40代や50代未経験でも動画編集者になれる!事例や具体的な方法を解説

40代や50代からでも動画編集は始められる!事例や具体的な方法を解説

「40代や50代から動画編集を学んでみたい」

「40代や50代から動画編集者になるのは遅すぎるだろうか」

 

このようにあなたは今悩んでいませんか?

 

5Gなどの始まりにより、動画市場は今後大きな成長を遂げることが予想されています。それに伴い、動画編集者や映像制作者を目指す人が、今は急増している状況です。

 

それもそのはず、動画編集は手に職であり、不透明な現代を生き残る上に強い武器になります。また初心者でも副業を始めやすいので、会社に依存せず食べていくスキルの一つとして、人気が出ることはある意味必然と思います。

 

とはいえ、40代や50代となると、年齢的にも流石に遅いのではと、今から始めても無駄になるのではと、不安に感じてしまいますよね。

 

結論から言うと、40代や50代未経験からでも、動画編集者になることは可能です。

 

そこで本記事では、40代や50代から動画編集を始め、動画編集者になることのリアルについて、詳しく解説します。

 

40代以上で動画編集をしている人の事例もお出ししながら、実態について紹介します。

 

40代や50代から動画編集を始め、動画編集者になれる理由

40代や50代から動画編集を始め、動画編集者になれる理由

 

まず40代以降でも動画編集を学び、動画編集者を目指せる理由は次の二つです。

 

  1. 動画編集スキルはそこまで難しくないから
  2. 動画編集者は需要が高く、40代以降でもチャンスが多いから

 

それぞれ解説します。

 

1. 動画編集スキルはそこまで難しくないから

「動画編集って、なんだか専門的なスキルが必要そうだし、難しいそう…」と感じる方が多いですが、動画編集はそこまで難しくありません。

 

動画編集の仕事をするにあたり、必要なスキルは以下の通りです。

 

  • 動画編集の基本的な技術(テロップ作成、カット、アニメーションなど)
  • 動画編集ソフトを使う技術(Adobe Premiere Proの使い方など)

 

これらの技術が動画編集者になるなら必要ですが、習得までに1年かかるようなものではなく、1〜3ヶ月あれば十分スキル習得できるものです。

 

事実、動画編集スクールは、上記のようなスキルを1〜3ヶ月の期間で学習していきます。加えて、スクール卒業後は、月5万円程度の収入を副業で得られるようになっている人も多いです。

 

もちろん、プロの動画クリエイターを目指すとなると、1〜3ヶ月ではまず無理で、1年でも厳しいです。ですが、動画編集で簡単な案件をこなし、副業収入を得るくらいであれば、正しい方法で学べば、数ヶ月という短期間でも習得できるんですよね。

 

このように、動画編集のスキルは、初心者にとって難しいものではありません。ですから40代や50代から始めても、スキル習得は十分できますよ。

 

2. 動画編集は需要が高く、40代以降でもチャンスが多いから

冒頭でも述べましたが、今は動画市場がとにかく伸びているので、動画編集者の需要がとても高まっています。そのため、40代以降でも、チャンスが多いんですよね。

 

事実、以下はインターネット広告代理店の大手「サイバーエージェント社」が出している、動画広告の市場規模を表した推計です。

 

40代や50代から動画編集を始められる理由

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、2018年の1,843億円から、2年後の2020年には3,289億円と178%の成長を記録しています。

 

また、2020円の3,289億円の市場規模から、3年後の2023年には5,065億円と、3年間で154%成長することも予想されているんですよね。

 

動画広告市場が伸びるということは、企業が動画市場に参入してくることの証です。

 

その時には動画を作る需要が生まれますから、動画編集者の仕事も、需要が高まるんですよね。

 

一方で、肝心の動画編集者の数は、まだまだ足りていないことが実情です。

 

しかも動画編集のような「成果物」が明確な仕事の場合、年齢は何歳だろうがあまり重視されず、求める制作物を納品できるかどうかが重要です。

 

40代や50代となると、成果物がはっきりしていない仕事の場合、年齢がネックでできないことが多いです。

 

その点動画編集は、成果物がはっきりしており、年齢をあまり求められません。ですから、40代や50代未経験であっても、正しく学んでいけばできるんですよね。

 

このように、

 

  1. 動画編集スキルはそこまで難しくないから
  2. 動画編集者は需要が高く、40代以降でもチャンスが多いから

 

この2つの理由が、40代や50代でも、動画編集者になれる理由です。

 

40代や50代で動画編集の仕事をしている方の事例

40代や50代で動画編集の仕事をしている方の事例

 

「動画編集って若い方のイメージが強いけど、40代や50代で動画編集をしている人なんているの?」

 

と思うかもしれませんが、40代や50代で動画編集をしている人は意外と多く存在します。

 

例えば、子供が主役のYoutubeジャンル「キッズ系」のYoutube動画の制作者の多くは、40代以上の方など、いわゆる親世代となります。

 

かつ、キッズ系のYoutuberの多くは、事務所に所属している場合を除き、「副業等」で動画編集をしている普通の40代などが多いです。

 

例えば有名な方だと、DキッズTVのパパさんは40代です。

 

 

このように、Youtubeを自分自身で運営しつつ、Youtubeの広告収益で生計を立てている40代以上の方は、知られていないだけで多く存在します。

 

