Webマーケティングで独立し、フリーランス・起業する3ステップを徹底解説

Webマーケティングで独立し、フリーランス・起業するステップを徹底解説

「Webマーケティングで独立したいけど、失敗するのが怖いな」

「独立するためにはどんなステップで行動すればいいんだろう?」

「Webマーケティングで独立した人のパターンや、年収が知りたい」

 

このように悩んでいませんか?

 

Webマーケティングの独立に憧れるものの、独立は失敗のリスクもあります。簡単に踏み出せるものではないですよね。

 

でも大丈夫です。本記事でご紹介する知識やステップを知った上で行動すれば、Webマーケティング業界でスムーズに独立することができますよ。

 

私はWebマーケティング歴5年以上、現在は独立して、企業のWebマーケティング支援をWebマーケターとして行っています。

 

周囲の方の手厚いご支援もあり、ありがたいことに数年間は継続して年収1,000万円以上は得られているので、平均以上の結果は出ている立場と思います。

 

実際にWebマーケティングで独立した立場から、Webマーケティング業界で独立する手順を解説しますね。

 

Webマーケティングで独立し、フリーランス・起業する流れ

Webマーケティングで独立し、フリーランス・起業する流れ

 

Webマーケティングで独立し、フリーランス・起業する流れは、大きく3つあります。

 

Webマーケティングで独立する3つのパターン

Webマーケティングで独立する3パターン

1. 企業でWebマーケティングの実務経験を積む→独立する

2. 企業でWebマーケティングの実務経験を積まず、個人で経験を積む→独立する

3. Webマーケティングの経験を全く積まないまま独立する

 

この3つです。

 

一番多いのは、1の「企業でWebマーケティングの実務経験を積む→独立する」、このパターンです。

 

実務経験を積む企業で一番多いのは、インターネット広告代理店ですね。サイバーエージェントやオプト、セプテーニ、アイレップなどのインターネット広告代理店は、いろんな業界の、いろんな会社のWebマーケティング支援を行います。

 

いろんなマーケティングに携われるので知識・スキルの幅が増えますし、クライアントワークが中心なので、取引先とのコネクションもつきやすいです。Webマーケティングで独立するなら、最も独立しやすい典型的なパターンですね。

 

また中には、Webマーケティング会社で実務経験を積んでないものの、個人でWebマーケティングを実践学習し、そのまま独立されている方も多くいます。

 

例えば、Webサイト運営を個人でスタートし軌道に乗せ、そのまま独立するパターンです。実務経験がないまま独立する方では、このパターンが一番多いですね。

 

最後のWebマーケティングの経験を全く積まないまま独立は、数は圧倒的に少ないものの、中には存在します。

 

この場合、個人でWebマーケティングの仕事をするというより、会社を設立して自社でWebマーケターを雇い、会社としてWebマーケティング事業を行うことが多いですね。

 

会社を設立し、組織でマーケティング事業を行う場合、優秀なWebマーケターを採用できれば、事業は回ることとなります。代表は現場に入らなくても良いんですよね。

 

このように、Webマーケティングで独立する流れは、大きく分けると3つあります。

 

Webマーケティングの場合、いきなり起業ではなく、フリーランス独立が多い

Webマーケティング業界で独立する人の多くは、いきなり会社を設立して起業するのではなく、まずフリーランス(個人事業主のWebマーケターになることが大半です。

 

そもそもWebマーケティングのフリーランスって、初期費用がほとんどかかりません。

 

個人事業主なので会社設立の費用もかかりませんし、個人事業主なら確定申告も自分でできるので、税理士費用もありません。

 

また、自宅をオフィスにする方が多いので、オフィス代もかかりません。本当にお金をかけることなく、独立できます。

 

これが会社設立になると、合同会社で10万円弱、株式会社で25万円弱が設立コストでかかってきます。

 

また税理士も売り上げ規模によりますが、年間30〜60万円でかかりますし、法人住民税も均等割として、年間7万円弱は最低でもかかります。

 

こういったコスト面を考えても、最初は個人事業主として、フリーランス独立を選ぶ方が、実際のところ多いです。

 

独立した後の仕事は「クライアントワーク」か「自社サービス」の2択

実際に独立した後の仕事は、以下のように2つにわかれることになります。

 

Webマーケティングで独立した後の仕事

1. クライアントワーク:他人のサービスを成長させる仕事(代表的な仕事:受託・コンサル・広告運用など)

2. 自社サービス:自身のサービスを成長させる仕事(代表的な仕事:Webサービス・メディア運営、ECサイト運営など)

 

それぞれのメリット、デメリットを挙げると次の通りです。

 

