教育訓練給付金制度・助成金がある動画編集スクール【2022年最新】

教育訓練給付金制度の動画編集スクール

「国の給付金で教育訓練給付金制度というものがあるみたいだけど、動画編集で利用できるスクールはどこ?」

「そもそも給付金制度ってどんなものなの?助成金は私も利用できるの?」

 

このように、動画編集スクールの教育訓練給付金制度・助成金で悩んでいませんか?

 

教育訓練給付金制度とは、厚生労働省が提供する「国の給付金制度」です。受講料の一部を国から給付金・助成金として補助を受けられるため、通常価格よりもお得な金額で、動画編集スクールを受講できます。

 

とはいえ、教育訓練給付金・助成金を利用できる動画編集スクールは、数がかなり限られることが現状です。

 

そこでこの記事では、動画編集スクールの中でも数少ない「教育訓練給付金制度・助成金を適用できるスクール・学校」を紹介します!

 

「そもそも教育訓練給付金ってなに??」という方向けに、教育訓練給付金制度の概要もわかりやすくお伝えします。本記事を読めば、教育訓練給付金を利用してお得に受講できる動画編集スクールがわかりますよ!

 

なお「できるだけ低価格で動画編集スクールを受講したい!」という方向けの厳選スクールは「安い上に本当に質が高い動画編集スクール5選」でまとめています。給付金適用と比べて、リーズナブルで高コスパの動画編集スクールを厳選しました。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

関連:安い上に本当に質が高い動画編集スクール5選

 

教育訓練給付金・助成金が使える動画編集スクール

教育訓練給付金・助成金が使える動画編集スクールは数がかなり少ないです。ここでは給付金制度を利用できる動画編集スクールを紹介します。

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

教育訓練給付金が使える動画編集スクール
公式サイトヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
コースWeb動画クリエイター総合コース
動画クリエイター総合コース
動画クリエイターコース
費用【Web動画クリエイター総合コース】
678,275円→578,275円(給付金適用後)
【動画クリエイター総合コース】
381,720円/6ヶ月
【動画クリエイターコース】
239,668円/6ヶ月
期間最長6ヶ月まで(3ヶ月など短期も可能)
受講スタイル通学(全国23拠点)+オンライン
就職/転職・副業/独立サポートの有無無料の就職・転職サポートあり

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、教育訓練給付金制度を適用できる、国内最大級の規模&実績を持つ大手動画編集スクールです。

 

全国23校舎あり!通学&オンラインで自分のペースで学習しやすい

全国23校舎を持つ全国規模のスクールのため、自宅や職場、学校の近くの校舎で通学受講ができます。もちろん、オンライン完結で学ぶことも、通学とオンラインを自由に組み合わせた学習も可能です。

 

各校舎にはプロの動画クリエイターが常駐しており、通学&オンラインどちらでも質問し放題です。映像授業が見放題で、オンラインではZoomを使った個別サポートも充実しています。受講スタイルが柔軟なため、自分のペースで学習しやすいスクールです。

 

教育訓練給付金の対象コースあり(国の給付金で最大10万円の支給あり)

ヒューマンアカデミーには合計3つのコースがありますが、どのコースも学習内容も実践的で、未経験からプロの動画クリエイターを目指せます。

 

このうち、最上位コースの「Web動画クリエイター総合コース」が教育訓練給付金の対象コースであり、受講料の20%(最大10万円)が支給されます。各コースの違いをまとめると次の通りです。

 

コース動画クリエイターコース動画クリエイター総合コースWeb動画クリエイター総合コース
学習内容Premiere Pro
After Effects
Web動画広告
ポートフォリオ制作
ビジネスエッセンシャルガイド
制作実践講座(動画)
Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
デザイン基礎
Webリテラシー
Web動画広告
ポートフォリオ制作
ビジネスエッセンシャルガイド
制作実践講座(動画)
Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Webサイト制作基礎
デザイン基礎
XD
UIデザイン
Webリテラシー
Web動画広告
動画撮影
サムネイル・バナー制作
ポートフォリオ制作
ビジネスエッセンシャルガイド
制作実践講座(動画)
期間6ヶ月6ヶ月12ヶ月
給付金制度なしなしあり(最大10万円の支給)
費用239,668円381,720円678,275円
578,275円(給付金適用後)

 

プロの動画クリエイターとして活躍するだけでなく、デザインなど幅広いスキルを身につけてハイレベルな動画クリエイターを目指せる「Web動画クリエイター総合コース」は、最大10万円の給付金を適用できます。

 

かなり本格的なコースのため、他のスクールでこのレベルのコースを受講すると、70〜80万円以上はかかるでしょう。それが給付金を利用すると、678,275円→578,275円で利用できます。かなり高コスパといえるでしょう。

 

キャリアサポートも充実

キャリアサポートも充実しており、コースで学んだことを活かし、クリエイティブ職や動画系企業への就職・転職を手厚くサポートしてもらえます。

 

受講前から卒業後まで、専任のキャリアカウンセラーが二人三脚で就職・転職活動をフォローしてくれるので、未経験でもクリエイターへキャリアチェンジを目指していけます。

 

給付金の詳細や、転職先・副業事例などの卒業生実績は「無料説明会」で聞くことができます。「私が給付金の対象者かわからない」という方も、ヒューマンアカデミーの無料説明会で無料で診断してもらえます。

 

無料説明会は「教室」または「オンライン」で参加できるので、まずは気軽に参加してみましょう。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座 公式サイトはこちら

 

\国の給付金で最大10万円の支給あり!まずは無料説明会へ/

相談は完全無料。無理な勧誘も一切ありません

 

 

動画編集スクールの教育訓練給付金制度とは?

