【結論】Webデザインスクールと職業訓練校はどっちを選ぶべき?

【結論】Webデザインスクールと職業訓練校はどっちを選ぶべき?

未経験からWebデザイナーを目指すなら「本当におすすめのWebデザインスクール7選」でまとめているようなWebデザインスクールが最短ルートですが、中には職業訓練校(ハローワーク)を選択する方もいます。

 

とはいえ、Webデザインスクールと比較すると、職業訓練校のルートを選択する人は少ないため、それぞれの違いは何か、どっちが自分自身に向いているのか、わからず悩んでいるのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、20校以上のWebデザインスクール/学校を取材や調査した経験から、Webデザインスクールと職業訓練校の違いや、Webデザインスクールと職業訓練校が向いている人を徹底解説します。

 

結論、Webデザインスクールと職業訓練校の2つで迷ったら、多くの人にとっては「Webデザインスクール」を利用した方が、希望の働き方を実現しやすいです。

 

最近は教育訓練給付金制度があり、国から受講料の支給を受けながら受講できる「インターネット・アカデミー」や「ヒューマンアカデミーWebデザイン講座」などのWebデザインスクールもあります。

 

インターネット・アカデミー」は受講料の最大70%(56万円)、「ヒューマンアカデミー」は最大10万円を、国から支給してもらえる制度があります

 

インターネットアカデミーやヒューマンアカデミーのようなWebデザインスクールは、職業訓練校以上にコスパ抜群となっています。

 

とはいえ、中には職業訓練校が向いている人もいます。この記事を読めば、両者の違いはもちろん、Webデザインスクールと職業訓練、それぞれ向いている人がわかるでしょう。

 

 

Webデザインスクールと職業訓練校(ハローワーク)の違いは?

Webデザインスクールと職業訓練校の違いは?

 

まずはWebデザインスクールと職業訓練校(ハローワーク)の違いを徹底比較して解説します。

 

Webデザインスクールと職業訓練の違いを徹底比較

Webデザインスクールと職業訓練校の違いを一覧にしてまとめると次の通りです。

 

種類Webデザインスクール職業訓練校
目的就職/転職だけでなく、副業/フリーランス/在宅など、希望の働き方を最短で目指す希望の仕事に就職するために必要な職業スキルの習得
受講スタイル通学
オンライン
通学
オンライン(一部講座のみ)
就職先
大手企業から中小企業まで

中小企業が中心
受講対象者
どんな方でもOK
×
失業者のみ
入学テスト
入学テストなし
×
入学テストあり
費用
15〜80万円前後

無料※テキスト代等は有料
就職サポート
手厚い就職サポートあり

手厚い就職サポートあり
副業/独立サポート
手厚い副業/独立サポートあり

副業/独立サポートは充実していない傾向

 

このように違いがあります。上記項目の中でも特に「重要な部分」を比較しながら解説します。

 

目的

Webデザインスクールと職業訓練では「目的」が若干異なります。

 

職業訓練では「希望の仕事に就職して就くこと」を目的とした学習を行うのに対して、Webデザインスクールでは「より幅広い働き方(就職・転職・副業・フリーランス・在宅ワークなど)」を目的とした学習を行います。

 

あなたが就職以外に、副業・フリーランス・在宅ワークなど、異なる働き方を希望する場合は、現状はWebデザインスクールの方がキャリアサポートが充実しています。そのため、希望の働き方を実現しやすいと言えるでしょう。

 

関連:副業に強いWebデザインスクール7選【案件紹介あり】

 

受講スタイル

受講スタイルは、Webデザインスクールは「オンライン&通学」のどちらも学べるスクールが充実しています。

 

職業訓練はこれまでは通所(通学)がほとんどでしたが、最近は新たな取り組みにより、通所不要のオンライン受講ができる講座も一部出てきています。

 

就職先

就職先は、Webデザインスクールの方が幅広い傾向があります。

 

Webデザインスクールは上場企業・大手企業グループ〜中小企業〜ベンチャー企業などさまざまな就職先が用意されています。Webデザインスクールは競合との競争も激しいため、各スクールは幅広い就職先を日々開拓することに力を入れています。

 

一方の職業訓練は、どちらかというと「中小企業」が就職先として多い傾向があります。職業訓練は公的サービスであり、Webデザインスクールと比べると、自ら企業にアプローチして就職先ラインナップを増やしたり、そういう活動は少ないと言えます。

