MiniTool MovieMaker使用レビュー!評判・使い方・料金を解説

MiniTool MovieMaker使用レビュー!評判・使い方・料金を解説

MiniTool MovieMakerは、初心者向けの動画編集ソフトです。この記事では、MiniTool MovieMakerを実際に利用してわかった、MiniTool MovieMakerの特徴・使い方・評判などをわかりやすくレビューします。

 

結論、MiniTool MovieMakerは初心者でも直感的に操作できる上に、簡単に質の高い動画を作れるソフトでした。無料版でも広告なし・透かしなしの動画を出力できるなど、メリットがとても多いソフトでした。

 

これまでたくさんの動画編集ソフトを利用してきた経験をもとに、他のソフトとの違いも比較しながら紹介しますね。

 

 

MiniTool MovieMakerの3つの特徴

MiniTool MovieMakerの特徴は大きく3つあります。

 

MiniTool MovieMakerの3つの特徴
  1. 初心者でも使いやすい動画編集ソフト
  2. 豊富な機能とテンプレートあり!簡単に高品質な動画を制作できる
  3. 無料で広告なし・透かしなしの動画を作れる

 

1. 初心者でも使いやすい動画編集ソフト

MiniTool MovieMakerを一言で表すなら「初心者でも使いやすい動画編集ソフト」です。

 

世の中にはたくさんの動画編集ソフトがありますが、中には初心者にはちょっと操作が難しい、中級者〜上級者向けのソフトも多いんですよね。

 

その点でMiniTool MovieMakerは、まさに初心者でも使いやすい動画編集ソフトという立ち位置です。初心者でも直感的に操作ができるようになっているので、初めての動画編集・映像制作でも、簡単操作で進めることができます。

 

このように、初心者でも使いやすい動画編集ソフトという点は、MiniTool MovieMakerの大きな特徴です。

 

2. 豊富な機能とテンプレートあり!簡単に高品質な動画を制作できる

「本当に初心者でもできるの?」と不安に感じてしまうかもしれませんが、大丈夫です。MiniTool MovieMakerには、豊富な機能とテンプレートが用意されているので、初心者でも簡単に動画制作ができるのです。

 

例えば、MiniTool MovieMakerには豊富なビデオテンプレートがあります。既に用意されたテンプレートを使うことで、初心者でも一定水準以上の動画を簡単に制作できます。

 

しかも、操作はワンクリックなど直感的にできる仕様のため、手軽にハイクオリティな動画を作れる点が魅力です。

 

3. 無料版でも広告なし・透かしなしの動画を作れる

MiniTool MovieMaker使用レビュー!評判・使い方・料金を解説

 

他の動画編集ソフトにはなかなかない、MiniTool MovieMakerの大きな特徴に「無料版でも広告なし・透かしなしの動画を作れること」があります。

 

一般的な動画編集ソフトだと、無料版の場合、広告や透かしが動画内に入ってしまうことが多いです。その点でMiniTool MovieMakerであれば、無料版でも広告や透かしのない動画を出力できます。

 

関連:ロゴなし動画編集ソフト・アプリ7選【無料あり】

 

MiniTool MovieMakerのメリット・デメリット

「初心者でも手軽にできて、広告も透かしもない動画を無料で作れるのはすごいけど、メリットだけでなく、デメリットはないの?」と感じるかもしれません。

 

結論、MiniTool MovieMakerはメリットが多いですが、デメリットもあります。それぞれをまとめると次の通りです。

 

MiniTool MovieMakerのメリット
  • 初めての動画編集・映像制作でも使いやすい
  • 直感的に操作できる
  • 豊富な機能とテンプレートが用意されている
  • カンタンにスタイリッシュな動画を制作できる
  • 無料版でも広告なし・透かしなしの動画を作れる
MiniTool MovieMakerのデメリット
  • 英語表記になっている
  • Macのパソコンでは利用できない(Windowsのみ)
  • 無料版だと動画の長さに時間制限あり
  • 無料版はアップグレード時にお金がかかる

 

MiniTool MovieMakerのデメリットは、操作画面が英語表記になっている点があります。とはいえ、操作はすぐに慣れますので、気にするほどのデメリットではないでしょう。また、対応OSは現状Windowsになっているため、Macのパソコンでは利用できません。

 

一方で無料版の場合はデメリットがあり、それは無料版だと動画の長さに時間制限があることと、アップグレード時にお金がかかることの2点です。

 

無料版の場合、2分を超える動画の出力は月3回までとなっています。月4回以上は動画の出力はできません。

 

また、MiniTool MovieMakerの新しいバージョンが出てきた際にアップグレードをする場合も、無料版はその都度追加費用がかかってしまいます。

 

これらのデメリットを回避するなら、有料版を購入すれば問題ありません。迷ったらMiniTool MovieMakerの有料版の購入がおすすめです。

MiniTool MovieMaker 公式サイトはこちら

 

関連:安い上に本当に質が高い動画編集ソフトおすすめ6選

 

MiniTool MovieMakerの使い方・機能説明

ここではMiniTool MovieMakerの使い方をイメージできるよう、実際の操作画面をお見せしながら解説します。

 

MiniTool MovieMakerで動画編集をする際には、大きく2つの方法があります。

 

