「動画編集は難しい」が誤解である3つの理由【難しくない】

いま、動画編集は人気が急上昇している仕事です。それもそのはず、動画広告市場は、現時点での需要がとても高い上に、5Gによる恩恵もあり、Youtubeを中心とした今後の成長性も大きいです。

 

加えて、動画編集は未経験の個人でもスキル習得しやすく、数ヶ月みっちり学習すれば、個人で月数万円程度の収入を、副業や独立して得ることも可能です。

 

とは言っても、

 

  • 動画編集に興味があるけど、やっぱり難しいんじゃ..?
  • 動画編集をいまやっているけど、難しい…

 

と、悩んでいる方もいることが実態なんですよね。

 

結論から言うと、動画編集は正しく行動すれば、難しいものではありません。むしろ、他の仕事・スキルと比べれば、動画編集は難易度が低い上に、需要も将来性も高いので、学ぶ利点は大きいですよ。

 

ということが結論ですが、本記事では動画編集がなぜ難しく感じるのかその理由と、動画編集が難しいを乗り越え、理想の未来を手に入れる方法を解説します。

 

本記事を読んで行動すれば、動画編集が難しいを突破し、豊かな未来を実現できますよ。

 

なぜ動画編集が難しいと感じるのか?3つの理由

なぜ動画編集が難しいと感じるのか?3つの理由

 

動画編集が難しいと感じる理由

1. そもそも技術が足りていない

2. プロのような難しい編集を目指しすぎ

3. なかなか仕事を受注できない

 

動画編集が難しいと感じる理由は上記の通りです。それぞれ解説しますね。

 

1. そもそも技術が足りていない

「そもそも技術が足りていないこと」、動画編集を難しいと感じる最も大きな理由です。

 

動画編集の学習を始めると、最初はわからないことだらけです。一例を挙げると、例えばいま最も人気の「Youtubeの動画編集」の場合、編集の工程には次のプロセスがあります。

 

  1. 動画素材の取り込み
  2. 動画のカット
  3. テロップ挿入
  4. イラスト挿入
  5. BGM挿入
  6. 効果音挿入

 

動画編集を学び始めると、これらを一つずつ行っていくことになりますが、

 

  • 「動画素材はどうやって取り込めばいい?」
  • 「カットやテロップ挿入はどうやるの?」
  • 「BGMや効果音の選び方がわからない…」

 

という風に、各工程のやり方がわかりませんので、どうしても動画編集を難しく感じてしまうものなんですよね。

 

また、各工程で「時間が多くかかってしまう場合」も、動画編集の技術が足りていないことが理由で、動画編集が難しいと感じてしまう場面です。

 

事実、動画の編集作業に慣れていない頃だと、本来1時間でできることも、5時間、6時間とか買ってしまうこともあるんですよね。

 

ここまでの「動画編集のやり方がわからない」「時間がかかる」といった問題は、いずれも「そもそも技術が足りていないこと」が要因となります。

 

では「技術を身につけること」が難しいかというと、正しいやり方を一つずつ学んでいけば、決して難しいものではありません。

 

むしろ、正しい方法で学んでいけば、未経験からでも数ヶ月程度で習得できるので、他の仕事・スキルと比べると、難しくないですよ。

 

このように、「そもそも技術が足りていないこと」は、動画編集が難しいと感じる最も代表的な理由の一つです。

 

2. プロのような難しい編集を目指しすぎ

「プロのような難しい編集を目指していること」も、よくやりがちな、動画編集が難しいと感じてしまう理由です。

 

例えばYoutubeの動画編集の場合、Youtubeをサーっと眺めると、トップYoutuberの動画がたくさん出てきます。

 

こういった動画を参考にしつつ、自分自身で編集をやっていると、「動画編集難しすぎ….!」と感じると思います。

 

なぜなら、検索して出てくるトップYoutuberの動画は「プロレベルの動画編集者」が担当していることが多いからです。当然ながらレベルが高いんですよね。

 