動画編集スクールの教育訓練給付金制度とは?

 

「教育訓練給付金ってそもそもどんな制度なの?よくわからない」という方向けに、教育訓練給付金のことをわかりやすく紹介します。

 

教育訓練給付制度とは?国から給付金として、受講費用の一部を支給してもらえる制度

一言で言えば「一定の受給要件を満たす方は、受講費用の一部を、国から給付金として支給を受けられる制度」です。

 

厚生労働省のホームページによると、教育訓練給付制度は次のように定義されています。

 

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。

引用:厚生労働省

一定の受給要件を満たす方が、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練を受講・修了した場合に、その費用の一部が教育訓練給付金として支給されます。

引用:厚生労働省

 

教育訓練給付金制度には3つの種類あり

教育訓練給付金と一言で言っても、実は3つの種類が存在しています。

 

教育訓練給付金の3つの種類によって、給付金の「給付率」や「対象講座」が変わってきます。

 

教育訓練の種類給付率対象講座の例
①専門実践教育訓練制度最大で受講料の70%を支給
(年間上限56万円)
該当なし
②特定一般教育訓練制度最大で受講料の40%を支給
(年間上限20万円)
該当なし
③一般教育訓練制度最大で受講料の20%を支給
(年間上限10万円)
ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

 

現状、主要な動画クリエイタースクールでは、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の「③一般教育訓練制度」が対象となっています。

 

一般教育訓練給付金制では、最大で受講料の20%(上限10万円)が支給されます。

 

今後は対象スクール・コースが増えてくることが予想されますが、現状でいえば、給付金を適用して受講するなら、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の「③一般教育訓練制度」が選択肢となります。

 

教育訓練給付金の受給対象者

教育訓練給付金を適用するためには「受給対象者」の要件を満たす必要があります。

 

「どんな人なら受けられるの?」という受給要件をまとめると次の通りです。

 

教育訓練給付金の受給対象
  1. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入している+今までに教育訓練給付金を受けたことがない+雇用保険の加入期間が1年以上ある方
  2. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入している+今までに教育訓練給付金を受けたことがあるが、前回受給から雇用保険の加入期間が3年以上ある方
  3. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入していないが、離職してから1年以内である+今までに教育訓練給付金を受けたことがない+雇用保険の加入期間が1年以上ある方
  4. 受給開始時点で在職中で雇用保険に加入していないが、離職してから1年以内である+今までに教育訓練給付金を受けたことがあるが、前回受給から雇用保険の加入期間が3年以上ある方

 

上記いずれかに該当する方であれば、国から給付金の支給を受け、お得に動画編集スクールを受講できます。

 

自身が受給対象かわからなければ、各スクールで直接聞いてみよう

「私は受給対象要件なの?わからない」という方は、動画編集スクールの「無料説明会」や「無料カウンセリング」に参加し、自分自身が受給対象に当てはまるか、直接聞いてみることが一番早くて確実です。

 

特に、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、給付金制度を長年利用している大手スクールです。たくさんの卒業生事例をもとに、あなたが適用できるかどうか、無料で診断してくれます。

 

しかも、ヒューマンアカデミーの無料説明会では、未経験から動画クリエイターを目指す学習やキャリアの悩みなど、どんなことでも無料で的確なアドバイスをもらえます。

 

国内でもトップクラスの実績を持つ大手スクールだからこそ、無料で話を聞いてみるだけでも今後に役立つ情報を聞けるはずです。まずは説明会に参加し、話を聞いてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座 公式サイトはこちら

 

ヒューマンアカデミーを含めて、低価格かつ高コスパで受講できるスクールは「安い上に本当に質が高い動画編集スクール5選」でまとめています。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

今回紹介した教育訓練給付金制度がある動画編集スクールを活用すれば、国から給付金の支給を受け、お得に動画クリエイターを目指せます。

 

給付金の支給を受けられる動画編集スクール

 

一方、現状は給付金を利用できる動画編集スクールの選択肢はかなり少ないです。

 

そのため、より幅広いスクールの中から検討したい方は、以下記事をぜひチェックしてみてください。これまで20校以上の動画クリエイタースクールを取材や調査してきた経験から、自信を持って推奨できるスクールだけを厳選しています↓

 

 

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。