動画編集は安すぎ?実際の単価と高単価を実現するルートを解説

【実際どう?】動画編集は安すぎ?単価事情を解説

動画編集の需要の高まりに伴い、未経験から動画編集を始める方はとても増えています。

 

とはいえ「動画編集者は増えすぎ?もうオワコン?今後の将来性」でも詳しくまとめている通り、最近は動画編集者の数も増えています。編集者の数が増えているため、

 

  • 動画編集は安すぎるんじゃないか…?

 

このように、動画編集は安すぎ・低単価を不安に感じている方は多いです。

 

結論からお伝えすると、動画編集は安すぎる単価の案件も確かにありますが、その中でも高単価案件を獲得し、高収入を得ている動画編集者もたくさん存在します。

 

そこでこの記事では、

  • 動画編集は本当に安すぎるのか?
  • 動画編集のリアルな単価事情
  • 高単価の動画編集者を目指す2つのルート

これらを徹底解説します。

 

この記事を読んで行動すれば、動画編集の単価がわかるだけでなく、これから高単価の動画編集者を目指していけますよ。

 

関連:動画編集はもう稼げない?→実際は稼げる【稼ぐ人の3つの特徴や稼ぎ方】

 

動画編集は安すぎ?どんな仕事をするかによって単価は異なる

動画編集は安すぎ?どんな仕事をするかによって単価は異なる

 

「動画編集は安すぎ」

「動画編集は割に合わない」

 

このような声もありますが、結論からいうと、

  • 動画編集の案件には、確かに安すぎると感じる案件もある。
  • 一方、高単価の案件も豊富にあり、高収入を実現している動画編集者も多い

これが結論です。

 

つまり、どんな仕事をするかによって、動画編集者の単価は大きく違うことが特徴です。ですから、

 

  • どういった案件はどのくらいの単価で、
  • どのような案件なら高単価を実現できるか、

 

これらを正しく知り、行動することが、高単価の動画編集者になるために必要なことです。ですのでここからは、動画編集の単価事情と、高単価を実現するためのルートをまとめていきます。

 

動画編集は本当に安すぎ?実際の単価を解説

動画編集は本当に安すぎ?実際の単価を解説

 

「動画編集の単価って、実際いくらなの?」「安すぎない?」という方向けに、動画編集の単価をまとめると次の通りです。

 

動画編集の単価相場
  • Youtubeの動画編集案件:約5,000円/本
    (5分以内の短い動画だと3,000円程度、10分動画だと10,000円以上も)
    →単価は高くないものの、案件数がとても多いため、動画編集がはじめての初心者向き。
  • 結婚式のムービーの作成:約10,000円〜約30,000円/本
    →親しい友人の案件を除き、一生残る作品を作るため、プロとして高いクオリティが求められることが多い。動画編集をある程度経験した中級者向け。
  • 企業のサービス・商品の広告動画の編集:約20,000円〜約200,000円/本
    →企業の本格的なプロモーション等で使われる動画の編集を行う案件。動画編集ですでに生計を立てているような上級者向け。

 

結論、単価を見ると、低単価案件〜高単価案件など、単価には幅があることがわかります。

 

それぞれの単価や仕事内容を簡単にまとめますね。

 

1. Youtubeの動画編集

動画編集の中でも特に人気の「Youtubeの動画編集」は、1本あたり5,000円程度が案件単価の相場です。

 

全ての案件が5,000円かというとそうではなく、5分以内の短い動画だと3,000円程度、10分以上の動画だと10,000円以上の案件もあります。

 

Youtubeの動画編集は「副業」でも始めやすいため、多くの動画編集者はYoutubeの動画編集からチャレンジするケースが多いです。

 

関連:【未経験向け】動画編集の副業の始め方!初心者から収入を得る3ステップ

 

2. 結婚式のムービー作成

結婚式のムービー作成は、Youtubeの動画編集よりも単価が高く、約10,000円〜約30,000円程度です。

 

結婚式のムービーは、新郎新婦にとっては一生残る作品です。親しい友人からのお願い案件を除き、基本的にはプロとして高いクオリティの編集が求められます。そのため、初心者向きというよりは、中級者以上の方の案件です。

 

3. 企業のサービス・商品の広告動画の編集

企業のサービス・商品に関する広告動画の編集・作成は、さらに単価が上がり、約20,000円〜約200,000円です。

 

Youtubeの動画編集、結婚式動画と比べても、単価は一番高いです。企業の本格的なプロモーション等で使われる動画に携わることから、求められるレベルも高めです。そのため、動画編集ですでに生計を立てているような上級者向けとなります。