言い換えれば「目標が高すぎる」ということです。もちろん、目標はできるだけ高く持つべきですが、今の現実とあまりにかけ離れた目標を持っても、現実と理想のギャップに苦しみます。

 

特に動画編集の場合、プロのクリエイターもいる世界ですから、学習を始めたばかりの駆け出し動画編集者の時期に、プロと自分の実力を比べてしまうと、動画編集は当然難しいと感じてしまいます。レベルが違うからです。

 

ですが、道は続いているので大丈夫ですよ。今は遠く感じるかもしれませんが、正しい道を進んでいけば、遅かれ早かれプロの編集者になることはできます。

 

だからこそ、まずは”目線を少し下げて”、取り組めると良いですね。

 

3. なかなか仕事を受注できない

「なかなか仕事を受注できないこと」も、動画編集が難しいと感じる理由の一つです。

 

特に駆け出し動画編集者の場合、最初の1案件目を受注することに、苦労していることがあります。

 

受注できない要因は「技術レベルが足りていないこと」や「単純な提案量が足りていないこと」が多いです。そういうシーンに出くわすと、「動画編集が難しい」と感じてしまうことも無理ないと思います。

 

一方で、動画編集は1件目を受注すれば、2件目以降は受注しやすくなります。

 

それは「実績ができる観点」と、自分自身の「自信が生まれる観点」の両方があります。そういう意味で、動画編集の受注が難しいと感じるのは、あくまで”一時的”にすぎません。

 

事実、動画編集は他の仕事と比べると、案件数が多く、受注しやすい分野です。それを裏付ける根拠が「動画広告市場の成長」です。

 

具体的な数字を挙げると、以下はサイバーエージェントが公開した「動画広告市場規模の推計」です。

 

動画編集 難しい

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、動画広告市場が年々拡大していることが見て取れると思います。2019年から2024にかけて、約2〜3倍に成長しています。

 

動画広告案件が増えれば増えるほど、動画を編集する「動画編集者の需要」は生まれます。よって、世の中の「動画編集案件」に関しても、上記グラフと比例するように、案件数自体が年々増えています。

 

一方で、案件数が急激に増えているものの、肝心の動画編集者の数はまだ足りていないことが実情です。ですから、経験が浅くても、仕事を受注しやすいんですよね。

 

このように、動画編集案件は需要が高いものの、特に動画編集を学んだばかりの初心者の頃は、最初の1案件目を受注できず、難しいと感じることがあります。

 

ですがこれは、あくまで”一時的な難しさ”でもあります。前述通り、最初の一件さえこなしてしまえば、その後は難しくなくなるからです。

 

動画編集が難しいを克服する方法

動画編集が難しいを克服する方法

 

動画編集が難しいを克服する方法

1. 動画編集の技術を”正しい方法”で身につける

2. 自分の一歩先をいく人を見つけ、目標にする

3. とにかくたくさん提案・営業し、小さな成功体験を積む

 

動画編集が難しいを乗り越える方法は上記3つです。それぞれ解説します。

 

1. 動画編集の技術を”正しい方法”で身につける

まずは動画編集の技術を身につけることです。

 

技術を身につける上で特に大事なのは「正しい方法」で学ぶことです。具体的にいうと、「動画編集スクール」のように、プロの編集者が直接指導してくれる環境で学ぶことです。なぜなら、正しい方法で学ぶことで、実践で使える技術が身につくからです。

 

動画編集に限った話ではありませんが、どんな物事も、プロから正しい知識を学ぶことで、成長速度も、成長の質も上がるものです。

 

例えばサッカーを学ぶなら「小学校の先生」に学ぶより、「プロサッカー選手の本田圭佑氏」に学んだ方が、実践で使える技術や考え方が身につくものです。

 

