動画編集の将来性と今後の需要は?オワコン?【未来は明るい】

動画編集の将来性と今後の需要は?【未来は明るい】

動画編集は人気が急上昇している分野です。Youtubeなど動画市場の高まりの中で、動画編集で食べていく個人はとても増えています。

 

時間や場所に縛られず、個人で月数10万円を稼げるスキルですから、人気が出るのも無理はない話です。

 

ですが気になるのは「動画編集者の将来性って、実際どうなの?」「今後はどうなるの??」「動画編集はもうオワコン」ということではないでしょうか?

 

そこで本記事では、動画編集の将来性・今後の需要について、統計データを交えながら徹底解説します。

 

結論から言うと、動画編集者の未来はかなり明るいです。もちろん懸念もありますが、それでも他の業界に比べれば、圧倒的に明るいです。

 

理由を記事で詳しく解説します。

 

動画編集者の現状【現時点の需要】

動画編集者の現状【現時点の需要】

 

まずは「動画編集者の今」について。結論、動画編集者の需要は、現時点でもかなり高いことが実態です。

 

なぜなら、動画を観る人の数が増加していることに伴い、動画事業に参入する企業が増えているからです。

 

例えば、スマートフォンからの動画視聴は、2015年から2019年の5年間で、約4倍までに成長しています。以下が実際の統計データです。

 

動画編集の今後の将来性・需要が大きい理由

出典:ニールセン 2019年上半期のデジタルメディアの利用動向をまとめた「Digital Trends 2019上半期」を発表

 

動画編集者の現状

動画を観る人が増えている

→動画を作る企業も増えている

→一方、動画を作る編集者が足りていない

→動画編集者の需要が高まっている

 

こういう流れが起きているのが、今の動画編集市場であり、動画編集者の現状なんですよね。

 

ですから、動画編集に興味を持つ人はもちろん増えており、「オワコンになるんじゃないか」と不安になる気持ちもあるかもしれません。

 

ですが、それ以上に需要が拡大しているのが現状ですので、動画編集者の需要は依然として高いままですよ。

 

動画編集の今後の将来性・需要が大きい理由

動画編集の今後の将来性・需要が大きい理由

 

では動画編集者の今後の将来性・需要はどうかというと、今後も将来性は明るいです。

 

なぜなら、今まで継続している動画市場の伸びは、今後もさらに伸びていくことが予想されているからです。

 

動画市場は今後も拡大が予想されている

今後の動画市場については、インターネット広告代理店の大手「サイバーエージェント社」が推計を出しているので、以下引用しますね。

 

動画編集の今後の将来性・需要が大きい理由

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

上記を見ると、2020年の3,289億円の市場規模から、3年後の2023年には5,065億円と、3年間で154%成長することが予想されているんですよね。

 

3年間で1.5倍というのは、かなりの成長率です。そもそも日本の大半の産業は、ほぼ成長しない「成熟市場」か、衰退する「衰退市場」で構成されています。

 

ですから、動画市場は成長するだけでも稀有な市場と言えますし、かつ成長率の大きさはトップクラスに高いです。

 

5Gにより、動画編集の需要は更に盛り上がる

また5Gが始まったことは、動画市場の将来性に大きなインパクトがあります。

 

5Gのことをわかりやすく説明すると、インターネットが爆速で使えるようになるシステムのことです。

 

これまでは動画を観ようと思うと、たくさんのデータ容量を消費していましたので、容量制限にすぐ引っかかってしまう人が多かったですよね。

 

でも今後は、5Gにより爆速でインターネットを利用できるようになるため、これまで容量を気にして、外出先で動画を観れなかった人の多くが、動画を観ることが予想されています。

 

またこれまで動画を観ていた人も、今まで以上に快適に動画を楽しめるようになるので、視聴時間はさらに上がることも予想されています。

 

このように、動画市場は今あらゆることが追い風になっており、「今後伸びるかどうかな?」というレベルではなく「間違いなく伸びる」と断言できるレベルの市場なんですよね。

 

もちろん、動画市場が伸びるからといって、必ずYoutubeが伸びるというわけではありません。

 

ですが、Tiktokなど含めた「何かしらの動画プラットフォーム」は、今後も確実に伸びていくことは間違い無いですよ。

 

動画プラットフォームが伸びる以上、動画編集者は今後も必要とされますから、将来性は明るいですよ。

 

動画編集の将来性に対する懸念はある?

動画編集の将来性に対する懸念はある?

 

動画編集の将来性は明るいものの、一点の曇りもないかというと、そうではありません。

 

動画編集の将来性の懸念でよく言われることは以下の2つです。

 

動画編集の将来性に対する懸念

1. 動画編集者が増えすぎて、飽和するんじゃないか?

2. AIの台頭により、動画編集の仕事が奪われるんじゃないか?

 

この2つについて実際どうなのか、深掘って解説しますね。

 

動画編集者がいずれ飽和する可能性は?

結論から言うと、しばらくはないです。

 

理由は先ほど出した統計の通り、需要自体が年々高まっているからです。

 

少なくとも、先ほどの統計では2023年までは右肩上がりで動画市場は伸びていきます。仮に動画編集者が飽和するとしても、業界の伸びが止まったあと、しばらく経ってからになりますよ。

 

動画編集がAIによって淘汰される可能性は?

