動画編集者の数は増えてきていますが、Webデザインまで理解した動画編集者はかなり少ないです。

 

動画編集者がWebデザインまで理解することで、動画をただ編集するだけでなく、デザインの視点を持って、より効果の出る動画サービスを提供できるようになります。

 

その結果、クライアントから任せてもらえる仕事の幅が広がり、仕事に困らない動画クリエイターを目指せるようになるのです。

 

3. Webデザインができる動画編集者は単価も高くなるから

動画編集者がWebデザインスキルを身につけると「案件単価」も高くなる傾向があります。

 

例えば、動画の編集だけでなく、動画のサムネイル作成まで一貫して受注すると、その分単価が上がります。

 

また、動画の編集ができると単にアピールするのではなく、デザイン知識を活かして視聴者に刺さる動画を編集できるとアピールすれば、他の動画編集者と大きく差別化することもできます。

 

動画編集は今とても人気のスキルであり、日々参入者も増えています。Webデザインスキルも身に着けることで、他の動画編集者と大きな差をつけることができます。

 

このように、動画編集者がWebデザインスキルを学ぶメリットはとても大きいです。

 

ここまでのまとめ(動画編集者がWebデザインも学ぶべき3つの理由)
  1. 動画編集とWebデザインはどちらも有望な成長市場だから
  2. 動画編集者がWebデザインを学ぶと仕事の幅が広がるから
  3. Webデザインができる動画編集者は単価も高くなるから

 

関連:動画編集を独学で習得する勉強方法・学習ロードマップ

 

動画編集とWebデザインを身につける方法

動画編集とWebデザインを身につける方法

 

では動画編集とWebデザインをどうやって学んでいけばいいか?動画編集とWebデザインを身につける方法をまとめると、大きく2つあります。

 

動画編集とWebデザインを身につける方法
  1. 独学で勉強する
  2. 動画編集とWebデザインの両方を学べるスクールを利用する

 

結論、動画編集・Webデザインを趣味ではなく仕事にしたいなら、2の「動画編集とWebデザインの両方を学べるスクールを利用すること」の一択です。

 

なぜなら、動画編集とWebデザインの両方を独学で身につけようとすると、かなりの時間がかかる上に、途中で挫折しやすいなど、デメリットが多いからです。

 

動画編集とWebデザインを独学で学ぶデメリット
  1. 習得までにかなりの時間がかかる
  2. 途中で挫折しやすい
  3. 頑張って習得したと思っても、仕事で実際に使えるかはわからない

 

本来、動画編集は「動画編集を独学で習得する勉強方法」でまとめている方法で学習すれば、独学でも習得できるものです。ですが、独学は相応に時間がかかる上に、途中で挫折しやすいです。

 

さらに、Webデザインは動画編集と比べて、スキル習得のハードルが高いです。独学だと1年以上かかることも普通です。

 

加えて、1年かけてやっとのことで学べたと思っても、実際に仕事で使えるレベルになっているかは別の話です。独学だと我流で学ぶことになるため、学んだことが本当にプロの世界で通用するかはわからないんですよね。

 

一方で最近は、動画編集とWebデザインの両方をまとめて学べるスクールがあります。プロが使っているスキルを体系的に学べるスクールを活用すれば、最短ルートで動画編集とWebデザインを習得できます。

 

動画編集とWebデザインをスクールで学ぶメリット
  1. プロが実際に使っているスキルを学べる
  2. 最短ルートのカリキュラムがあるので、習得までに時間がかからない
  3. プロがサポートしてくれるので、途中で挫折しにくい
  4. スクールによっては案件紹介や就職・転職サポートまで受けられる

 

このように、動画編集とWebデザインの両方を身につけるなら、スクールの利用がおすすめです。特にあなたが動画編集・Webデザインで何かしら仕事がしたいなら、スクール一択と言えるでしょう。

 

「そもそも動画編集とWebデザインの両方を学べるスクールなんてあるの?」と感じるかもしれませんが、最近はどちらのスキルも学べるスクールが出てきました。

 

動画編集とWebデザインの両方を学べる代表的なスクールは次の通りです。

 

動画編集とWebデザインを学べるスクール
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【国内最大級の全国24校舎を持つ大手クリエイタースクール。動画編集とWebデザインの両方を学べる。月6,300円から】
  2. studio US(スタジオアス)【未経験からプロの動画クリエイターになるオンラインスクール。動画編集スキルに加えて、PhotoshopやIllustratorを使ったデザインまで学べる。業界最安級の月4,584円から】

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座studio US(スタジオアス)は、どちらも国内トップクラスの実績を持つ動画クリエイタースクールです。

 

ヒューマンアカデミーは全国24校舎の通学&オンラインで、studio USはオンライン完結で動画編集とWebデザインを習得可能です。

 

どちらもAdobe Premiere ProやAfter Effectsを使った動画編集・映像制作スキルだけでなく、PhotoshopやIllustratorを使ったデザインスキルまで一貫して学べます。

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座studio US(スタジオアス)は、未経験からデザインまで理解したプロの動画クリエイターを目指せるため、特におすすめできるスクールです。

 

このように、動画編集とWebデザインの両方を学べるスクールを有効活用すると「他の動画編集者と差別化できる、デザインを理解した動画クリエイター」を最短で目指せます。

 

中長期的に活躍できる動画クリエイターを目指すなら、動画編集に加えてWebデザインスキルまで、まとめてスクールで身につけることが最短ルートです。

 

動画編集とWebデザインを学べるスクール
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【国内最大級の大手スクール。動画編集とWebデザインの両方を学べるカリキュラムが人気。月6,300円から】
  2. studio US(スタジオアス)【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。PhotoshopやIllustratorを使ったデザインも学べる。月4,584円から】

 

まとめ

まとめると、動画編集とWebデザインを両方身につけるメリットは計り知れません。

 

デザインを理解している動画編集者は、とても、とても少ないです。

 

一方、デザインを理解した動画編集者の需要は非常に高いため、動画編集とデザインの両方を身につけることで、できる仕事の幅が広がる上に、単価も上がっていきます。

 

だからこそ、これからプロの動画クリエイターとしてフリーランス・副業・就職などを目指すなら、動画編集だけでなく、デザインまで理解したプロを目指すことがおすすめです。

 

幸い、最近はヒューマンアカデミー動画クリエイター講座studio US(スタジオアス)を筆頭に、動画クリエイターに必要な動画制作スキル+デザインスキルをまとめて学べるスクールもあります。

 

こういったスクールを有効活用しながら、他の動画編集者と一気に差をつけましょう。そうすれば、仕事に困らない動画クリエイターを現実的に目指していけますよ。

 

動画編集とWebデザインを学べるスクール
  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【月6,300円から。国内最大級の大手スクール。動画編集とWebデザインの両方を学べる】
  2. studio US(スタジオアス)【月4,584円から。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。PhotoshopやIllustratorを使ったデザインも学べる】

 

関連:動画編集を独学で習得する勉強方法・学習ロードマップ

関連:おすすめの動画編集スクール10選ランキング

関連:安い上に本当に質が高い動画編集スクール5選【安いオンラインスクールも解説】

関連:動画編集にPhotoshopは必要?できることをプロが解説

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画編集・映像制作で長年の経験を持つ現役動画クリエイターや動画マーケター、クリエイターのキャリアに精通した転職エージェント出身者で構成されています。 動画編集・映像制作に取り組む方に向けて、動画編集・映像制作の学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめ動画編集スクールをご紹介しております。 企業様向けの動画編集・映像制作サービス事業の運営も行っております。Movie Worksの運営者情報はこちら