独立パターンメリットデメリット
クライアントワーク・収入が安定しやすい
・収入をすぐに得やすい
・収入の上限がある(労働集約なので、年収3,000万円程度がアッパー)
自社サービス・収入の上限がない(レバレッジが効くので、個人で年間数億円も)・収入が安定しない
・すぐに収入には繋がらない

 

このように、真逆の特徴があります。どちらも一長一短ですね。

 

一番多いのは、クライアントワークで生計を立てながら、並行して自社サービスを軌道に乗せていくスタイルです。

 

この方法であれば、目先の生活費を稼ぎつつ、自社サービスで大きな成功も狙いやすいです。

 

とはいえ、ある程度貯金があるなら、それを当面の生活費として、自社サービス一本に振り切る方も中には多くいます。この辺りは個人の価値観で決めていることが多いですね。

 

Webマーケティングで独立するために必要なスキル

Webマーケティングで独立するために必要なスキル

 

結論から言うと、決まったものはありません。

 

ただWebマーケティングで独立し、成功されている方を見ると、以下のようなスキルのいずれか一つ以上は、最低でも持っていることが多いです。

 

Webマーケティング独立に必要なスキル

・マーケティング全般のスキル

・広告運用に特化したスキル

・SEOに特化したスキル

・SNSに特化したスキルなど

 

このようなスキルです。

 

Webマーケティングで独立するといっても、分野は様々です。広告運用代行やSEOコンサルタント、SNSマーケターや、クライアントのWEB担当など、いろんな仕事があります。

 

当然、それぞれで求められるスキルも異なります。広告運用代行であれば広告運用スキルが必要ですし、SEOコンサルタントであればSEOスキルが必要です。SNSマーケターならSNSアカウント運用スキルですね。

 

また上記のような専門スキルに加えて、「顧客目線を持てるか」などの人間的能力も、独立して大きな成果を上げている方は持っていますね。

 

このように、Webマーケティングの中でもどの分野で独立するかによって、必要なスキルは変わります。

 

独立しやすいWebマーケティングスキルは広告運用やSEO

中でも、独立しやすいWebマーケティングスキルは「広告運用」や「SEO」です。

 

例えば「広告運用」はいろんな企業でニーズが高いです。

 

リスティング広告、facebookやTwitterなどのSNS広告、Youtubeなどの動画広告など、企業は広告運用を積極的に行っているものの、社内に広告運用担当者が足りていないことも多いです。

 

ですので、広告運用スキルを学べば、企業の広告運用案件を受託し、手数料をもらって生計を立てることができます。

 

また「SEO」に関しても、正直申し上げると、企業のSEO担当者はそこまでレベルが高くないことが実態です。

 

ですので、個人でSEOでバリバリ成果を出しているような方で、かつその手法を体系化し、一定以上の確率で再現できるのであれば、SEOコンサルタントやSEO施策の実行者としてかなり重宝されます。

 

このように、広告運用とSEOは市場も大きく、需要が高い分野です。最近はSNSアカウント運用案件も増えているように思いますが、まだまだ広告運用とSEOの方が、案件は多いですよ。

 

Webマーケターで独立した後の年収

Webマーケターで独立した後の年収

 

結論から言うと、幅がかなり広いです。なので、以下2つのパターンで解説しますね。

 

  1. フリーランスとして独立した場合
  2. Webマーケティング会社を企業した場合

 

1. Webマーケティングのフリーランスになった場合

Webマーケティングでフリーランスとして独立した場合、多くの方は年収200〜2,000万円前後が多い印象です。

 

年収に幅があるのは、Webマーケティング業界は実力がないまま独立している方も多くいるので、そういった方は仕事獲得に苦労しているからです。

 

一方で、ちゃんと実績を積んだ上で独立し、独立後も継続的に仕事を獲得している方は、年収1,000万円はもちろん、2,000万円近くを稼いでいる人もいます。

 

中には3,000万円以上の収入を得ている人がいるのも、フリーランスWebマーケターの特徴ですね。

 

2. Webマーケティング会社を起業した場合

Webマーケティング会社として起業した場合、年商1,000万円ほどの小規模会社もあれば、年間1〜2億円規模の会社に育て上げる方もいます。

 

フリーランスとして年収1,000万円ほど稼ぎ法人化した方の場合、人を雇ったり、チームを作って組織化して活動しない限りは、年商1,000〜2,000万円程度で頭打ちしていることが多いです。

 

一方で、組織化して、チームでWebマーケティングを行っている場合は、年商5,000万円〜2億円規模の会社を作っている方もいます。

 

