動画編集者の年収・収入はどれくらい?気になる懐事情を解説

動画編集者の年収・収入はどれくらい?気になる給料事情を解説

「動画編集者の年収・収入って、実際のところどれくらいなんだろう?」と思っていませんか?

 

動画編集者は、今人気が急増している仕事です。それもそのはず、動画領域は現時点でも需要が高く、今後はさらに市場が成長していくことが強く予想されています。

 

加えて、動画編集は会社に依存しない「手に職」です。食いっぱぐれない安定するスキルとして、稼げるスキルとして、動画編集を学ぶ人が増えているのは、自然な流れだと思います。

 

とはいえ、実際はどの程度の年収・収入を目指せるのか、いまいちイメージがつかないですよね。

 

そこで本記事では「動画編集者の年収・収入事情」について、以下項目を解説します。

 

本記事の内容

・動画編集者の年収・収入事情

・動画編集者で高年収を実現している人の特徴

・動画編集者として高年収を実現する方法

 

本記事を読めば、動画編集者の年収はもちろん、どのように行動していくと年収を上げやすいか、具体的な方法までわかりますよ。

 

動画編集者・映像制作者の平均年収・収入事情

まずは動画編集者・映像制作者の平均年収・収入事情をご紹介します。

 

動画編集者・映像制作者の平均年収(雇用形態別)

雇用形態年収・時給
正社員年収386万円
派遣社員平均時給1,599万円
アルバイト・パート1,100円

 

カカクコムの運営する「求人ボックス」によると、動画編集者(正社員)の平均年収は386万円となっています。

 

動画編集者・映像制作者の平均年収(地域別)

地域年収
関東年収478万円
関西年収375万円
その他年収396万円

 

一方で「地域別」で見ると、関東圏の平均年収は478万円となっており、特に高い年収となっています。

 

動画編集者・映像制作者の平均年収(年齢別)

年代年収
新卒年収360万円
20代年収400万円
30代年収440万円
未経験年収340万円

 

一方で年齢別で見ると、上記のような平均年収となっています。年齢が上がるほど平均年収は上がっていきます。

 

このように、動画編集者の平均年収は、雇用形態や地域、年齢によって変わります。

 

ここまでを踏まえると、動画編集者・映像制作者として年収を上げたいなら「関東圏で正社員で働き、経験を重ねていくこと」が、確実なキャリアとなります。

 

動画編集者・映像制作者の年収・収入は「働き方」によって変わる

動画編集者・映像制作者の一般的な年収をお伝えしましたが、年収・収入は「働き方」によっても変わります。

 

ここでは、どんな働き方をしている動画編集者・映像制作者に高年収が多いかを紹介します。

 

独立・副業で経験を積めば高年収を実現しやすい

一番わかりやすいのは「独立」や「副業」をしながら、経験を積んでいくことです。

 

そもそも動画編集や映像制作は「副業」や「独立」でできる案件が多いです。そのため副業・独立の働き方を選択する人は多く存在します。

 

独立・副業は会社員と異なり「働けば働くほど、経験値が増え、収入も増えていく構造」です。つまり、最大限まで稼働すれば、年収を上げること自体は可能です。

 

もちろん、そうやって一人で編集をこなしていくと、途中で限界がきます。動画編集は作業に時間を要する上に、1日24時間というはどうやっても伸ばせないからです。

 

そこで、動画編集・映像制作を請け負う「チーム」を作り、チームで案件をこなしている編集者は、高い年収を実現しているケースが多いです。言ってみれば起業のようなものです。

 

自分一人で回せないボリュームの仕事が来た場合、「チーム」を作って、複数人で案件を受注していけば、案件はたくさん請けることができます。

 

もちろん、人に作業をお願いする分、利益率は低下します。ですが、他人の労働力も使いながら受注していけば、売上・収入はどんどん増えていきます。

 

そのように仕組み化しながら案を請けている動画編集者・映像制作者の上位層には「年収1,000万円以上」を得ている人も実際に存在します。

 

もちろん、前述通り、関東圏の動画編集者の平均年収は478万円ですので、1,000万円を得るような人は割合としてはかなり少ないことも事実です。ですが「夢」はありますよね。延長線上にそういう未来もあるのですから。

 

特に関東圏であれば平均年収が478万円ですから、一般的なサラリーマンの平均年収が「約420万円」に対して上を行っています。

 

平均年収は決して高くはない水準ですが、悪くもなく、むしろ副業や独立しやすいことを考えると、動画編集・映像制作は良い仕事だと思いますよ。

 

あわせて読みたい

動画編集で副業する方法は「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!収入を得るまでのステップを解説」にて。

フリーランスを目指す方法は「フリーランスの動画編集者になる方法を徹底解説【完全ガイド】」で紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