 

関連:【就職支援が充実】就職・転職に強いWebデザインスクール5選

 

受講対象者

受講対象者は大きく異なります。

 

Webデザインスクールはどんな人でも受講対象です。社会人・主婦・学生・無職の方など、どんな人でも受講が可能になっています。

 

一方の職業訓練校は、受講できる対象者が決まっており、基本的に「失業者」しか利用できません。

 

職業訓練校には2つの種類があり、受講対象者は異なる

職業訓練といっても、実は2つの種類があり、受講対象者も異なります。

 

Webデザインの職業訓練校の2つの種類
  1. 公共職業訓練(離職者訓練)
  2. 求職者支援訓練

 

この2つの受講対象者の違いは「雇用保険を受給しているか or 雇用保険の受給ができないか」です。

 

失業者はどちらでも好きな方を利用できるものではなく、公共職業訓練(離職者訓練)は「雇用保険の受給をしている人が対象」であるのに対して、求職者支援訓練は「雇用保険の受給ができない人が対象(受給が終わった方も含む)」になっています。

 

種類対象者対象者の具体例
公共職業訓練
  • 雇用保険を受給している方
  • 会社を辞めて求職中の方
求職者支援訓練
  • 雇用保険を受給できない方
  • 雇用保険の受給が終わった方
  • フリーランス/自営業の方
  • 主婦の方
  • 就職が決まらないまま学校を卒業し就職を希望している方

 

このように、Webデザインスクールと職業訓練では、受講対象者が大きく異なります。現在会社員で仕事を辞めていない人は、職業訓練は受講できないため、「Webデザインスクールのみ」が対象になります。

 

入学テスト

ほとんどのWebデザインスクールでは入学テストはありませんが、職業訓練校は、失業者であること以外に入学テストに合格することも受講条件となります。

 

入学テストは、職業訓練を実施する各施設で行われます。試験内容は「面接」と「筆記試験等」です。倍率は2〜4倍程度のため、決して簡単なものではありません。

 

Webデザイナーを目指すために職業訓練校にチャレンジした方の感想を探すと「Webデザインの職業訓練の試験で落ちた」という声も散見されます。

 

このように、確実に受講したいなら、Webデザインスクールを選ぶことが必要です。

 

費用

費用面はWebデザインスクールの料金が約15〜80万円と幅広いのに対して、公共サービスの職業訓練校は基本的に無料となっています。

 

職業訓練校は無料ではありますが、テキスト代などは別途有料になるため、0円で受講できるわけではありません。とはいえ、Webデザインスクールと比べると、出費を抑えて受講できることは間違いありません。

 

一方で、最近は国から給付金の支給を受け、お得に受講できるWebデザインスクールもあります。例えば、

  1. 大手Web制作会社が運営するWebデザインスクール「インターネット・アカデミー」は受講料の最大70%(56万円)を、
  2. 日本最大級のWebデザインスクール「ヒューマンアカデミー」は受講料の最大20%(10万円)を、

国から支給してもらえます。

このようなWebデザインスクールを選ぶと、低価格で高品質なWebデザインスクールを受講し、未経験からWebデザイナー就職や転職を実現可能です。

 

関連:教育訓練給付金・補助金制度のあるWebデザインスクール!助成金でお得に学べる

関連:安いけど本当に質が高いWebデザインスクール5選

 

職業訓練よりWebデザインスクールが向いている人

職業訓練よりWebデザインスクールが向いている人

 

ここまでの違いを踏まえて、Webデザインスクールが向いている人は次の通りです。

 

Webデザインスクールが向いている人
  • 幅広い就職先・転職先から仕事を探したい
  • 副業で収入を得られるようになりたい
  • フリーランスとして独立したい
  • 在宅ワークで働きたい
  • 現在仕事をしていて、働きながら通いたい
  • 入学テストを受けたくない(確実に受講したい)

 

このような方は、Webデザインスクールが向いています。

 

 

Webデザインスクールより職業訓練校が向いている人

Webデザインスクールより職業訓練校が向いている人

 

一方で、職業訓練校が向いている人は次の通りです。

 

職業訓練校が向いている人
  • 失業者かつ無料で受講したい

 