年商5〜10億円というと、Webマーケティングだけだとかなり難易度は高いので少数です。ですが、数千万円〜1億くらいであれば、あまり知名度がなくても、実現している企業は実は存在します。

 

Webマーケティングで独立する3ステップ

Webマーケティングで独立する3ステップ

 

ここからは、未経験からスタートし、できるだけリスクを抑えながら、Webマーケティング独立するステップを紹介します。

 

結論、以下の3つのステップで行動がおすすめです。

 

Webマーケティング独立の3ステップ

ステップ1:Webマーケティングスキルを身につける

ステップ2:Webマーケターとして実績を作る

ステップ3:実績をもとに独立する

 

それぞれ解説します。

 

ステップ1:Webマーケティングスキルを身につける

あなたが完全未経験であれば、まずはWebマーケティングスキルを身につけることが必要です。

 

どの分野で独立したいかによりますが、Webマーケティング全般の知識に加えて、広告運用またはSEOスキルを身につけておくと、独立しやすくなるのでおすすめです。

 

独立に必要なWebマーケティングスキルを習得する方法

Webマーケティングスキルを身につける方法は大きく3つです。

 

Webマーケティング独立の3ステップ

1. Webマーケティングスクール・専門学校で学ぶ

2. Webマーケターとして転職し、企業で経験を積む

3. 個人でWebマーケティングの実践をする

 

中でも一番行動しやすいのは「Webマーケティングスクール・専門学校で学ぶこと」です。

 

Webマーケティングスクールであれば、現役マーケターから、現場で使う実践的スキルを学ぶことができます。

 

スクールの場合、受講費用はかかるものの、どんな方でも熱意さえあれば、未来が拓ける道です。難易度は低いですね。

 

一方「企業へ転職する」「個人で実践する方法」も、スキル習得の方法です。

 

例えば「企業へ転職する」の場合、以下のような転職エージェントを使えば、未経験からでも転職できる可能性があります。

 

Webマーケティングに強い転職エージェント

1. マイナビIT AGENT:初心者に親身なエージェント。経歴に自信がない人向け

2. リクルートエージェント:業界最大手のエージェント。求人数は国内トップクラス

 

こういった転職エージェントに登録すれば、Webマーケティング求人を紹介してもらいことができます。どちらも登録・相談は無料なので、相談してみると良いと思います。

 

とはいえ、未経験からWebマーケター転職する場合も、一定レベルのスキルを事前に学んでおく必要があります。ですので、いずれにしても、スクール等での学習は必要となります。

 

また、個人で実践する場合は「Webマーケティングの独学勉強法3つを現役マーケターが解説【実践・学習方法】」で紹介しているような方法で、実践経験を積むこともできます。

 

ただ個人で実践する場合は、時間も労力も相応にかかる上に、挫折率も高いことは覚悟をしておきましょう。

 

もしそれが嫌な場合は、最初のうちはプロから学べるスクール・専門学校で、体系的なスキルを2〜3ヶ月で短期習得がおすすめです。

 

ということで、独立に必要なWebマーケティングスキルを習得するなら、スクール・専門学校を検討することが一番おすすめです。

 

独立に必要なスキルが身につくスクール・専門学校

参考までに、実践的なスキルが身につくWebマーケティングスクールを挙げておきますね。

 

Webマーケティングスクール・専門学校

TechAcademy Webマーケティングコース:広告運用をメインに、SEOスキルまで幅広く学べる。オンライン最大手スクール。

マケキャン:Webマーケターへの転職保証つきスクール。Webマーケターに転職し、経験を積みながら副業したい人におすすめ

デジプロ:広告運用を一人でバリバリできる状態を目指す。広告運用で副業したいなら特に強い

 

この3つがおすすめです。

 

TechAcademy Webマーケティングコースは、Webマーケティングスクールでも最大手のスクールです。広告運用をメインにSEOスキルまで、実践的スキルをオンラインで学習できます。

 

マケキャンは、Webマーケティング学習だけでなく、Webマーケターへの転職保証がついたスクールです。未経験からWebマーケターに転職したい人に特におすすめしたいです。

 

デジプロは、業界トップクラスのWebマーケター講師が在籍している、クオリティ面で言えば国内でも最高峰のスクールです。広告運用に特化しているので、広告運用一人でバリバリできるようになりたいなら最もおすすめです。

 

どのスクールも費用は20〜65万円ほどかかりますが、Webマーケティングスキルを身につければ、独立して年収1,000万円以上を稼げる可能性も十分あります。

 

その可能性を考えると、どのスクールも受講費用は安いものだと思います。最大手のTechAcademy Webマーケティングコースは2ヶ月25万円以下で受講できるので、値段面では最も良心的です。

