Webマーケティングは大変?やりがいや楽しさは?【実体験から解説】

Webマーケティングは大変?やりがいや楽しさは?現役マーケターが実体験から解説

「Webマーケティングに興味があるけど、実際のところ、かなり大変なのかな?」

「Webマーケティングのやりがいや楽しさ、魅力ってどこにあるんだろう?」

 

こんな風に思っていませんか?

 

Webマーケティングに興味はあるけど、仕事が大変すぎる場合、仕事についていけるか不安ですよね。

 

一方、仕事が大変でも、楽しさややりがいがあれば頑張れるものです。ですから、大変な面だけでなく「やりがい」や「魅力」も含めてWebマーケティングのことを理解しておくことで、不安なくWebマーケティングにチャレンジすることができます。

 

そこで本記事では、Webマーケティング歴5年以上の私が、以下のことについて解説します。

 

  • Webマーケティングで大変だったこと
  • Webマーケティングで楽しさ、やりがい、面白さ、魅力を感じたこと
  • Webマーケティングがおすすめな人

 

私はこれまで上場企業含め、100社以上のWebマーケティング支援をしてきました。現在は独立して、Webマーケターとして活動しています。

 

そのような経験の中で、Webマーケターの大変さややりがいを身をもって経験してきましたので、本記事で私が感じたことを中心にご紹介していきます。

 

Webマーケティングで大変だったこと

Webマーケティングで大変だったこと

 

まずはWebマーケティングで大変だったことをご紹介します。

 

Webマーケティングで大変だったこと

・成果が全く出ないとき

・常に変化し続けないといけないこと

・クライアントによっては、業務量やストレスが大きくなること

 

結論上記が、Webマーケティングの仕事をしている中で大変だったことです。それぞれ解説します。

 

成果が全く出ないとき

仕事をしていて成果が全く出ないときは、Webマーケティングの仕事をしていて、最も大変だったことです。

 

Webマーケティングの世界には正解がありません。自分で「こうじゃないか?」と仮説を立てて、仮説が合っているかを検証する形で、施策を行っていくことが一般的です。

 

そのため、行った施策が全く効果が出ないことも、往々にしてあるんですよね。一回ならまだしも、2回、3回、10回と繰り返しても成果につながらない場合、「きついなぁ」と感じることは多いです。

 

これは私だけでなく、多くの現役Webマーケターなら共感してくれると思います。本当に大変なんですよ(笑)

 

常に変化し続けないといけないこと

常に変化し続けないといけないことも、Webマーケティングの仕事で大変と感じる点です。

 

Webマーケティングの世界は変化がとにかく激しいです。例えば「SEO」で言えば、ここ数年間でものすごい変化が起こってきましたよね。

 

SEOに詳しい人でないとわからないと思いますが、かつて流行っていたブラックハットSEOから、Welq事件をきっかけに、コンテンツ重視のホワイトハットSEOへと、SEO市場は大きく変化しました。

 

この時の変化では、ブラックハットSEOをやっていた企業や個人は、多くが淘汰されてしまったんですよね。

 

また、直近はE-A-Tを重視するアルゴリズムに変化してきており、運営元評価が強く重視されるようになってきました。

 

この時の変化では、ホワイトハットSEOで月1,000万円以上の収益を上げていたサイトでさえ、上記の変化により、一瞬で収益が月10万円以下に落ち込んでしまった、そういうことも実際に起きました。

 

これはあくまで一例に過ぎず、Webマーケティングの世界では、このような変化が本当によく起こります。

 

このように、市場の変化に合わせて、自分自身を変化していけないと、長期的に生き残っていけないんですよね。もちろん、市場の変化についていく分、情報のキャッチアップも常にしないといけません。

 

今の時代、どんな業界にいても変化は求められますが、特にWeb業界の場合、変化のスピードは激しいと思います。

 

クライアントによっては、業務量やストレスが大きくなること

これはクライアントワーク、かつどんなクライアントをどれだけ多く担当するかによりますが、業務量やストレスが大きくなることも、Webマーケティングの大変なことです。

 

Webマーケティングでクライアントワークを行う場合、いろんな業界の企業が顧客となります。

 

その中には、自分が詳しくない業界のマーケティング支援も当然ありますし、クライアントによっては求められる水準が高い顧客も存在します。

 