 

このように、動画編集の単価は、Youtubeの動画編集の3,000円〜10,000円程度から、企業の広告動画の20,000円〜200,000円程度まで、単価は幅広くなっていることが実態です。

 

単価を見ると、低単価案件〜高単価案件など、単価には幅があることがわかります。高単価案件もあることから「動画編集の全ての案件は安すぎ」という意見は誤りであることがわかります。

 

どんな案件をメインでこなすかによって、低単価にも高単価にもなり得るのが、今の動画編集のリアルな単価事情です。

 

関連:フリーランス動画編集者で食べていく方法や仕事・年収相場や収入

 

動画編集で高単価を実現するルート

動画編集で高単価を実現するルート

 

動画編集でどのように高単価を実現していけばいいか、動画編集で高収入・高単価を実現するルートをまとめると次の通りです。

 

動画編集で高単価を実現するルート
  1. 動画編集者として上位層を目指す
  2. ディレクションができるようになる

 

1. 動画編集者として上位層を目指す

動画編集者として上位層を目指すことは、動画編集で高単価を実現する一般的なルートです。

 

増えすぎ?動画編集者の将来性と今後の需要はオワコン?」でも詳しくまとめている通り、最近は動画編集者の数は増えています。

 

「増えすぎて、動画編集はもう稼げないんじゃないか」と不安に感じる方もいますが、結論、動画編集者の数は増えているものの、発注者(クライアント)が求めるスキルレベルの動画編集者は圧倒的に足りていません。

 

今の動画編集市場で起きている状態を図解にすると次の通りです。

 

動画編集は安すぎ?

 

「発注者が求めるレベルって、すごく高いんじゃないの?」と感じるかもしれませんが、求める最低ラインのレベルも決して高くありません。ですが、そのレベルさえも超えていない編集者が多いのが、今の動画編集市場です。

 

本来、発注者が求める最低ラインは、以下のような動画編集スクールで数ヶ月しっかり学べば、十分到達できるレベルです。

 

 

質の高い動画編集スクールで学習し、最低ラインのレベルさえ越えてしまえば、ここまで紹介した相場の単価は十分実現可能な水準ですし、その時点で動画編集者の上位層です。

 

このように、動画編集者として発注者が求める最低ラインをクリアし、動画編集者の上位層になることが、動画編集で高単価を実現するルートです。

 

2. ディレクションができるようになる

もう一つの方法が、動画編集者を束ねて、チームとして仕事をするディレクションができるようになることです。

 

なぜなら、ディレクションができるディレクターポジションであれば、収入相場は高くなるからです。

 

例えば、Youtubeの動画編集者をディレクションする仕事の場合、収入相場は次の通りです。

 

Youtubeの動画編集のディレクションの収入相場
  • Youtubeのディレクション:約100,000円〜約300,000円/月
    →Youtubeチャンネルのディレクターの仕事。動画編集の知識だけでなく、Youtubeチャンネルを伸ばしていくマーケティングスキルも求められる。動画編集者として一定の経験を積んだ上級者向け。

 

Youtubeの動画編集案件は1件あたり5,000円前後が相場でしたが、ディレクション案件となると、「月額の固定報酬で月10万円〜月30万円」などが多いです。

 

月10〜月30万円の案件を1〜2件回せるようになれば、その時点で月20〜月60万円の収入です。フリーランスとして生計も立てていける水準ですし、副業であればかなりの高収入の部類に入ります。

 

ディレクターとしてたくさんの案件を回せるようになれば、作業者の数を増やせば増やすほど、より高収入を目指していけます。それこそ、月100万円以上を稼ぐ事例が多いのも、ディレクターの特徴です。

 

関連:動画編集ディレクターとは?仕事内容や年収・目指すステップを解説

 

このように、動画編集で高単価・高収入を実現していくのであれば、

 

  1. 動画編集者として上位層を目指す
  2. ディレクションができるようになる

 

この2つのどちらかを目指すことが、最短ルートです。

 

未経験・初心者の方がいきなり2のディレクションは難しいため、まずはスキルを身につけ、動画編集者として上位層を目指すことが最短ルートとなります。

 

 

まとめ

まとめると、動画編集者は安い単価の案件はあるものの、正しくスキルを身につけ、正しいルートを進んでいけば、高収入を実現できます。

 

動画編集の経験がまだない方は、まずは発注者が求める最低ラインのレベルを越えるため、質の高い動画編集スクールでスキルを習得していきましょう。

 

質の高いスクールは以下記事でまとめているので、参考にしてみてください。

 

 

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。