職業訓練校の最大のメリットは「失業者であれば無料で受講できること」です。

 

テキスト代は別途有料にはなるものの、国の公共サービスなので、受講料金は無料となっています。とにかくお金をかけずに就職を目指すなら、職業訓練校を選ぶと良いでしょう。

 

品質の良いWebデザインスクール3選

品質の良いWebデザインスクール3選

 

ここでは、Webデザインスクールを検討したい方向けに、品質の良いWebデザインスクール3選を紹介します。

 

品質の良いWebデザインスクール3選
  1. ヒューマンアカデミー Webデザイン講座【国内最大級の大手Webデザインスクール。就職率90.9%。国の給付金で最大10万円の支給あり】
  2. インターネット・アカデミー【世界的な大手Web制作会社のスキルを学べる。手厚いキャリアサポート付き。国の給付金で受講料の最大70%(56万円)支給あり】
  3. DMM WEBCAMP Webデザインコース【低価格でWebデザインスキルを習得。オンライン完結で学べる。大人気な大手スクール。国の補助金で受講料の最大70%(380,800円)支給あり】

 

1. ヒューマンアカデミーWebデザイン講座

品質の良いWebデザインスクール3選
公式サイトヒューマンアカデミーWebデザイン講座
おすすめの目的就職・転職
費用645,663円/6ヶ月(月々8,600円〜)
国の給付金で最大10万円の支給あり
期間最長6ヶ月まで学べる(短期学習も可能)
受講スタイル選べる3つの受講スタイル
1. 通学&オンラインの組み合わせ
2. 通学
3. オンライン
教室の立地国内最大級の全国24校舎あり
【北海道】札幌
【東北】仙台
【関東】新宿、銀座、秋葉原、町田、府中、横浜、大宮、千葉、柏
【東海】名古屋、静岡、浜松
【関西】大阪梅田、大阪心斎橋、大阪天王寺、京都、三宮
【中国・四国】広島、岡山、高松
【九州・沖縄】福岡、熊本、鹿児島、沖縄
就職/転職・副業/独立サポートの有無無料の就職・転職サポートあり

 

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座は、国内最大級の規模と実績を持つ大手Webデザインスクールです。資格取得・就転職の上場企業・大手スクールであり、累計修了者数は100万人を超えています。

 

国内最大級!全国24校舎の通学&オンラインで学べる

ヒューマンアカデミーは、東京・大阪・名古屋・福岡・横浜などの主要都市をはじめ、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地に合計24校舎を持っています。

 

全国の校舎での通学だけでなく、通学とオンラインを自由に組み合わせた受講や、オンライン完結の受講も自由に選んで学習できます。受講スタイルの柔軟性は、他のWebデザインスクールや職業訓練校と比べても圧倒的に優れています。

 

未経験からWebデザイナーを目指す学習カリキュラム&手厚いサポート

学習カリキュラムも本格的で、未経験からプロのWebデザイナーを目指す学習を行うことができます。

 

プロの現役Webデザイナーによる授業をいつでもどこでもオンラインで閲覧できるため、自分のペースで学習が可能です。

 

オンライン&校舎での質問サポートも万全であり、オンラインではZoomを使った個別サポートにも対応しています。

 

就職率90.9%!Webデザイナー就職・転職実績が業界トップクラス

ヒューマンアカデミーは特に「就職」に強く、就職率は90.9%を記録。数あるWebデザインスクールの中でもトップクラスの就職実績があります。

 

未経験からWebデザイナー就職を目指すなら、現状はヒューマンアカデミーWebデザイン講座が特に実績豊富なので、自信を持っておすすめできます。

 

国の給付金で最大10万円の支給あり!補助金を受けてお得に受講できる

加えて、国から認められ、国の給付金で最大10万円の支給を受けることができます。この制度を適用すれば、通常価格よりも10万円も安く、割安受講できます。コスパの高さは抜群です。

 

給付金の詳細や卒業生の就職実績は「無料説明会」に参加すると聞けます。全国24校舎のほか、オンラインや電話でも参加できるため、気になるなら、気軽に話だけでも聞いてみると良いでしょう。

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座 公式サイトはこちら

 

最大10万円の支給あり!無料説明会の予約は簡単30秒/

説明会参加は無料でオンライン実施。無理な勧誘もありません

 

 