わからない業界で、かつ厳しいクライアントを担当することになると、必然的に業務量は多くなります。激しい業務量や期待によって、ストレスを感じてしまうWebマーケターも中にはいます。

 

私自身もとある不動産業界のクライアントを担当したときは、求められる水準が高すぎて、相当きつかったことを今でも覚えています。

 

とはいえ、大変な仕事を乗り越えていく分、Webマーケターとしての能力も身につきます。私自身、当時はかなり大変でしたが、いま振り返ると、とても良い経験となりましたよ。

 

以上が、Webマーケティングの仕事をしていて大変だったことです。

 

Webマーケティングで楽しさ、やりがい、面白さ、魅力を感じたこと

Webマーケティングで楽しさ、やりがい、面白さ、魅力を感じたこと

 

一方で、Webマーケティングで楽しさややりがい、面白さや魅力、喜びを感じたことは以下の通りです。

 

Webマーケティングで楽しさや魅力を感じたこと

・自分がやったことが、目に見える形で成果につながったとき

・会社以外で個人で収入を得られたとき

・収入が大きく上がったとき

・クライアントに喜ばれたとき

 

自分がやったことが、目に見える形で成果につながったとき

自分がやったことが、目に見える形で成果につながったときは、Webマーケティングをやっていてよかったなぁと感じる瞬間です。

 

Webマーケティングで大変なことに「成果が全く出ないこと」を挙げましたが、これの真逆ですね。

 

例えばSEOで「こうすれば検索順位が上がるんじゃないか?」と仮説を立て、実際に施策を行った時に順位が爆上がりしたら、この時のアドレナリンは本当にすごいです(笑)

 

Webマーケティングの場合、自分がやった施策が、数字として目に見える形で出てきます。しかも結果がタイムリーに出てくるので、自分のやったことの成果をすぐに実感しやすいんですよね。

 

このように、自分がやったことが目に見える形で成果につながったときは、Webマーケティングをやっていてよかったと、やりがいや面白さを感じる瞬間です。

 

会社以外で個人で収入を得られたとき

これは私の実体験ですが、Webマーケティングスキルを活かして、会社以外で個人で収入を得られたときは、強い喜びを感じました。

 

今の20〜30代の方なら特に共感してくれるんじゃないかと思いますが、将来って本当に不安ですよね。

 

私は現在30代なのですが、将来年金がもらえるかはわからないですし、一方で税金や社会保険などの控除は年々増えています。

 

「このままだと、ヤバイんじゃないか?」という危機感は、常に感じていたわけです。

 

そんな中、Webマーケティングスキルを使い、会社以外で初めて収入を得られたときは、「会社に頼らなくても、個人で生きていけるかも」と、希望が見えた瞬間でした。

 

Webマーケティングは初期費用がかからずスタートでき、個人でも収入を得られ、かつ利益率も高いです。そのため、会社以外で収入を得るなら、まさにぴったりなスキルなんですよね。

 

Webマーケティングスキルを磨いていった先に、会社に依存せず収入を得られる状態になれたことは、Webマーケティングという道を選んでよかったと強く感じた瞬間でした。

 

 

収入が大きく上がったとき

前述した内容の延長線として、収入が大きく上がった時も、Webマーケティングの仕事をやっていてよかったと感じた瞬間でした。

 

Webマーケティングの場合、特に20代や30代で独立している方には、年収1,000万円以上を得ている人はゴロゴロいます。

 

Webマーケティングは会社員だと、年収1,000万円稼げるのは一部の大手企業だけですが、独立すれば、年収1,000万円は至って現実的なんですよね。

 

実際に私も、会社員では年収1,000万円は全くたどり着けませんでしたが、個人で仕事をやるようになってからは、周囲のお力添えもあり、年収1,000万円を超えることができました。

 

給料が上がらない時代だからこそ、スキルを活かして大きな収入を得られるWebマーケティングは、魅力ある仕事だと思いますよ。

 

 

クライアントに喜ばれたとき

最後はコレです。クライアントに喜んでもらえたとき。この瞬間は「Webマーケティングの仕事をやっていてよかったなぁ」と心の底から感じれる瞬間です。

 

