30代から動画編集はもう遅い?【まだ間に合います】

30代から動画編集はもう遅い?まだ間に合います

「30代から動画編集を学ぶのって、さすがにもう遅すぎるかな…」

 

と、あなたは今悩んでいませんか?

 

結論からお伝えすると、動画編集を30代から学ぶことは遅くないです。むしろまだまだ間に合います。

 

そこで本記事では、

 

本記事でお伝えるすること

・30代から動画編集を学ぶことが遅くない理由

・30代から動画編集を学ぶ方法

・30代から動画編集を習得した後に目指せるキャリア

 

これらについて、実際に30代から動画編集を学んだ人の事例や、各種統計データも出しつつ、本記事で全て解説します。

 

本記事を読めば「30代から動画編集を学ぶことのリアル」がわかりますよ。

 

30代から動画編集が遅くない理由

30代から動画編集が遅くない理由

 

冒頭の通り、30代から動画編集を学ぶことは遅くないです。理由は次の2つです。

 

30代からでも動画編集を学べる理由
  1. 動画編集は年齢に関わらず、誰でもできるものだから
  2. 実際に30代から動画編集を始める人は多くいるから

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 動画編集は年齢に関わらず、誰でもできるものだから

「動画編集は難しい」と思われがちですが、実はそこまで難しくありません。むしろ、年齢にかかわらず、何歳になっても、誰でも始められるものです。

 

例えば動画編集を行うには、動画編集ソフトの使い方と、動画編集のテクニックの2つを学ぶことが必要です。

 

動画編集ソフトの使い方はそこまで難しくないですし、動画編集のテクニックも、カットや効果音挿入などは、正しい学習方法で学べば、誰でもできるようになります。

 

しかも、動画市場は、今後も成長が強く予想されているため、30代で身につけたスキルが陳腐化することもありません。

 

事実、以下はサイバーエージェントが公開した「動画広告市場規模の推計」ですが、動画市場は「圧倒的な成長」が予想されています。

 

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、動画広告市場が年々拡大していることが見て取れると思います。特に2019年から2024にかけて「約2〜3倍」に成長しています。驚異的な成長です。

 

このように、動画編集は難しくなく、やれば手に職を身につけることができます。加えてそのスキルは、需要の高い市場環境ということもあり、陳腐化することなく、スキルを活かし続けることができます。

 

もちろん、トップレベルのクリエイターを今から目指すことはハードルは高いですよ。そのレベルを30代から目指すのは、相当大変です。

 

それでも、動画編集で食べていけるようになりたい、そのレベルであれば、30代からでも十分習得できます。

 

むしろ、トップレベルのクリエイターにならずとも、十分な収入は得られますし、自由な働き方もしていけます。ですので、あえてトップレベルのクリエイターを目指す必要はないということです。

 

2. 実際に30代から動画編集を始める人は多くいるから

もう一つの理由が「30代から動画編集を始める人は、実際に多くいるから」です。

 

事例を後述しますが、30代から動画編集を学んでいる人はたくさん存在します。むしろ、30代だけでなく「40代」になってから、動画編集を始める人も存在します。

 

マクドナルドの創業者レイ・クロックは、52歳でマクドナルドを創業しました。また、KFCの創業者のカーネル・サンダースは、65歳でKFCを創業しました。

 

それに比べたら、30代や40代から動画編集を始めることなんて、あまりに小さなことです。

 

ですから、全く遅くないですよ。30代ならまだまだ間に合いますし、あなたの人生は、まだまだ可能性に満ち溢れています。

 

だからこそ、「もう遅いかも」と捉えるのではなく、「まだまだ間に合う」と思考を変換しましょう。

 

30代から動画編集を始めた人の話

30代から動画編集を始めた人の話

 

30代から動画編集を学んだ人の実例をご紹介しますね。

 

私の知人に、30代から動画編集を始めた人がいます。元々は営業職でずっと仕事をしていましたが、営業だと「手に職がつかないこと」が、彼はずっと悩みだったんですよね。ですから、

 

「この先、もし会社を放り出されたらどうしよう…」

 

という不安を、20代後半の頃から抱えながら、でもずっと行動できていませんでした。

 

そこで始めたのが動画編集の仕事でした。前述通り、動画領域は現時点でも大きく成長を遂げており、今後更に成長していくことも予想されている市場です。

 

「ここで頑張れば、食いっぱぐれない手に職を身につけられるかも」と思ったことが、30代から動画編集を始めたきっかけだったそうです。

 

