動画編集・映像制作の習得期間・時間は?【最短期間で習得する方法も紹介】

動画編集・映像制作の習得期間は?必要な学習時間を解説

「動画編集・映像制作を習得するまでの時間って、実際どれくらいなんだろう?」

「未経験から個人で動画編集収入を得るまでに、期間は何ヶ月くらいかかるのかな?」

 

あなたはいまこんな風に悩んでいませんか?

 

動画編集・映像制作は今人気が高まっているスキルです。それもそのはず、動画編集スキルを身につければ、個人で月5〜10万円程度の収入を得ることはそこまで難しくありません。

 

とはいえ、これから動画編集・映像制作を始めようと思っている方だと、学習にどれくらいの時間が必要なのか、何ヶ月ほど期間がかかるのか、この点は一番気になりますよね。

 

そこで本記事では、実際に動画編集を習得し、収入を得ている人の事例もお出ししながら、「動画編集・映像制作の習得時間・習得期間」を、以下項目に分けて解説します。

 

本記事の内容

・動画編集・映像制作を習得するまでにかかる時間・期間

・動画編集・映像制作で収入得るまでの時間・期間

・動画編集・映像制作を最短時間で習得する方法

 

本記事を読めば、最短で動画編集・映像制作スキルを習得し、個人で稼げる状態をいち早く作ることができますよ。

 

動画編集・映像制作の習得時間と習得期間は?

動画編集・映像制作の習得時間と習得期間はどれくらい?

 

まずは動画編集・映像制作の習得時間と習得期間を、それぞれ解説します。

 

動画編集スキルの習得時間は約150〜250時間

動画編集スキルの習得時間は大体150〜250時間と言われています。

 

事実、実践的な動画編集スキルの習得を目指す動画編集スクールも、大体このくらいの時間を設けています。

 

例えば動画編集のオンラインスクール最大手の「TechAcademy 動画編集コース」も、以下のような学習時間になっています。

 

事例:動画編集スクール「TechAcademy」の学習時間

学習時間 4週間(1ヶ月) 8週間(2ヶ月) 12週間(3ヶ月)
1週あたり学習時間 40〜50時間 20〜25時間 14〜18時間
トータル学習時間 160〜200時間 160〜200時間 168〜216時間

 

上記を見てわかるように、大体160〜216時間となっていますよね。

 

TechAcademyの場合、動画編集の基礎をはじめ、最終的にオリジナル動画の制作までカリキュラムで行います。それらを全部こなして、合計で160〜216時間ということです。

 

このことからも「150〜250時間」という学習時間は、妥当であることがわかると思います。

 

動画編集スキルの習得期間は約1ヶ月〜3ヶ月程度

150〜250時間が必要な習得時間ですが、期間に直すと「1〜3ヶ月程度」となります。

 

こちらも先ほどのTechAcademyの表を元に説明すると、1週あたりで以下学習時間を行えば、大体1〜3ヶ月の学習期間となります。

 

事例:動画編集スクール「TechAcademy」の学習期間

学習時間 4週間(1ヶ月) 8週間(2ヶ月) 12週間(3ヶ月)
1週あたり学習時間 40〜50時間
20〜25時間 14〜18時間
トータル学習時間 160〜200時間 160〜200時間 168〜216時間

 

上記のように、1ヶ月で習得したい場合、週当たり40〜50時間の学習量をこなせば、大体1ヶ月で習得できます。

 

このように、動画編集・映像制作の期間は、1日の学習量を増やすことで、習得期間を3ヶ月→1ヶ月程度まで短くすることができます。

 

動画編集・映像制作で収入を得るまでの時間と期間は?

動画編集・映像制作で収入を得るまでの時間と期間は?

 

次は「動画編集・映像制作で案件を受注して、実際に稼げるようになるまで」に、、どれくらいの時間や期間がかかるか解説します。

 

学習開始後、3ヶ月以降の初受注が平均的

結論から言うと、学習を開始して「3ヶ月後」あたりから、最初の案件を受注する方が多いです。

 

最初の2〜3ヶ月で動画編集・映像制作スキルを習得し、その後ポートフォリオを整えて、3ヶ月目以降に案件受注し始める、といった流れです。

 

このくらいの期間であれば、多くの方が実際に収入を得られている期間です。

 

短期集中でやれば最短30日以内も可能

一方、1日あたり学習量を増やし、短期集中でスキル習得を行っていけば、最短1ヶ月(30日)以内でも、最初の収入を得ることが現実的に可能です。

 

なぜなら、動画編集・映像制作を未経験からスタートし、初月で案件受注している人は意外と存在するからです。

 

「本当にそんな人いるの??」と思うかもしれませんので、「実際に初月で案件受注した人の声」を一部紹介しますね。

 

【事例】初月で動画編集・映像制作案件を受注した人の声

 

ざっと見てわかるように、どの方も大体1ヶ月目で案件受注されています。すごく短期間ですよね。

 

もちろん、全員が全員、こんなに早く案件受注できるわけではありません。前述通り、3ヶ月程度はみておくべきです。

 

ですが、動画編集や映像制作の場合、スキル習得さえできれば、早期に案件を受注することが可能なんですよね。需要が高いので、案件も数多く存在するからです。

 

特に動画編集や映像制作の場合、会社員を続けながらできる「副業案件」や、個人で独立して稼げる「フリーランス案件」も多くあります。

 

例えば以下記事の方法で行動すれば、副業やフリーランスとして、早期に案件を受注し、収入を得ることは十分可能です。

 