これは価値観による部分と思いますが、周囲の人に良い影響を与えられる仕事って、やりがいあると思います。

 

人間は社会との繋がり、自分の存在価値を、本質的には求めるものです。どれだけお金を稼ぎ、自由な時間があっても、自分が誰かのためになっていないと、人は虚しさを感じるからです。

 

その点Webマーケティングは、困っている人がたくさんいる世界です。ほとんどの人はWebを使ったマーケティングなんてできないからですね。

 

ですから、Webマーケティングができるだけで、困っている多くの人や企業を助けることができるようになります。控えめに言っても、良い仕事だと思いますよ。

 

以上が、Webマーケティングの仕事をしていて、楽しさややりがい、魅力を感じたことです。

 

Webマーケターになってよかった?【良かった!】

Webマーケターになってよかった?【良かった!】

 

結論、よかったです。むしろ、Webマーケターになっていない状態を考えられないほどです。

 

Webマーケティングって「今後も残り続ける仕事」だと思うんですよね。少なくとも、今の20代や30代にとっては、かなり良い仕事だと思います。

 

というのも、Webマーケティングは、商売の根幹である「マーケティング」と、21世紀のトレンドの一つでもある「オンライン」の両方を抑えた、需要ある分野だからです。

 

最近はいろんなスキル習得が流行っていますが、その中でもWebマーケティングは、中長期的に安定して求められる、貴重なスキルであり、市場だと思います。

 

Webマーケティングはどんな人におすすめ?

Webマーケティングはどんな人におすすめ?

 

ここまで紹介した大変な面や、魅力の面を総括して、Webマーケティングは以下のような人にこそ、おすすめしたいです。

 

Webマーケティングがおすすめな人

・目に見える形で結果を得たい人

・会社以外で収入を得られるようになりたい人

・高年収を実現したい人

・周囲に良い影響を与える仕事がしたい人

 

上記いずれか一つでも当てはまる場合、Webマーケティングの仕事は合っていますよ。

 

もし少しでも興味があるなら、まずはWebマーケティング学習から、スタートしてみると良いと思います。

 

未経験からWebマーケターに転職するにしても、個人で稼げる状態を目指すにしても、どちらであっても、Webマーケティングスキルは必要になるからです。

 

Webマーケティングを学ぶ方法としては「独学する」か「スクール・専門学校で学ぶ」の2択です。

 

Webマーケティングを独学で勉強したい場合は「Webマーケティングの独学勉強法3つを現役マーケターが解説【実践・学習方法】」を参考にしてみてください。独学の方法を現役マーケターが紹介します。

 

一方で、プロのマーケターから実践的スキルを短期間で習得できるスクールは「Webマーケティングスクールおすすめ5選比較!現役マーケターが体験して厳選」で紹介しています。こちらも続けてチェックしてみてください。

 

まとめ

Webマーケティング、大変、魅力、やりがい、楽しさ、面白さ

 

述べてきた通り、Webマーケティングは大変な面もありますが、それ以上に楽しさややりがい、魅力がある仕事です。

 

Webマーケティングスキルがあれば、困っている人を助けることができます。人の力になれることって、生きていく上で、すごく重要なことだと思います。

 

また、Webマーケティングは会社に依存することなく、個人で収入を得られるスキルでもあります。前述通り、20〜30代で年収1,000万円以上の収入を得ている人もゴロゴロいる世界です。それだけ収益性や利益率が良い業界ということですね。

 

だからこそ、Webマーケティングに興味があるなら、是非とも、この世界に飛び込んできてほしいなと思います。

 

前述通り、未経験からWebマーケティングの世界に入るには、Webマーケティング学習は事前に必要です。独学で学習したい場合は「Webマーケティングの独学勉強法3つを現役マーケターが解説【実践・学習方法】」を参考にしてみてください。

 

一方、手っ取り早くスクールや専門学校で学習し、早期にWebマーケターへ就職・転職したり、近い将来独立を目指したいなら「Webマーケティングスクールおすすめ5選比較!現役マーケターが体験して厳選」で紹介しているスクール・専門学校を利用することがおすすめです。

 

最後に、今日から行動すれば、3ヶ月後の人生は間違いなく変わります。

 

理想の未来を掴むためにも、このままページを閉じるにではなく、次の行動へ早速移りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。