結論、一部の仕事がAIによって代替される可能性はあります。

 

例えばカット編集やテロップなどは、自動化される可能性はあります。

 

一方で、動画編集の仕事は属人性が高い部分も多いんですよね。例えば間の使い方や笑いどころなどは、人間の感性が必要な部分であり、AIが苦手とする部分です。

 

そういう意味で、AIが得意なことはAIに代替される可能性がある一方で、AIができないことは、今後も人間の動画編集者がやり続けることになると思いますよ。

 

むしろ、人間がやらなくて良いことをAIがやってくれるのは、動画編集者にとってもメリットが大きいです。

 

浮いた時間をもっと価値発揮することにも使えますし、動画編集が効率化していくほど、業界全体の生産性が増していきますから、動画市場に参入してくる企業もお金もどんどん増えていくことになります。

 

AIの進化は、動画編集者にとってはむしろ歓迎ということです。

 

動画編集者は今後も需要が高い可能性が高い

このように、動画編集の将来はAIや飽和などの懸念はありますが、現時点で予測できる範囲では、今後も需要が高まり続ける可能性が高いです。

 

動画市場全体の生産性が上がり、お金がさらに入ってくる市場になれば、動画編集者にとっては間違いなくプラスです。

 

もちろん、低スキルの動画編集者は、どの時代であっても、苦労することはあると思います。ですが、普通に日々学習し、普通の仕事ができるなら、市場が伸びていますから、全く問題ないですよ。

 

このように、動画市場全体の現状と今後の推測を俯瞰すると、今の段階で心配することはまずないと思いますよ。

 

需要ある動画編集者であり続けるために必要なこと

需要ある動画編集者であり続けるために必要なこと

 

動画編集は将来性がありますが、競争は今後も熾烈になっていくでしょう。

 

その中で、常に需要ある編集者でい続けるために必要なことは次の3つです。

 

需要ある動画編集者に必要なこと

1. 動画編集の技術をアップデートし続ける

2. 人をディレクションする能力も習得する

3. 動画編集の周辺領域もできるようになる

 

それぞれ解説します。

 

1. 動画編集の技術をアップデートし続ける

動画編集者として長く活躍し続けるためには、動画編集の技術を常にアップデートし続ける必要があります。

 

例えば前述した通り、今後はAIによって、動画編集の仕事の一部が自動化されていくケースはあると思います。

 

ですから、そういった未来を見据えて、AIに任せることは積極的に任せてしまう。その上で、人間にしか発揮できないバリューを突き詰めるなどをしていくことが大切です。

 

そうやって現状から未来への変化をキャッチしつつ、常に時代に対して、自分自身を最適化していければ、動画編集者として間違いなく求められ続けますし、需要の高い、市場価値の高い編集者でいつづけられますよ。

 

また、あなたがまだ動画編集未経験の場合は、動画編集のスキルを身につけ、いろいろ実践を積んでいくことをおすすめします。実践の中で、世の中で求められるスキルも身についていくからです。

 

動画編集を始めるには「独学」「スクール」の2つがありますが、それぞれの方法は以下記事で紹介しているので、興味があれば参考にどうぞ。

 

 

2. 人をディレクションする能力も習得する

動画市場でより市場価値の高い、稼げる人材になりたい場合は、ディレクション能力を身につけることをお勧めします。

 

動画市場におけるディレクション能力とは、編集者をディレクションし、チームでプロジェクトを遂行する能力のことです。

 

ディレクション能力を身につけるメリットは、キャパシティを圧倒的に広げられることです。

 

一人で動画編集を請け負っていると、できる案件数は限られてしまいますよね。その点でチームを組成し、プロジェクトを進められるようになると、より多くの案件をこなせるようになります。

 

もちろん、ディレクション能力がある編集者は重宝されるので、市場価値も高まり、いろんな企業からも引っ張りだこになります。

 

3. 動画編集の周辺領域もできるようになる

これからの動画編集者が特に意識したいことは、動画編集の「周辺領域」もできるようになることです。

 

例えば「動画編集+Webマーケティング」は、最強の組み合わせです。

 

本来企業は、動画を作りたいから編集を依頼するのではなく、動画を使って商品・サービスを販売したい、自社サービスの認知やブランド力を形成したいなど、他の目的があって、動画作成を依頼します。

 

ですから、動画編集だけできる人材よりも、「商品を売れる動画を作れる動画編集者」や、「ブランディングができる動画編集者」の方が、圧倒的に価値が高いんですよね。

 

その点で相性が良いのはWebマーケティングです。特に今後伸びてくるインターネット領域での動画編集の仕事は、Webマーケティングと切っては切り離せないものだからです。

 

また、動画編集を単体で受注するよりも、動画編集+マーケティングで受注した方が、単価は大きく上がることも事実です。ですので、稼ぎたい場合は、動画編集の周辺領域も、まるっと仕事を受けられるようになるとベストですね。

 

以上が、需要ある動画編集者でい続けるためにやっておくべきことです。

 

動画編集は将来性・今後の需要が大きい【参入チャンスは今】

動画編集は将来性・今後の需要が大きい【参入チャンスは今】

 

述べてきた通り、動画編集は現在でも需要が底堅く、今後はさらに、将来性・需要が伸びていくことが強く予想されます。

 

しかも動画編集の良いところは、スキル習得の難易度がそこまで高くない上に、個人でも稼ぎやすいことです。

 

例えば、今は動画編集を短期で学べるスクールもあります。そういったスクールで短期集中で2〜3ヶ月学ぶだけでも、個人で月数万円の案件を請けるレベルになることができます。

 

これからの時代、もう会社に依存はできません。どんなときも自分自身で稼げるスキルは必要不可欠です。

 

将来の自分のためにも、今このタイミングで、動画編集を学んでおくことは良い選択だと思いますよ。今から行動すれば、3ヶ月後には人生大きく変わりますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。