また、こういったYoutubeチャンネルを自身で持たずとも、「他の動画の編集」を手伝ってあげることで、収入を得ることもできます。

 

こういった仕事は素人だとできないですが、前述通り正しい方法で動画編集の技術を学べば、40代や50代でも数ヶ月程度でスキルを習得し、仕事をすることができます。

 

このように、Youtubeが始まったことにより、動画編集を仕事にしたり、あるいは趣味にする40代以降の方は増えています。

 

家族で思い出を作りながら、その思い出を動画に記録していけるだけでも、かなり価値が大きいと思います。趣味がお金になる、そういう仕事が動画編集なんですよね。

 

 

40代や50代未経験から動画編集を学び、動画編集者になる手順

40代や50代未経験から動画編集を学び、動画編集者になる手順

 

ではここから、40代や50代から動画編集を始める手順を解説します。結論、以下の2ステップとなります。

 

  1. 動画編集スキルを短期集中で学ぶ
  2. 動画編集の仕事にトライする

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 動画編集スキルを短期集中で学ぶ

まずは動画編集スキルを短期集中で学んでいきましょう。

 

ではどうやって学ぶかというと、40代や50代から動画編集を始める場合、基本的に独学ではなく、動画編集スクールを利用することがおすすめです。

 

なぜなら、独学は時間がかかる上に、技術が我流になってしまい、スキルを身につけた後に苦労することが多いからです。

 

40代や50代から動画編集を始めることは遅くはないとはいえ、それでも30代の方と比べると遅いです。なので、時間がかかり、挫折もしやすい独学は、できるだけ避けた方が良いです。

 

しかも、最近は低価格で学べて、しかもオンライン完結で誰かと顔を合わせることもなく、学べるスクールも存在します。

 

そういったスクールを使えば、低価格でスキルを身につけた上で、動画編集を仕事にしておくことが可能です。加えてスクールの場合、仕事を獲得する方法も、プロの動画クリエイターがアドバイスをくれることも多いので、その点でも有利になります。

 

では40代以降の方はどんな動画編集スクールを選べばいいかというと、特におすすめなのは「TechAcademy 動画編集コース」です。

 

TechAcademyはオンラインスクール最大手で、年間数万人以上の受講者がいるスクールです。

 

40代はもちろん、50代や60代の方も受講しているスクールであり、オンラインでプロの動画クリエイター講師とマンツーマンレッスンなので、若い人の中に混じって学習することもありません。

 

動画編集をスクールで学ぶとなると、30万円以上するスクールも多いですが、TechAcademy 動画編集コース」は4週間174,900円から受講できるので、コストパフォーマンスはとても良いです。

 

TechAcademyで学習すれば、40代や50代からでも手に職を身につけ、副業で収入を得たり、動画編集を趣味にすることもできますよ。

 

公式サイトで「無料説明会動画」を観れるので、気になる場合、スマホやPCから無料で観てみることをお勧めします。

 

また他のスクールも検討したい場合、動画編集・映像制作おすすめスクール5選の徹底比較の記事でおすすめスクールを5つピックアップしているので、よければこちらも参考にしてみてください。

 

2. 動画編集の仕事にトライする

動画編集スクールでスキルを学んだら、あとは動画編集の仕事にトライするのみです。

 

一番オーソドックスな方法は「誰かの動画編集案件を受注し、編集をして納品する仕事」です。

 

「仕事なんて獲得できない」と不安に感じる婆でも大丈夫です。最近だとクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトを利用すれば、仕事を依頼したい人はすぐ見つかります。

 

こういうところで最初は経験を積みつつ、スキルアップを目指していくことをおすすめします。

 

または、自分自身でYoutubeチャンネルを開設し、Youtubeの広告収益を得ることも一つの道です。先ほど紹介したキッズ系動画など、やり方は無数にあります。

 

あるいは、いきなり仕事にせずとも、まずは「趣味」として、動画編集をやってみることも良いでしょう。

 

家族や子供の動画を撮影し、それを自分なりに編集して家族で楽しむことも、すごく楽しいライフワークになりますよ。

 

このように、動画編集スキルを身につけると、人生の選択肢・楽しみは広がります。

 

なお、動画編集で実際に仕事をしてみたい場合、副業案件の獲得方法は「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!収入を得るまでのステップを解説」の記事で詳しく解説しています。

 

40代や50代の方でも、ここに書いてある方法で行動すれば、案件を獲得することは可能ですよ。

 

まとめ

40代や50代からでも動画編集は始められる!事例や具体的な方法を解説

 

述べてきた通り、40代や50代からでも、動画編集を学ぶことはできますし、動画編集を趣味にしたり、仕事にすることもできます。

 

マクドナルドの創業者レイ・クロックは、52歳でマクドナルドを創業しました。また、KFCの創業者のカーネル・サンダースは、65歳でKFCを創業しました。それに比べたら、40代から動画編集を始めることなんて、あまりに小さなことです。

 

40代ならまだまだ間に合いますし、これからの人生は、まだまだ可能性に満ち溢れています。

 

加えて、動画編集のような会社に依存しない手に職をつけると、将来の年金不安などの不安もなくなりますよ。いざとなれば、自分自身の手で稼げば良いのですから。

 

そういう「老後の安心」「平穏」を手に入れるためにも、ぜひ、動画編集のスキルを短期集中で学ぶことからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。