 

このように、動画編集・映像制作なら、早ければ30日経つ前でも、簡単な案件を受注し、初収入を得ることも目指せます。

 

【重要】動画編集・映像制作の習得時間を短くするなら「正しい方法」で学ぶことが必要

【重要】動画編集・映像制作の習得時間を短くするなら「正しい方法」で学ぶことが必要不可欠

 

ここまでご紹介した通り、動画編集・映像制作は時間で150〜250時間、期間で1〜3ヶ月でも習得できますし、早い人は1ヶ月程度で初めての案件を受注することもできます。

 

とはいえ、上記はあくまで「正しい方法」で学習した場合です。なぜなら、正しい学習方法で学習しないと挫折しやすい上に、学習時間も無駄に多くかかるからです。

 

動画編集は独学で勉強すると「挫折する人」がとても多いです。大体80%くらいの方は挫折しているとまで言われています。

 

加えて、学習方法がわかっていないと、150〜250時間より多くかかります。特に間違った我流の勉強をしてしまうと、必要時間が300〜500時間以上、450〜750時間以上など、必要な勉強時間が「2〜3倍水準」に大幅に膨れ上がってしまうことも往々にしてあります。

だからこそ、動画編集・映像制作の習得時間をできるだけ短くしたい、最短で習得したいと思うなら、「正しい方法を知り、正しい方法で学ぶこと」が必要不可欠です。

 

動画編集・映像制作を最短時間で習得する方法

動画編集・映像制作を最短時間で習得する方法

 

結論、プロに教わりながら学ぶことです。動画編集や映像制作の場合、プロの動画クリエイターが教えてくれる「動画編集・映像制作スクールを使うこと」ですね。

 

なぜなら、動画編集スクールのような「プロから教われる環境」を利用することで、仕事で必要なスキルを、無駄なく効率的に習得していけるからです。

 

独学の最大の問題点は「必要な学習」と「必要でない学習」の見分けがつかないことです。見分けがつく時点で、その人はもうプロの動画クリエイターだからです。

 

見分けがつかない以上、本来やる必要のない学習に、時間を多くかけることにもつながります。そうすると、当然必要な勉強時間は増えてしまいますよね。

 

一方で、動画編集スクールのようなプロから教わる環境であれば、本当に必要な学習と、そうでない学習を明確に分けて「本当に必要な学習」に絞っていくことができます。これが「最短ルート」でスキル習得していける理由です。

 

もちろん、本などを使って学習はできるものの、本は無駄なことも結構書いてあります。ここだけの話、本はある程度のページ数がないと本として売れないので、本来不必要な内容も、だらだらと書かれていることが多いんですよね。

 

そういう無駄を省くためにも、動画のプロから直接学べる動画編集スクールを利用することがおすすめです。

 

動画編集・映像制作を最短で習得できるスクール

動画編集・映像スクールが良いとはいえ、全部が良いスクールなわけではありません。残念ながら、中には質の悪いスクールも存在します。

 

だからこそ、最短で実践的なスキルを習得でき、仕事に繋げられるスクールを選ぶことが重要です。

 

ではどのスクールを選べばいいかというと、「【2021】動画編集・映像制作おすすめスクール5選の徹底比較」の記事でまとめています。

 

評判も良く、「ここなら間違いない」と断言できるスクールを5つに絞って紹介しています。

 

最短で動画編集スキルを身につけ、理想の働き方を実現したい方のみ、参考にしてみてください。

 

まとめ

動画編集・映像制作の習得期間は?必要な学習時間を解説

 

記事の内容をまとめます。

 

本記事のまとめ
  • 動画編集・映像制作の習得時間は150〜250時間
  • 動画編集・映像制作の習得期間は1〜3ヶ月
  • 動画編集・映像制作で初受注できる期間は3ヶ月後以降が平均
  • 早い人だと1ヶ月(30日)程度で最初の収入を得ている人もいる
  • ただし、上記は全て「正しい方法」で学習した場合に限る
  • 正しくない方法(代表的なのは我流で独学する)だと、2〜3倍以上時間がかかることも
  • 正しい方法はプロから学べる動画編集スクール(【2021】動画編集・映像制作おすすめスクール5選の徹底比較)で学習すること

 

最後に、動画市場は5Gの到来などにより、需要がとにかく高まっています。それに伴い、動画編集者や映像制作者の需要も、日に日に強くなっているのが現状です。

 

加えて、動画編集や映像制作スキルというのは「フリーランス」や「副業」で稼ぎやすいスキルです。案件数が豊富にある上に、スキルが体系化されているので、正しい方法で学習すれば、これまでの経歴関係なしに収入を得ることは十分可能です。

 

しかも動画編集や映像制作は、短期集中でやれば、数ヶ月で月5万円の収入も十分目指せます。

 

会社員として月5万円給料を上げようと思えば、人によっては5年、10年かかります。むしろ、今後は給料が上がらない時代で、むしろ増税等で少なくなっていきますので、一生上がらない人も一定数はいると思います。

 

だからこそ、会社に依存せず、自分の力で稼げる手に職は、どんな人でも身につけておくべき時代です。その点動画編集・映像制作なら、正しい方法で学習することだけ押さえておけば、再現性高く、自分の力で稼ぐことができますよ。

 

動画市場は今絶好の追い風が吹いており、需要に対して参入者も少ないです。

 

だからこそ、先行者利益を取れる今のうちに、短期集中で、動画編集・映像制作の「手に職」を身につけることは賢い選択だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。