 

動画編集者・映像制作者として年収を高める方法

動画編集者、映像制作者として、現実的に年収を高めていく方法は大きく3つあります。

 

動画編集者として年収を高める方法

1. 動画編集の技術を身につける

2. 動画編集者をディレクションする立場に回る

3. 動画編集だけでなく、企画やマーケティングまで一括でできるようになる

 

それぞれ解説します。

 

1. 動画編集の技術を身につける

まだ動画編集の仕事を一人前にできる技術がない場合、まずは動画編集の技術を身につける必要があります。

 

動画編集で収入を得る技術はそこまで難しいものではなく、正しい方法で学べば再現性高く習得できます。

 

例えば「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の徹底比較」で紹介しているような動画編集スクールを利用すれば、最短1ヶ月程度でも、動画編集の実践的な技術を一通り磨くことは可能です。

 

ですから、まだ基本的な技術を身につけられていない場合は、まずは技術を身につけることがスタートです。

 

動画編集の技術を磨いてステップアップしていくだけでも、個人で月数十万円なら到達できます。数十万円の収入を個人で得ることができれば、会社に依存せず、個人で自由に働くこともできる水準ですよ。

 

2. 動画編集者をディレクションする立場に回る

「動画編集で月数十万円の収入を得られるようになったけど、自分一人だと限界が来てる….」という場合、次のステップは「動画編集者をディレクションする立場に回ること」です。前述した事例ですね。

 

例えば、動画編集者を数人集めてチームを作り、あなた自身がプロジェクトをリードし、案件も受注をしていきます。受注した案件を動画編集者にお願いすることで、収入は減るものの、こなせる案件数を一気に増やすことができます。

 

こうやって「ディレクションする立場」に回ることで「お金の源流」に近づくことができます。お金の源流に近づくと、結果として収入も上がっていきます。

 

また、このような「人をディレクションし、チームでプロジェクトをこなす経験」は、市場でも高く評価されます。

 

動画編集者のキャリアステップとして、ディレクションする立場に回ることはぜひ入れておきたい道です。

 

3. 動画編集だけでなく、企画やマーケティングまで一括でできるようになる

単なる動画編集だけでなく、企画やマーケティングなど、動画編集の周辺領域までできるようになると、年収を上げやすいです。

 

そもそも動画編集を依頼するクライアントの心情は、動画編集をして欲しいのではありません。

 

動画を通じて、見込み客の集客や自社サービス・商品を販売することで、「売上アップやコストダウンすること」が、本当に実現したいことです。

 

ですので、言われた編集をただこなす動画編集者ではなく、クライアントに利益をもたらせる動画編集者になることが、高収入を得るコツなんですよね。

 

その点で、クライアントを儲けさせる企画やマーケティングができる動画編集者はかなり重宝されます。

 

特にマーケティング領域までカバーすることができるなら「それならこの予算を渡すから、全部良いようにお願い」という風に、一括で数百万円、数千万円単位の予算をもらえることも多々あります。

 

ここまで来たら、もう動画編集者というより「動画マーケティングのプロ」ですね。今後の時代の流れを考えると、動画マーケティングが伸びることは明白です。動画編集者が最終的に目指すところはここだと思います。

 

以上をまとめると、

 

  1. 動画編集の技術を磨く
  2. 動画編集者をディレクションする立場に回り、チームで案件をこなす
  3. 動画編集だけでなく、マーケティングなどの周辺領域もできるようになる

 

これらが、動画編集者・映像制作者として、年収を上げていく王道となります。

 

まとめ

最後に、動画編集や未経験からでも始めやすい仕事です。

 

前述通り、最近だと「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較」でまとめているような良質な動画編集スクールがあります。

 

こういったスクールで短期集中で学習すれば、月数万円程度なら、1〜3ヶ月でも得ることは可能です。特に、早ければ以下記事で紹介しているように、開始1ヶ月で最初の収入を得ている人もいますよ。

 

参考:【最速】動画編集を1ヶ月で習得し、収入を得る方法【事例あり】

 

前述通り、動画編集の技術を高めていけば、個人で月数十万円を稼ぎつつ、時間や場所に縛られない、自由度の高い生活を送ることもできます。

 

加えて、動画編集の周辺領域である「動画マーケティング」ができるようになったり、あるいは「ディレクション能力」をつければ、月100万円以上など高収入を得るチャンスも、動画領域にはあります。

 

だからこそ、動画編集で高収入を実現したいと考えているなら、今はチャンスだと思います。

 

いずれにしても、動画編集スキルは手に職ですから、身につけておいて損は一つもありません。習得まで時間も多くかからないスキルだからこそ、このタイミングで短期集中で、学習されてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。