動画編集の仕事に必要な資格は?【結論:資格は必要なし】

動画編集の仕事に必要な資格は?【結論:必要なし】

「動画編集の仕事に就きたいけど資格を取っておけば、少しは役に立つのかな?」

 

…と、悩んでいませんか?

 

未経験から新しい仕事にチャレンジする際に、武器になるのが「資格」です。

 

実際のところ、未経験から動画編集にチャレンジしたい人の中にも、資格を取得することで「何かしら有利になるんじゃないか?」と、考える方は多いです。

 

ですが、結論からお伝えすると、動画編集の仕事をする上で、資格は必要ありませんし、大して役にも立たないことが実情です。ですから、わざわざ資格を取る必要はないんですよね。

 

ということが結論ですが、本記事では、

 

  1. 動画編集の仕事に資格が必要ない理由
  2. 動画編集者が資格を取る以上に大切なこと

 

これらについて、動画編集の仕事の「リアル」を解説します。

 

本記事を読めば、動画編集の仕事に本当に必要なことがわかり、結果として、動画編集を仕事にして、豊かな人生を手に入れることもできますよ。

 

3分ほどで読める文量ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

動画編集の仕事に資格が必要ない理由

動画編集の仕事に資格が必要ない理由

 

動画編集の仕事に資格が必要ない理由は以下3つです。

 

動画編集に資格が必要ない理由

1. 資格がなくてもできる仕事だから

2. 資格を取っても有利になる場面が少ないから

3. 何より、資格を取る以上に重要なことがあるから

 

それぞれ解説します。

 

1. 資格がなくてもできる仕事だから

そもそも世の中の「資格」は、大きく以下2つに分けることができます。

 

  1. 資格を持っていないとできない仕事
  2. 資格を持っていなくてもできる仕事

 

この2つです。

 

資格を持っていないとできない仕事とは?

まず1の「資格を持っていないとできない仕事」は、資格を取らないと、仕事自体ができない職業です。

 

例えば、税理士、弁護士、行政書士などの士業を始め、宅建などがこれに当てはまります。

 

このような資格がないとできない仕事において、資格取得は死活問題です。なぜなら資格を取らないと、仕事にならないからです。

 

例えば税理士であれば、税理士業務を行うために「税理士資格」が必要不可欠です。また不動産売買であれば、物件売買をする際に「宅建資格」が必要不可欠となります。

 

このような「資格取得=仕事が成立する仕事」においては、資格を取っておくことで、企業から評価されることがよくあります。なぜなら前述通り、資格がないと仕事にならないからです。

 

資格を持っていなくてもできる仕事とは?(動画編集はこちらに入る)

一方で世の中には「資格を持っていなくてもできる仕事」もたくさんあります。

 

例えば「IT関係」は多いですね。ITパスポート試験や基本情報技術者試験などがありますが、これらを取っていなくても、IT系は仕事ができます。

 

今回紹介する「動画編集」もまさにこれで、資格がなかったとしても、編集の仕事を請けることができます。

 

このような「資格がなくてもできる仕事」の場合、企業側の資格ニーズは強くありません。

 

これが一つ目の理由です。

 

2. 資格を取っても有利になる場面が少ないから

「資格を取っても有利になる場面が少ないこと」も、資格が不要な理由です。

 

前述通り、動画編集は資格がなくてもできる仕事ですが、「それでも、全くの未経験よりも、何かしら資格を取っておけば有利になる場面はあるんじゃないの?」と思いますよね。

 

ですが、動画編集分野の資格は、時間をかけて苦労して資格を取ったとしても、資格を評価してくれる企業は圧倒的に少ないことが実情です。

 

もちろん中には、資格取得のために努力したこと自体を、評価してくれる企業もありますよ。

 

ですが、そういった企業ばかりではないですし、むしろそういった企業が圧倒的に少数派であることが事実です。それなら、資格を取る以外で努力した方が無駄がないですよね。

 

このように、「資格を取っても有利にならないこと」が、資格が不要な2つ目の理由です。

 

3. 何より、資格を取る以上に重要なことがあるから

そして何より、動画編集は資格を取る以上に重要なことがあるからです。わざわざ時間をかけて、資格を取る必要はないんですよね。

 

ここまでの話をまとめると、

 

動画編集に資格が必要ない理由まとめ

1. 資格がなくてもできる仕事だから

2. 資格を取っても有利になる場面が少ないから

3. 何より、資格を取る以上に重要なことがあるから

 

以上の3つが「動画編集の仕事には資格は必要ない理由」です。

 

動画編集で資格よりも重要なこととは?

動画編集で資格よりも重要なこととは?

