動画編集に向いている人・向いていない人の違い【向き不向き】

動画編集に向いている人・向いていない人の違い【向き不向き】

「動画編集を学んでみたいけど、自分に向いているかどうかわからない」

「動画編集に向いている人、向いていない人の違いはどこなんだろう?」

 

動画編集はいまとても人気のスキルです。未経験からでも習得しやすく、独立や副業で月5万円くらいは早期に稼げるので、独立・副業志望の方に特に人気のスキルとなっています。

 

ですが、自分が実際に動画編集に向いているのか、経験がないとイメージがつかないですよね。

 

そこで本記事では、動画編集の向いている人と、向いていない人の特徴を、数多くの動画編集担当を見てきた経験をもとに紹介します。

 

本記事を読めば、動画編集が向いているかどうか、判断がつきますよ。

 

動画編集に向いている人の特徴

動画編集に向いている人の特徴

 

動画編集に向いている人の特徴をまとめると次の通りです。

 

動画編集に向いている人の特徴

・コツコツ作業ができる人

・コミュニケーションが取れる人

・納期を守る意思がある人

・動画・映像が好きな人

・時間や場所に縛られず働きたい人

・独立・副業したい人

 

それぞれ解説しますね。

 

コツコツ作業ができる人

コツコツ作業ができる人は、動画編集の仕事に向いている可能性が高いです。

 

なぜなら動画編集の仕事は、細かい作業が多く発生するからです。

 

例えば、映像と音にズレがあったら正しく修正したり、動画素材の配置を微調整することも、動画編集者の仕事です。

 

細かい細部までこだわることで、動画のクオリティや印象は大きく変わってくるものなんですよね。

 

ですから、細かい作業が大好きでなくとも、細かい作業が苦手ではない、苦にはならないのであれば、動画編集は向いていると思います。

 

コミュニケーションが取れる人

コミュニケーションを人並みに取れる人も、動画編集の仕事は向いています。

 

なぜなら、動画編集の仕事は発注者とコミュニケーションが発生するからです。

 

動画編集を進めるにあたっては、発注者(クライアント)がどんな目的を持って動画を作るかを、動画編集者自身が理解する必要があります。

 

例えば、動画・映像を見た方にこんな印象を持って欲しい、動画を見た後はこういうアクションを取って欲しいという目的が、発注者はそれぞれあるはずです。

 

それらの意図を汲み取り、動画という形で視聴者に届けることが、動画編集者の仕事であり、腕の見せ所でもあります。

 

もちろん、バリバリの営業マンのようなコミュニケーション力は不要です。普通に人並みに接することができれば、それで十分です。

 

誠実な態度で相手の言っていることをちゃんと聞く、わからないことはうやむやにせずに解消する、そうやって対話ができるだけで、コミュニケーションは十分です。

 

そういった人並みのコミュニケーションが取れるなら、動画編集の特にコミュニケーション部分は問題ないですよ。

 

納期を守る意思がある人

納期を守る意思がある人も、動画編集に向いています。

 

なぜなら動画編集の仕事は、期日までに、クライアントに動画・映像を納品することが仕事だからです。

 

フリーランス・副業初心者にありがちなのが、本来納期を守れるにも関わらず、守らないことがあります。

 

例えば、最初の打ち合わせで「1週間後の火曜日までに納品します」と約束したものの、なかなかやる気が起きず、火曜日を迎えてしまった。そのため、納期が遅れる報告をすることもなく、翌日水曜日に急いで提出する、というようなパターンです。

 

これならまだマシな方で、納期に間に合わないからそのままバックレる、というパターンも、フリーランス・副業界隈ではよく起こることです。

 

クライアント側からしたらたまったものじゃないですよね。計画も全て崩れてしまうので。

 

ですから、納期を守る意思があるということは、動画編集の仕事をするにあたっては必要不可欠なことです。

 

もし自信がなくても、遅れる場合は前もって遅れそうなことを伝えるなど、人としてまともな対応を取る意思があるなら、問題ないと思いますよ。

 

動画・映像が好きな人

動画や映像が好きな人は、動画編集の仕事は向いています。

 