  1. テンプレートで用意された動画素材を使う
  2. 自分自身で用意した動画素材を使う

 

今回は初心者でもすぐに動画編集ができる、1の「テンプレートで用意された動画素材を使う」を解説します。

 

  1. 動画のテンプレート一覧へ
  2. 好きな動画のテンプレートを選択する
  3. 動画や画像の挿入・音楽の選択をする
  4. 動画を出力する

 

1. 動画のテンプレート一覧へ

MiniTool MovieMakerの使い方・機能説明

 

動画のテンプレートは「Movie Templates」にあるので、こちらを選択します。

 

2. 好きな動画のテンプレートを選択する

MiniTool MovieMakerの使い方・機能説明

 

動画のテンプレートが複数出てくるので、好きなテンプレートを選択します。

 

3. 動画や画像の挿入・音楽の選択をする

MiniTool MovieMakerの使い方・機能説明

 

この画面で、動画や写真を挿入し、動画の編集を行います。

 

MiniTool MovieMakerの使い方・機能説明

 

音楽も複数用意されており、好きなものを指定できます。

 

4. 動画を出力する

MiniTool MovieMakerの使い方・機能説明

 

動画の編集が終わったら「Export」で動画を出力できます。このように、簡単操作で動画の編集ができるソフトです。

 

関連記事:安い上に本当に質が高い動画編集ソフトおすすめ6選

 

MiniTool MovieMakerの評判・口コミ

MiniTool MovieMakerの評判・口コミを紹介します。

 

利用者の評判・口コミを見ると「本当に使いやすい」「UIが素晴らしく、直感的に操作ができる」といった、良い口コミが見つかりました。

 

 

MiniTool MovieMakerはこんな人におすすめ

ここまでの特徴・メリット・デメリットなどから、MiniTool MovieMakerがおすすめな人をまとめると次の通りです。

 

MiniTool MovieMakerがおすすめな人
  • 完全初心者の人
  • 手軽に高品質な動画を作りたい
  • 無料で広告・透かしなしの動画を制作したい

 

このような方は、MiniTool MovieMakerは特におすすめです。

 

MiniTool MovieMakerの料金・価格

無料版月間サブスク年間サブスクアルティメット
料金0円月1,980円年8,350円→年5,511円年13,800円→年9,108円
使える機能
  • 全てのビデオエフェクト・テキスト・エレメント
  • 1080pの動画エクスポート
  • 広告・透かしなしの動画の出力
  • 2分以内の動画の出力
  • 全てのビデオエフェクト・テキスト・エレメント
  • 1080pの動画エクスポート
  • 広告・透かしなしの動画出力
  • 時間制限なしの動画の出力
  • 1PCに1ライセンス
  • 1ヶ月の無料アップグレード
  • 全てのビデオエフェクト・テキスト・エレメント
  • 1080pの動画エクスポート
  • 広告・透かしなしの動画出力
  • 時間制限なしの動画の出力
  • 1PCに1ライセンス
  • 1年間の無料アップグレード
  • 全てのビデオエフェクト・テキスト・エレメント
  • 1080pの動画エクスポート
  • 広告・透かしなしの動画出力
  • 時間制限なしの動画の出力
  • 3PCに1ライセンス
  • 生涯無料アップグレード
機能制限
  • 2分を超える動画の出力は月3本まで
  • アップグレードが有料
機能制限なし機能制限なし機能制限なし

 

無料版では、2分を超える動画の出力は月3回までと、アップグレードが有料になる、この2つのデメリットがあります。2分を超える動画を月4回以上は制作する必要があれば、有料版を購入することが必要です。

 

有料版も料金がリーズナブルなため、コスパよく、動画編集・映像制作を始めることができます。

 

MiniTool MovieMakerの無料版ダウンロード・有料版の購入方法

MiniTool MovieMakerの無料版ダウンロード・有料版の購入方法ですが、どちらも公式サイトから簡単にできます。

 

  • 無料版のダウンロード:無料版を選択してダウンロードする
  • 有料版の購入:3つのプラン(月間サブスク・年間サブスク・アルティメット)のいずれかを選択し、購入手続きに進む

 

アルティメット版であれば、全ての機能を自由に利用できる上に、アップグレードも完全無料です。

 

迷ったらアルティメット版から検討し、予算的に厳しい場合は月間サブスク・年間サブスクのどちらかを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

まとめると、MiniTool MovieMakerは初心者でも使いやすい動画編集ソフトであり、簡単操作で高品質な動画を作れるソフトです。無料版でも広告なし・透かしなしの動画を作れるなど、メリットの多いソフトです。

 

一方で、MiniTool MovieMakerの無料版だと、2分を超える動画の出力に回数制限があるなど、機能制限があります。迷ったら有料版を購入し、ストレスなく作業をすることがおすすめです。

MiniTool MovieMaker 公式サイトはこちら

 

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画編集・映像制作で長年の経験を持つ現役動画クリエイターや動画マーケター、クリエイターのキャリアに精通した転職エージェント出身者で構成されています。 動画編集・映像制作に取り組む方に向けて、動画編集・映像制作の学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめ動画編集スクールをご紹介しております。 企業様向けの動画編集・映像制作サービス事業の運営も行っております。Movie Worksの運営者情報はこちら