 

結論、「技術を磨き、実績を積むこと」です。これが、資格を取るよりも何倍も重要です。

 

なぜなら、動画編集は「技術」や「実績」で評価される世界だからです。

 

動画編集は資格よりも「技術」と「実績」が重要

具体例を挙げて考えてみましょう。

 

  1. 動画編集の技術・実績は少ないものの、映像関連の資格を持っているAさん
  2. 映像関連の資格は持っていないものの、動画編集の技術・実績が豊富なBさん

 

この2人がいた場合、動画編集の世界で評価されるのはBさんです。なぜなら、動画編集の技術・実績が豊富にあるからです。

 

「動画編集の技術・実績に加えて、資格もあったらさらに良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実際は評価されないことが多いです。

 

むしろ、動画編集の資格を取るためには一定の時間もかかります。それなら、資格の勉強に費やす時間を使い、技術を磨いたり、実績の一つや二つを作った方が、よほど市場価値は上がるんですよね。

 

「資格を取っておけば、何かしら役に立つんじゃないか」と、資格に頼りたくなる気持ちはわかります。特に未経験から新しい分野にチャレンジする際は、資格など武器になるものを求めたくなるものです。

 

ですが動画編集は、資格を取ってもプラスに働くことがとにかく少ないです。

 

ですから、資格取得に時間をかけるなら、動画編集の技術を確実に習得し、一つずつ実績を積んでいくことに時間を使った方が、間違いなく良いですよ。

 

ということで、未経験から動画編集の世界に飛び込みたいなら、資格ではなく、技術や実績を磨くことをおすすめします。

 

動画編集で技術・実績を積む方法

未経験から動画編集を学ぶ方法は大きく以下2つがあります。

 

  1. 独学で学ぶ
  2. 動画編集スクールで学ぶ

 

初心者に最適なのはスクールで学ぶこと

中でも初心者におすすめなのは2の「動画編集スクール」で学ぶことです。なぜならスクールで学んだ方が、実践で使える技術を、最短で、挫折することなく習得していけるからです。

 

動画編集は『動画編集を独学で習得する勉強法【学習ロードマップ】』で紹介している方法を使えば、独学でも学べないことはないですが、時間も労力も相応にかかる上に、途中で挫折しやすいんですよね。

 

たった1ヶ月だけプロから学ぶだけでも、プロの型を学べますし、何より未経験にとって一番不安な「案件獲得の方法」「転職方法」なども、スクールであればプロから教わることができます。1ヶ月でもスクールを短期で利用しておくと、学習した後がかなり楽になるんですよね。

 

ですから、もしあなたが確実に動画編集のスキルを身につけ、人生を豊かにしたいなら、迷うことなくスクールで学ぶと良いですよ。

 

….とはいえ、動画編集スクールといっても、質が良いスクールもあれば、残念ながら質が悪いスクールもあります。

 

なので、本当に質が良いスクールを選ぶことが、スクールを利用するなら特に重要です。

 

参考までに、本当に質が高く、受講者の評判も良いスクールは「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較」でまとめています。

 

迷ったらこの中のスクールから選び、学習すると間違いないです。実践で使える技術力はもちろん、未来のキャリアに活きる「制作実績」を作るためのノウハウもがっつり学べるスクールです。

 

技術を磨いたら、個人で案件を請けて実績を積む

スクールで「技術」を学んだ後は、個人で案件を受けて「実績」を積んでいくことが成功パターンの一つです。

 

動画編集は「副業」でも案件が豊富なので、社会人の方であれば、今の会社を辞めることなく、副業で実績を積むこともできます。

 

副業が軌道に乗っていけば、その後は独立することも実現できます。そうすれば、会社に依存することなく、自分らしい人生を、自分の手に職で実現することもできます。

 

こういったキャリアルートは、資格を取っただけでは、まず実現できません。技術と実績を磨いた先にある未来だからです。

 

動画編集の副業の始め方

動画編集の副業の始め方は「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!収入を得るまでのステップを解説」で解説しているので、参考にしてみてください。

 

それでも動画編集の資格を取りたい方向けの資格

それでも動画編集の資格を取りたい方におすすめの資格

 

ここまで読んできて、「それでも私は動画編集の資格を取っておきたい」と感じた場合、ここまで述べたデメリットは理解した上で、資格取得にチャレンジしてみることも一つの方法です。

 

もし映像分野の資格を取るのであれば、以下の資格が候補です。

 

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、CG-ARTS協会が実施しているCGクリエイター向けの資格です。

 

CGクリエイター検定の資格を取るためには、デザインや2DCGを始め、映像制作に必要な構図・カメラワークなどのスキルが求められます。

 

CGクリエイター検定の資格を取っていることで、動画編集・映像制作分野で全くの知識がないことは、一定伝えることができます。また資格を取るために努力したことも、一部の企業は評価してくれることもあります。

 

とはいえ、資格を持っているからといって、必ずしも「仕事で使える技術・実績がある証明」にはならないことも事実です。

 

またCGクリエイター検定は「CG制作」を目指す方の資格なので、CG制作自体に興味がないなら取る必要はありません。

 

ですから前述通り、資格を取るよりも、技術や実績作りに時間をかけた方が、報われる可能性は高いと思います。

 

 

まとめ:動画編集の仕事に資格は必要ない

まとめ:動画編集の仕事に資格は必要ない

 

述べてきた通り、動画編集の仕事で資格は必要ありません。どうしても資格が欲しいならCGクリエイター検定が必要ですが、動画編集者として食べていく分には必要ないです。

 

ですので、資格を取ることに時間を使うよりも、技術・経験を積むことに、大事な時間を投入することがおすすめです。

 

動画編集は未経験からでもチャレンジでき、個人で稼いだり、企業で働くことができる数少ない分野です。かつ需要が高く、市場も成長しており、かついまなら編集者も足りていない状況です。

 

動画編集を学ぶなら、いまは最高のタイミングです。だからこそ、まずは資格ではなく「技術」を身につけて「実績」を作っていきましょう。

 

今から行動すれば3ヶ月〜半年後には、技術も実績も手にすることはできますし、豊かな未来への一歩を踏み出すことができますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。