それから動画編集の基本から学習し、簡単な動画制作を自分でできるようになりました。その後はクラウドソーシングなどで簡単な案件をこなしつつ、経験を積んでいったそうです。

 

クラウドソーシングは最初の受注が大変ですが、一回こなすことができれば、過去の実績をもとに次の案件を受けていくことができます。

 

その際に、年齢がネックになることは少ないので、30代からでも、動画編集を始め、仕事につなげることができたんですよね。

 

これはあくまで一例ですが、このようにステップを踏み、手に職を身につけ、会社から放り出されたとても食いっぱぐれない、食べていけるスキルを身につけた30代は、世の中多くいますよ。

 

ですから、30代から動画編集は遅くないです。むしろ、まだまだ全然間に合いますよ。

 

30代から動画編集を学ぶ2つの方法

30代から動画編集を学ぶ2つの方法

 

ここからは、30代から実際に動画編集を学ぶ方法を紹介します。

 

結論、30代から動画編集を学ぶ方法は大きく2つあります。

 

30代から動画編集を学ぶ方法
  1. 独学する
  2. 動画編集スクールで学ぶ

 

この2つです。30代の場合、おすすめは2の「動画編集スクールで学ぶこと」です。それぞれのメリット・デメリットについて、解説しますね。

 

1. 独学する

まずは「独学」で勉強する方法です。

 

例えば「動画編集を独学で習得する勉強法【学習ロードマップ】」でご紹介している方法で学習すれば、独学でも動画編集は習得可能です。

 

ただ、30代の方にはおすすめしていません。なぜなら、独学は相応に時間がかかる上に、挫折しやすいからです。

 

独学の場合、教材を揃え、全部自分一人で学習する必要があります。そこで問題なのは、動画編集はわからないことがたくさん出てくることです。

 

プロに聞けば10秒でわかることも、独学でやると、1つのことを解決するのに30分、1時間と時間を消費してしまうこともあります。

 

30代となると、今の仕事でも、一定の責任や、毎日やらなくてはいけないことが多いと思います。その中で、わからないことに対して、毎日何時間も消費しながら学習するのは、正直かなり大変です。

 

もちろん、独学でスキルを習得し、技術を身につけている30代もいます。ですが、全体から見れば少数派であることも事実です。

 

加えて、30代から動画編集を始めることは遅くはないとはいえ、それでも20代に始めた人と比べれば、遅れを取っていることは紛れもない事実です。ですから、ゆっくり学習している時間はないんですよね。

 

ですから、特に30代の場合は、時間がかかり、挫折もしやすい「独学」ではなく、「次の方法」がおすすめです。

 

2. 動画編集スクールで学ぶ

30代におすすめな学習方法は「動画編集スクールで学ぶこと」です。

 

なぜ動画編集スクールが良いかというと、一言でいえば「最短かつ確度高く、実践で使える動画編集スキルを習得できるから」です。

 

動画編集スクールの場合、プロの動画クリエイターが、学習を徹底サポートしてくれます。「仕事で使えるスキル」を無駄なく、効率的に教えてくれるので、余計なことに学習の時間を使うことなく、最短ルートで技術習得できることが特徴です。

 

また、わからないことがあれば、いつでも相談することができることも大きいです。前述通り、独学だと、プロに聞けば10秒でわかることに、30分、1時間という時間を使うこともあります。

 

動画編集の場合、悩んでいるより、どんどん手を動かして学んだ方が、上達スピードは圧倒的に早いです。ですから、「プロにいつでも相談できる」という点だけでも、スクールを利用する価値はありますよ。

 

一方で、スクールの場合はお金がかかるデメリットはあります。ですが、動画編集スキルを身につければ、個人で月10万円くらいの収入は、副業でも得ることが可能です。

 

12ヶ月やれば、それだけで120万円の収入です。仮に100万円の受講料だったとしても、1年以内に回収できることを考えれば破格ですよ。

 

ということで、30代から動画編集を学ぶならスクールがおすすめですが、では30代から動画編集を学ぶなら「どのスクール」が良いか、結論、以下のスクールが30代に強いです。

 

30代に強い動画編集スクール

TechAcademy 動画編集コース【4週間〜12週間の短期実践型の動画編集スクール。オンライン完結】

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG ネット動画クリエイター専攻【4〜6ヶ月の中期実践型の動画編集スクール。上野、池袋への通学メイン】

 

特に30代に強いのはこの2社です。

 

TechAcademy 動画編集コースは、オンライン完結で学べる動画編集スクールです。

 