2. インターネット・アカデミー

公式サイトインターネット・アカデミー
おすすめの目的就職・転職・副業・フリーランス・在宅ワーク・スキルアップ
費用Webデザイナー入門コース:209,000円(月々5,500円〜)
Webデザイナーコース:367,400円(月々10,560円〜)
受講料の最大70%(56万円)または最大10万円支給の給付金制度あり
期間1ヶ月〜9ヶ月
受講スタイルオンライン&通学
教室の立地東京の新宿・渋谷の2拠点に教室あり
就職/転職・副業/独立サポートの有無無料の就職・転職サポートあり
無料の副業・フリーランス・在宅サポートあり

 

インターネット・アカデミーは、選ばれ続けて27年、国内有数の実績を持つ大手Webデザインスクールです。

 

就職・副業で稼げるWebデザイナーに

就職・転職・副業で稼げるWebデザイナーに」がコンセプトであり、仕事で通用するスキルを習得していきます。

 

インターネット・アカデミーの母体は大手Web制作会社であり、東京大学・東京藝術大学・気象庁など、国内有数のクライアントを抱えています。

 

Webの最前線で培ってきた技術・ノウハウを持つスクールのため、カリキュラムや講師の品質もトップクラスに高いです。

 

キャリアサポートが充実!就職・転職・副業・フリーランスなど、万能型の大手スクール

キャリアサポートも充実しており、就職・転職はもちろん、副業・フリーランス・在宅ワークに向けたサポートも受けることもできます。

 

就職・転職を始め、あらゆる目的に対応した万能型スクールのため、迷ったらインターネットアカデミーを選ぶと間違いありません。

 

受講料の最大70%(56万円)or 最大10万円が支給される給付金コースや、月5,500円から学べるリーズナブルなコースも

インターネットアカデミーは選ぶコースによって、大手Web制作会社のスキルを20万円前後〜30万円台で学べるコスパ抜群のコースや、70万円以上するコースなど、値段の差が大きくなっています。

 

ですが、インターネットアカデミーには、通常価格から割安価格を適用できる、国の給付金制度が業界トップクラスに充実しています。

 

  • 受講料の最大70%(最大56万円)が支給される給付金コース
  • 受講料の最大20%(最大10万円)が支給される給付金コース
  • ひとり親であれば最大193万円が支給されるコース(受講料<支給額となり、余った金額は生活費に利用できる)

 

このように、給付金をうまく活用しながら受講すると、どのコースもかなりコスパよく受講でき、世界的なWeb制作会社の本場の技術を学べます。給付金は賢く利用したいところですね。

 

給付金の詳細を知りたい方や、受講を少しでも検討してみたい方は「無料カウンセリング」に参加し、話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

 

無料カウンセリングでは、給付金対象コースはもちろん、あなたが給付金を利用できるか、給付金を利用すると結局いくらで受講できるかも、全て無料診断してもらえます。

 

大人気スクールのため、直近の予約枠は常に埋まりがちです。

 

お得な給付金制度もいつまであるかわからないため、受講を少しでも考えてみたい方は、いますぐ公式サイトをチェックし、希望の日程を押さえておくと良いでしょう。

インターネット・アカデミー公式サイトはこちら

 

\受講料の最大70%(56万円)支給の給付金制度あり!詳細は無料カウンセリングで/

参加は無料でオンライン実施。無理な勧誘もありません

 

 

3. DMM WEBCAMP Webデザインコース

品質の良いWebデザインスクール3選
公式サイトDMM WEBCAMP Webデザインコース
おすすめの目的副業・フリーランス・在宅ワーク・スキルアップ
費用169,800円/4週〜
受講料の最大70%(380,800円)のリスキリング補助金制度あり
期間4週間、8週間、12週間、16週間のいずれか
受講スタイルオンライン完結
就職/転職・副業/独立サポートの有無無料の副業サポートあり

 

DMM WEBCAMP Webデザインコースは、実績豊富な大手DMMグループが運営している、オンライン完結のWebデザインスクールです。

 

未経験向け!わかりやすいDMM独自の学習カリキュラム

未経験向けのWebデザインスクールであり、Webデザインがはじめての初心者でもわかりやすいカリキュラムがあります。

 

利用するカリキュラムは、DMMに在籍するプロのWebデザイナー陣が監修しており、Webデザインの基礎から実践まで、最短4週間で身につく内容に仕上がっています。

 