動画編集に限った話ではありませんが、どんな仕事も、好きなことや夢中になれることは、早く上達するものです。

 

動画編集も全く同じで、動画や映像に全く興味がない人より、動画や映像に少しでも興味がある人の方が、上達は早い傾向があります。

 

時間や場所に縛られず働きたい人

時間や場所に縛られず、仕事や副業したい人も、動画編集は向いています。

 

なぜなら、動画編集の仕事は、パソコンと動画編集ソフトがあれば、いつでもどこでも仕事ができるからです。

 

納期さえ守れば働く時間は自由ですし、自宅でも旅先でもどこでも、思い立ったときに仕事をすることができます。

 

実際に動画編集者の中には、沖縄や北海道、金沢などに住みながら、東京のクライアントの仕事を請けている人もいます。住んでいる場所は、本当に関係ないんですよね。

 

また中には、国内外を旅しながら、動画編集で稼ぎながら生きている人も、私の友人には存在します。

 

このように、PC1台で稼げる動画編集の仕事は、時間や場所に縛られず、自由に働ける仕事です。ですから、時間や場所に縛られたくない、自由度高く働きたい人には、動画編集の仕事は特に向いていると思いますよ。

 

独立・副業したい人

近い将来、独立・副業したい人にも、動画編集の仕事は合っています。

 

なぜなら、動画編集の仕事は需要が高く、成長性もあるので、仕事が見つかりやすいからです。

 

例えば、未経験から動画編集スキルを数ヶ月短期集中で学習すれば、簡単な案件を請けるスキルは身につきます。

 

前述通り、今は動画市場は成長しており、案件がとにかく豊富です。一方で、肝心に動画編集者はまだまだ数が足りていないので、この時点でも簡単な案件を請けることは可能なんですよね。

 

そういった案件を独立・副業で請けていけば、早いうちに月5万円程度は稼げるようになります。

 

収入を得ながら経験を積んでいくことで、月10万円、月20万円と収入が上がっていけば、会社に依存することはもはやなくなります。

 

実際に上記のようなステップを踏んで、動画編集を仕事にしている人は本当に増えています。中には月50万円以上を得る人もいるくらいなので、月5万円くらいは誰でも十分実現できる水準です。

 

ですから、近い将来独立や副業したい人は、動画編集の仕事は特に向いていると思いますよ。

 

 

動画編集に向いていない人の特徴

動画編集に向いていない人の特徴

 

一方で、動画編集の仕事に向いていない人の特徴は次の通りです。

 

動画編集に向いていない人の特徴

・コツコツ作業が全くできない人

・人と一切コミュニケーションを取りたくない人

・納期を守る意思がない人

・動画に全く興味がない人

 

それぞれ解説しますね。

 

コツコツ作業が全くできない人

コツコツ作業が全くできない人は、動画編集に向いていない可能性があります。

 

前述通り、動画編集の仕事は細かい作業が多いです。なので作業をすると、じんましんが出るような方だと、動画編集の仕事は向いていないかもしれません。

 

とはいえ、動画編集の仕事自体はそこまで難しくないので、細かい作業も続けていけば慣れていくことも事実です。

 

ですから、「自分は細かい作業が苦手だな」と思う人も、まずはトライしてみることが良いんじゃないかなと思います。実際に私の周囲でも、細かい作業が苦手でも、動画編集をバリバリやっている人はいますよ。

 

人と一切コミュニケーションを取りたくない人

仕事をする上で、人と一切コミュニケーションを取りたくない人は、動画編集の仕事は向いていません。

 

前述通り、動画編集はクライアントとコミュニケーションを取って仕事を進めていきます。そこまで多くのコミュニケーションは取らないものの、一切コミュニケーションしたくないとなると、それは正直難しいです。

 

ただ、動画編集に限らずどんな仕事も、人と一切関わらない仕事はほぼありません。その点で動画編集は、コミュニケーション量自体はそこまで多くないので、そういう意味では人とコミュニケーションを取りたくない人に合っているとも言えますね。

 

納期を守る意思がない人

決めた納期を守る意思が一切ない人は、残念ながら動画編集は向いていません。

 

動画編集で収入を得る場合、多くの場合はクライアントからの発注に基づき、動画・映像を納品してお金をもらいます。

 