WEB系オンラインスクールとして最大手であり、最も実績ある安心のスクールです。4週間174,900円と、かなり良心的な価格で受講できます。コスパは間違いなくトップクラスに高いです。

 

もう一つのデジタルハリウッドSTUDIO by LIG ネット動画クリエイター専攻は、より本格的な動画編集・映像制作スクールです。

 

動画領域で転職・フリーランス・副業するためのあらゆるスキルを網羅的に学ぶことが可能です。質で言えば、現状ある動画編集スクールでトップクラスに高いです。

 

この2社であれば、30代からでも年齢をハンデにすることなく、確かな手に職を習得できますよ。

 

どちらも無料体験・無料説明会があるので、気軽に参加してみましょう。30代も多く利用しているので、他の方の事例も聞くことができますよ。

 

あわせて読みたい

その他、30代に強い動画編集スクールは「30代未経験に強い動画編集・映像制作スクール5選【まだ間に合う】」でもご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

30代から動画編集を始めた後のキャリア

30代から動画編集を始めた後のキャリア

 

30代から新しいことを始めることは、とても勇気がいることだと思います。ですが動画編集の場合、30代からスタートしても、いろんなキャリア・人生を作ることができますよ。

 

例えば一番メジャーなのは「動画編集を学んで副業すること」です。

 

今の時代、会社員の給料が右肩上がりになることは、もう期待できません。人口減少、少子高齢化が進む日本では、多くの産業は衰退していきます。つまり、会社の売り上げは減るので、給料が上がるはずがないんですよね。

 

一方で、国の借金は増え続けていますから、税金や社会保障費は今後もさらに高くなります。つまり、給料が下がる、あるいは変わらないのに加えて、税金や社会保険の控除は増え続けるので、手取りはどんどん減っていくんですよね。

 

1900年代後半は、仕事をすればするほど「豊かになれる時代」でした。でも今は、仕事をすればするほど「貧しくなる時代」なんですよね。

 

特に30代の場合、まだまだ定年まで長いです。70代まで働くことが当たり前の年代だからです。ですから、その現実を自覚した上で、自分自身で収入を得られる状態を作ることは死活問題なんですよね。

 

その点動画編集であれば、半年〜1年程度でも、月5万円くらいの副業収入は十分目指せます。

 

1年で60万円、かなり大きいですよ。しかも、動画編集は経験を積んでいけば単価も生産性も上がりますから、月10万円、20万円と、副業収入を増やしていくこともできます。

 

 

また、副業が軌道に乗ってくれば、今の会社を辞めて、「フリーランス」の動画編集者・映像制作者になることもできます。

 

実際に食いっぱぐれないスキル・実績を身につけた状態での独立なので、いきなり30代で仕事を辞めて独立するより、圧倒的にリスクは小さいです。

 

独立するまでに、本業+副業で貯金を貯めておけば、資産運用で安定配当を得ることもできます。配当+動画編集で、セミリタイア的に働くことも、動画編集を30代から学べば、実現できるキャリア・生き方ですよ

 

このように、30代から動画編集を始めると、副業やフリーランスなど、働き方・生き方の選択肢は圧倒的に広がります。控えめに言っても、豊かなキャリアになると思いますよ。

 

 

まとめ

30代から動画編集を始めた後のキャリア

 

最後に、動画市場は圧倒的に売り手市場です。企業からの動画需要は高まり続けており、一方で肝心の動画クリエイターはまだまだ足りていないからです。

 

そのため、30代からでも動画編集を学べば、個人で副業などで案件を請け、本業以外に収入を得ることも十分実現可能です。

 

また前述通り、経験を積んでいけば、将来的には動画一本に絞ることもできます。そうすればリモートワークなど、時間や場所に縛られない働き方も実現していけます。

 

動画編集を学び、本業を辞めて転職することは、リスクはあります。ですが、動画編集を学ぶことや、動画編集を学んで副業することは、リスクなんて一つもないですよ。

 

何より、会社に依存しない、食いっぱぐれない手に職を身につけておくことは、一生今の会社で働ける可能性の少ない30代にとっては必要不可欠です。

 

その手に職として、未経験からでも習得しやすく、成長市場ど真ん中の「動画編集」は、間違いない選択になりますよ。

 

今の日常・仕事に不満や不安があるなら、結局のところ、行動しない限りは現状は何も変わりません。

 

だからこそ、他の誰のためでもない自分の未来のために、良い決断を下せると良いですね。前述通り、動画編集を学ぶことは、リスクなんて一つもないですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。