最短でWebデザイナーを目指すなら、DMM WEBCAMPは間違いないスクールです。

 

採用通過率10%!プロの現役Webデザイナーがマンツーマンサポート

完全オンラインスクールのため、日々の学習はオンライン上に用意されたカリキュラムを使って学習します。

 

「オンラインだと不安」と感じるかもしれませんが、DMM WECAMPでは採用通過率10%、DMM認定の現役デザイナーが、オンラインで手厚くマンツーマンサポートしてくれるので安心です。

 

わからないことは毎日使えるチャットサポートや、定期開催されるビデオチャットを使い、プロと顔を合わせながら進めていけます。

 

受講料の最大70%(380,800円)支給の補助金制度あり!

さらに、受講料の最大70%(380,800円)支給を受けられる補助金制度もあります。

 

この補助金を使えば、実質負担額は97,600円からと、なんと10万円を切る自己負担額で、DMM WEBCAMPの本格コースを受講できます。

 

インターネット・アカデミーヒューマンアカデミーWebデザイン講座と比べると就職サポートはあまり充実していないものの、その分料金が安いです。

 

一方、DMM WEBCAMPは充実した副業サポートがあるため、副業・フリーランス・在宅を目指す方はもちろん、将来に向けてリーズナブルにスキルアップ・手に職をつけたい方におすすめです。

 

コースや補助金の詳細は「無料相談」に参加すると詳しい話を聞けます。少しでも検討してみたい方は、まずは無料相談に参加してみることをおすすめします。

DMM WEBCAMP Webデザインコース公式サイトはこちら

 

\4週間16.9万円〜。まずはお気軽に無料相談から!予約は簡単30秒/

相談は無料でオンライン実施。無理な勧誘もありません

 

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

種類Webデザインスクール職業訓練校
目的就職/転職だけでなく、副業/フリーランス/在宅など、希望の働き方を最短で目指す希望の仕事に就職するために必要な職業スキルの習得
受講スタイル通学
オンライン
通学
オンライン(一部講座のみ)
就職先
大手企業から中小企業まで

中小企業が中心
受講対象者
どんな方でもOK
×
失業者のみ
入学テスト
入学テストなし
×
入学テストあり
費用
15〜80万円前後

無料※テキスト代等は有料
就職サポート
手厚い就職サポートあり

手厚い就職サポートあり
副業/独立サポート
手厚い副業/独立サポートあり

副業/独立サポートは充実していない傾向

 

Webデザインスクールが向いている人
  • 幅広い就職先・転職先から仕事を探したい
  • 副業で収入を得られるようになりたい
  • フリーランスとして独立したい
  • 在宅ワークで働きたい
  • 現在仕事をしていて、働きながら通いたい
  • 入学テストがいらない(確実に受講したい)
職業訓練校が向いている人
  • 失業者かつ無料で受講したい

 

Webデザインスクールと職業訓練校はどちらもメリット・デメリットがあり、おすすめな人も分かれてきます。

 

失業者かつ無料で受講したい方は職業訓練校が合っていると思いますが、それ以外の方は、Webデザインスクールがおすすめです。

 

その場合、特に以下3つのWebデザインスクールは、品質・実績共に優れていました。

 

品質の良いWebデザインスクール3選
  1. ヒューマンアカデミー Webデザイン講座【国内最大級の大手Webデザインスクール。就職率90.9%。国の給付金で最大10万円の支給あり】
  2. インターネット・アカデミー【世界的な大手Web制作会社のスキルを学べる。手厚いキャリアサポート付き。国の給付金で受講料の最大70%(56万円)支給あり】
  3. DMM WEBCAMP Webデザインコース【低価格でWebデザインスキルを習得。オンライン完結で学べる大手スクール】

 

まずはこの3校から優先的に検討していくと、希望の未来を実現していけると思いますよ。

 

 

ABOUT US
Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画編集・映像制作で長年の経験を持つ現役動画クリエイターや動画マーケター、クリエイターのキャリアに精通した転職エージェント出身者で構成されています。 動画編集・映像制作に取り組む方に向けて、動画編集・映像制作の学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめ動画編集スクールをご紹介しております。 企業様向けの動画編集・映像制作サービス事業の運営も行っております。Movie Worksの運営者情報はこちら