納期がない仕事はほぼないので「動画編集の仕事=納期がある」ということは覚悟しないといけません。

 

唯一例外は、自分で動画を作り、自分自身のYoutubeチャンネル等で配信することです。これなら発注者と動画編集者がともに自分自身ですから、納期はありません。

 

ですから、どうしても納期があることが嫌だ、でも動画編集の仕事がしたい場合は、自分自身でYoutubeチャンネルを運用しつつ、動画編集をしてみることがおすすめの方法です。

 

動画に全く興味がない人

動画に全く興味がない人も、動画編集の仕事に向いていないかもしれません。

 

もちろん、中には動画・映像に一切興味がなくとも、動画編集の仕事で生活している人はいますよ。

 

私が見てきた中では、そういった方は、動画編集を通じて実現できるライフスタイルを重視していますね。

 

例えば時間や場所に縛られずに自由に働けることや、副業・独立で稼ぎやすいことです。

 

そのような理由が他にあるなら、仮に動画編集に興味がなくとも、十分やっていけますよ。事実として、そういう方はたくさんいます。

 

動画編集の向き不向きは気にする必要がない理由

動画編集の向き不向きは気にする必要がない理由

 

ここまで動画編集の向き不向きをお伝えしましたが、実は向き不向きは、気にする必要がありません。

 

なぜなら、どれだけ動画編集に向いている特徴に自分が当てはまっていたとしても、実際に動画編集をやってみたら合わなかった人がいるからです。

 

また逆に、どれだけ動画編集に向いていない特徴に自分が当てはまっていたとしても、実際にやってみたら天職のように合っていた人もいるからです。

 

つまり、向いている特徴・向いていない特徴というのはあくまで傾向であり、それが全てではないんですよね。

 

むしろ、全く逆の結果になることさえもあるので、向き不向きは気にしない方が良いです。

 

それよりも、実現したい未来があり、それを叶える手段に動画編集がなり得るなら、絶対にやったほうが良いですよ。

 

  • 会社に依存せずに個人で稼げるようになりたい
  • 副業で収入を伸ばしたい
  • 動画編集者として独立し、時間や場所に縛られずに生きていきたい

 

こういった原動力になるような未来があるなら、動画編集を学ぶことで、理想の未来の実現は近づきます。

 

向き不向きを気にするより、理想の未来を手にするために、「例え向いてなかったとしても、絶対に自分は動画編集をマスターするんだ」くらいの気持ちの方が、結果として良い未来につながると思いますよ。

 

まとめ

動画編集に向いている人・向いていない人の違い【向き不向き】

 

記事の内容をまとめます。

 

動画編集に向いている人の特徴

・コツコツ作業ができる人

・コミュニケーションが取れる人

・納期を守る意思がある人

・動画・映像が好きな人

・時間や場所に縛られず働きたい人

・独立・副業したい人

 

動画編集に向いていない人の特徴

・コツコツ作業が全くできない人

・人と一切コミュニケーションを取りたくない人

・納期を守る意思がない人

・動画に全く興味がない人

 

まとめると上記の通りです。

 

前述通り、動画編集に向いている人・向いていない人の特徴はありますが、そもそも向き不向きを気にする必要は一切ありません。

 

それよりも、実現したい未来に対して、動画編集がその手段になるなら、まずは行動を起こすことの方がよっぽど大切です。

 

動画編集は未経験からでも習得できる上に、動画市場が成長している分、需要は高く、肝心の動画編集者は圧倒的に足りていません。

 

動画編集を始めるなら、間違いなく今ですよ。少なくとも、今このタイミングでスキルを身につけておけば、動画編集を生涯の仕事にせずとも、困ったときは動画編集で月5〜10万円くらいをいつでも市場から引っ張ってくることができます。

 

そういうスキルがあるとないでは、人生の安定度はまるっきり変わってきます。

 

動画編集は短期集中でやれば数ヶ月でも案件獲得レベルには到達できます。だからこそ、この先数ヶ月を使い、人生を豊かにする動画編集スキルを習得しましょう。

 

その頃には、向き不向きを考えていた頃の自分が、遥か遠い昔のように感じると思いますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。