動画編集もこれと同じで、プロの動画編集者から直接学べるスクールを利用することで、実践で本当に使える技術・知識・考え方を、習得することができます。

 

もちろん、中には独学で勉強して技術を身につけ、動画編集を仕事にしている方もいます。ですがそういった方は、全体から見れば少数派であることが事実です。

 

ですから、動画編集の技術に自信がない場合は、1ヶ月でも良いので、プロから正しく学んでみることをお勧めします。

 

とはいえ、動画編集スクールにも「良くないスクール」はありますので、良いスクールを選ぶことが必要となります。

 

その点で、実践で使える動画編集スキルが身につき、近い将来、副業や独立で仕事をする際に役立つスクールは「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較」の記事で紹介しています。

 

最短で動画編集技術を身に付け、動画編集が難しいと感じる状態を突破したいなら、この中から選ぶと間違いありません。

 

2. 自分の一歩先をいく人を見つけ、目標にする

目標が高すぎる場合は、自分の一歩先をいく編集者を見つけ、目標にすることがお勧めです。

 

例えば動画編集で副業をしたい場合、直近に副業収入を得始めた人を目標にすることは、遠すぎず、近すぎず、良い目標だと思います。

 

動画編集者の中には、SNS等で学習過程、仕事過程を発信している方もいます。なので、そういった方の中から、目標に思える方を見つけられると、とても良いですよね。

 

いきなりトップYoutuberの編集担当をしている人を目指しても、目標が高すぎて、苦しい思いをしてしまいます。目線を下げつつ、一歩ずつ着実に歩んでいけば大丈夫ですよ。道は続いていますから。

 

3. とにかくたくさん提案・営業し、小さな成功体験を積む

動画編集の受注が難しいと感じる場合は、とにかくたくさん提案・営業をし、小さな成功体験を積むことです。

 

私がこれまで見てきた中では、せっかく初心者から基礎スキルを身につけたのに、無駄に遠慮しすぎて、案件に1つ、2つしか応募していない事例も多々ありました。これは初心者にとってはあまりよくない行動です。なぜなら経験を積めないからです。

 

大事なことはとにかく経験を積むことです。だからこそ最初の頃は、単価は気にすることなく、自分の実績カウントできる案件を、たくさん積んでいくことが必要なんですよね。

 

もちろん提案の内容も大事ですよ。ですが、最初は10件、20件といろんな案件に応募しつつ、チャンスをくれた案件に対して、全身全霊取り組んでいけばOKです。

 

高いスキルがなくても大丈夫です。相手の意向をちゃんと聞き、即レスを意識し、納期をきっちり守っていけば、それだけでも上位20%です。当たり前なことをできない編集者は、実はかなり多いからです。

 

だからこそ、最初は小さな成功体験を、自分自身で動いて、取りに行きましょう。そうやっていけば、「動画編集を難しいって感じてたこともあったな」と、懐かしい記憶になりますよ。

 

動画編集者として仕事を獲得するコツは「動画編集の仕事の取り方・探し方を解説【案件獲得マニュアル】」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

「動画編集は難しい」は間違い【正しく行動すれば難しくない】

「動画編集は難しい」は間違い【正しく行動すれば難しくない】

 

述べてきた通り、「動画編集は難しい」は間違いです。正しく行動すれば、全く難しくありません。

 

その上、冒頭でも述べた通り、動画市場は現時点の需要が高く、将来性も大きいです。

 

さらに言えば、動画編集は個人でも技術習得しやすく、数ヶ月学習すれば、個人で月数万円程度の収入を、副業や独立して得ることも十分可能です。

 

もし今の現状に何かしら不満があり、それを変える手段に動画編集が成り得るなら、行動しないともったいないです。

 

日本の多くの産業は成熟、あるいは衰退していますが、動画領域は数少ない成長市場です。

 

同じ努力をするなら、波の流れが良いところで頑張った方が、得られる果実も多くなりますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。