 

どのスクールも「無料体験」や「無料カウンセリング」をやっているので、検討材料として活用してみると良いんじゃないかなと思います。

 

ステップ2:Webマーケターとして実績を作る

Webマーケティングのスキルを学んだら、次は独立に向けて「実績作り」をしていきましょう。

 

方法としては、大きく2つあります。

 

Webマーケターとして実績を積む方法

1. Webマーケターの社員として、企業で実務経験を積む

2. Webマーケターの副業等で、個人で実務経験を積む

 

一つ目の「Webマーケターの社員として、企業で実務経験を積む」は、前述したスクール等で学習した後に、転職エージェント等でWebマーケター転職し、そこで実務経験を積む方法です。

 

体系的なスキルを身につけた上なら、未経験でもWebマーケター転職している人は多いです。この方法は最も現実的なキャリアルートですね。

 

もう一つが、今の会社を辞めることなく「副業等」で、実際にスモールスタートしてみる方法です。

 

Webマーケター転職できなかった場合や、あるいは転職はしたくない場合に有効ですね。

 

例えば広告運用で独立したいなら、自分で広告運用で商品を売ってみるなどです。今は自分の商品がなくても、アフィリエイトで他人の商品を販売することは容易な時代です。

 

またSEOで独立したい場合も、SEOサイトを自分で一から構築し、サイトを成長させる経験は一人でも積めます。

 

これらの方法の場合、うまくいけばそのまま収入につながるので、独立もしやすくなります。

 

このように「企業で実務経験を積むこと」または「個人で実務経験を積むこと」を、このフェーズでは行っていきましょう。

 

ステップ3:実績をもとに独立する

ステップ2で実績ができたら、その実績をもとに独立に向けて動きましょう。

 

いきなり独立が怖いという場合は、最近はフリーランス・副業向けのエージェントも存在します。こういったエージェントに登録・相談すれば、今のスキルでできる仕事を紹介してもらえます。

 

ここで案件を獲得できそうなら、仕事を獲得した状態で独立できます。また、それでも自信がなく、怖い場合、1〜2案件を副業として経験を積んだ後、独立することも可能です。

 

参考までに、フリーランス独立する際に親身に相談に乗ってくれ、かつWebマーケティング求人が多いエージェントはWorkshipというサービスです。

 

Workshipはフリーランス・副業向けの案件サイトですが、副業でもできる案件が豊富です。

 

Workshipには「週1日OK」「土日OK」「リモート完結OK」など、会社員を続けながら参画できる上に、高単価の時給3,000円〜5,000円のマーケティング案件が多かったです。

 

Webマーケティングで独立を目指すなら、Workshipは必ず登録しておきたい副業サイトです。

 

Webマーケティングで独立するデメリットや注意点

Webマーケティングで独立するデメリットや注意点

 

デメリットや注意点は「収入が安定しないこと」です。

 

独立するのですから、仕事を獲得できなければ、当然収入は安定して入ってきません。この点は覚悟する必要があります。

 

とはいえ、今は前述したようなフリーランス・副業向けのエージェントがあるので、事前に案件を獲得した上で、リスクを抑えて独立できます。

 

加えて、Webマーケティングの独立は初期費用がほとんどかからないので、お金の面のリスクも小さいです。

 

さらにいえば、Webマーケティング人材は需要も高いので、仮に独立して失敗しても、また企業へ再就職しやすいです。

 

Webマーケティングほど独立しやすい業界は他にはありません。そういう意味で、独立志向の強い方は、Webマーケティング業界はかなりおすすめです。

 

Webマーケティングの独立まとめ

Webマーケティングの独立まとめ

 

述べてきた通り、Webマーケティングで独立することはおすすめです。

 

Webマーケティングは企業からの需要が高く、初期費用もかからないので、ちゃんとステップを踏んでいけば、独立して食べていくことはしやすいですよ。

 

前述通り、未経験からWebマーケティングスキルを習得するなら、Webマーケティングスクールを使い、短期集中で学習することがおすすめです。

 

前述した3スクール含み、実践的スキルを短期間で習得できるスクールは「Webマーケティングスクールおすすめ5選比較!現役マーケターが体験して厳選」で紹介しているので、気になる場合は続けてチェックしてみてください。

 

Webマーケティングで独立すれば、20代で年収1,000万円はもちろん、年収2,000〜3,000万円以上も夢ではありません。そういう人がゴロゴロいる世界だからです。

 

そんな将来性あるWebマーケティング独立の世界へ、あなたも早く来ましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。