フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選

フリーターやニート向け動画編集・映像制作スクール5選

 

今すぐ申込みしたい方へ

当記事から申込みの多い、フリーター・ニート向け動画編集スクールはこちらです↓

人気No.1:デジタルハリウッド STUDIO by LIG【国内最高峰の動画クリエイタースクール。就職に向けたポートフォリオ制作支援も充実】

人気No.2:TechAcademy 動画編集コース【動画編集の実践スキルを低価格で習得し、就職に活かせる】

人気No.3:ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【安心の大手で就職に強い】

 

「フリーター・ニート向けの動画編集・映像制作スクールはどこなんだろう?」

 

と悩んでいませんか?

 

Youtubeの盛り上がり、5Gの始まりなど、「動画領域」はとにかく勢いがあり、この先5年間の成長も強く予想されています。

 

その中で、動画編集者や映像制作者は圧倒的に不足しており、この傾向はこれから5年でさらに強まっていくことも予想されています。

 

それに伴い、動画編集・映像制作スクールもたくさん生まれてきており、多くのフリーター・ニートの方が、動画編集・映像制作スクール経由で手に職を身につけ、個人で収入を得たり、企業へ就職することに成功しているんですよね。

 

そこで本記事では、フリーターやニートの方が本当に選ぶべき動画編集・映像制作スクールを、数あるスクールの中から厳選して”5社”に絞り、紹介します。

 

今回紹介するスクールは、特に「フリーター・ニートからのスキル習得や、就職に強い動画編集・映像制作スクール」なので、「技術をつけて正社員就職したい」「手に職を身につけて個人で収入を得られるようになりたい」、そんな方に最適なスクールです。

 

本記事を読んで行動すれば、これまでの経歴をハンデにすることなく、今から豊かな未来を創っていくことが可能ですよ。

 

フリーター・ニートの動画編集・映像制作スクールの選び方

フリーター・ニートの動画編集・映像制作スクールの選び方

 

はじめに「フリーター・ニートの方向けの動画編集・映像制作スクールの選び方」について、簡単に話をしておきます。

 

結論から言うと「フリーター・ニートのスキル習得・サポートに強い動画編集・映像制作スクールを選ぶこと」に尽きます。

 

では、フリーター・ニートのスキル習得・サポートに強いスクールはどんなスクールかというと、次の通りです。

 

フリーター・ニートに強い動画編集スクールの特徴
  1. 動画編集・映像制作の実践的な手に職が身につく
  2. 動画編集・映像制作の制作実績・ポートフォリオ制作のサポートがある
  3. 動画関連企業への就職サポートが充実している

 

こういった特徴が、少なくとも2つはあるスクールを選ぶことがベストです。

 

なぜなら、実践的な手に職が身につけば、食いっぱぐれる可能性は少なくなりますし、制作実績/ポートフォリオ制作のサポートが手厚ければ、就職はもちろん、個人で案件獲得できる確率も上がるからです。また就職サポートに強ければ、学習だけでなく、就職まで一貫してサポートしてもらえます。

 

この基準で動画編集・映像制作スクールを見ていくと、基準に合ったスクールもあれば、逆に基準に合わないスクールもあります。

 

だからこそ、上記基準に合う、確かな技術・ポートフォリオを得た上で、万全の状態で就活・案件獲得に臨めるスクールを選びましょう。

 

なお、特にフリーターやニートの方の場合、これまで培ったスキル・実績が少ないことが多いので、「食いっぱぐれない技術を身につけ、安定して働けるようになりたい」と思う人が多いです。

 

ですから今回は、企業への就職はもちろん、個人でも食べていけるような「手に職」が身につく実践的なスクールであり、上記基準を満たしたスクールを紹介します。

 

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選

 

結論、フリーターやニートの方に最適な動画編集・映像制作スクールは次の通りです。

 

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選

1. デジタルハリウッド STUDIO by LIG【就職とフリーランス、どちらも目指せる手に職を身につけたい方向け】

2. TechAcademy 動画編集コース【動画編集の実践スキルをコスパ高く習得したい方向け】

3. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【動画関連の会社に就職したい方向け】

4. たのまな在宅ワーク【お得に動画編集・映像制作に必要なツールを揃え、個人で収入を得られるようになりたい方向け】

5. MovieHacks【Youtube動画編集を低価格で学び、個人で収入を得られるようになりたい方向け】

 

この5つです。それぞれ特徴が違いますが、選び方は上記記載の通りです。

 

各スクールの特徴について、1社ずつ解説します。

 

1. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選
コースネット動画クリエイター専攻
ネット動画ディレクター専攻
動画マーケティング講座
動画編集マスターコース
モーショングラフィックス講座
費用ネット動画クリエイター専攻:385,000円/4〜6ヶ月
ネット動画ディレクター専攻:330,000円3ヶ月
動画マーケティング講座:66,000円/1ヶ月
動画編集マスターコース:66,000円/1ヶ月
モーショングラフィックス講座:66,000円/1ヶ月
期間1〜6ヶ月
受講スタイル通学(上野/池袋)+オンライン
就職/転職・副業/独立サポートの有無案件獲得サポートあり
就職・転職サポートあり

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、フリーター・ニートに最も強い動画編集・映像制作スクールです。

 

特筆点は、動画領域の技術を高いレベルで身につけ、フリーランスとして業務委託案件で働くキャリアも、企業に就職して正社員で働くキャリアも、どちらも目指せることです。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGで学ぶ内容は、動画編集・映像制作の技術はもちろん、動画編集の周辺領域である企画やマーケティングまで広く学びます。

 

しかも、それらを表面だけ学ぶのではなく、仕事で使えるレベルまで、徹底的に学んでいくことが特徴です。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGにはプロの動画クリエイターが多く所属しており、仕事で使うスキルを、無駄なく効率的に教えてくれます。Youtubeやネット周りなど需要の高いスキルが中心なので、学ぶ内容もとても良いです。

 

また、カリキュラムの後半では卒業制作として、就職や案件獲得の際に使える「制作実績」「ポートフォリオ制作」を行います。

 

未経験でもプロのクリエイターが徹底サポートしてくれるので、就職はもちろん、フリーランスとして個人で案件を獲得できる状態に、卒業段階には到達することができます。

 

ですから、フリーターやニートで、これまで実績やスキルが何もなかったとしても、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGで実績・スキルを積んでいくことができますよ。

 

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGにはコースが複数ありますが、最も本格的な技術が身につくのは「ネット動画クリエイター専攻」と「ネット動画ディレクター専攻」です。

 

どのコースが自分に合っているかわからない場合や、自分のキャリアの可能性を知りたい場合、無料説明会で相談することができます。

 

あなたがこれから実現したいキャリア・人生を伝れば、どのコースであれば最も実現しやすいか、どうやって学習を進めていいか、現実的なアドバイスをくれますよ。無料で相談できるので、真っ先に相談してみましょう。

 

\国内最高峰の環境なら/

 

 

2. TechAcademy動画編集コース

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選
コース動画編集コース
費用174,900円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
期間4週間、8週間、12週間のいずれか
受講スタイルオンライン完結
就職/転職・副業/独立サポートの有無なし

 

TechAcademy動画編集コースは、オンライン最大手の動画編集・映像制作スクールです。

 

特徴は、動画編集の実践的なスキルを、コスパ高く学べることです。

 

TechAcademy動画編集コースでは、プロの動画クリエイター講師のもと、動画編集に必要なカット、アニメーション作成などの実践を通じて、仕事で通用するスキルを学んでいきます。

 

カリキュラムの最後ではオリジナル動画制作もあるので、就職・フリーランス独立の際に役立ちます。

 

TechAcademyの学習スタイルは、オンラインに用意されたカリキュラムを自主的に進めていきながら、プロの専属動画クリエイター講師と週2回のビデオチャットを行うことで、疑問や悩みを解消しながら学習を進めていくスタイルです。

 

また、ビデオチャット以外の時間に関しては、常駐しているプロの動画クリエイターに、オンラインチャットで質問し放題となっています。

 

このように、とにかくサポートが手厚いですが、費用は4週間174,900円、8週間229,900円、12週間284,900円と、コスパも良いです。講師やカリキュラムの質の高さを考えれば、もっと高くても良い内容です。

 

TechAcademyを検討したい場合、公式サイトから「無料説明会動画」を観ることができます。百聞は一見にしかず、まずはチェックしてみると良いですよ。

 

\今すぐ無料説明会動画をチェック/

 

 

3. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選
コース動画クリエイター総合コース
動画クリエイターコース
費用【動画クリエイター総合コース】
256,190円/6ヶ月
284,570円/9ヶ月
【動画クリエイターコース】
121,990円/3ヶ月
135,520円/6ヶ月
期間3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月
受講スタイル通学(全国)+オンライン
就職/転職・副業/独立サポートの有無就職・転職サポートあり

 

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、動画編集・映像制作技術の習得だけでなく、動画関係会社に就職したいフリーター・ニートの方に最適です。

 

というのも、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、就職支援に強く、実績も豊富だからです。

 

就職に関しては、希望通りに就職ができるよう、専任のカウンセラーが手厚いサポートをしてくれます。「フリーター・ニートの生活から、今後はどんなキャリアを実現したいか」「そのためにどんな会社で経験を積んでいくべきか」という視点で、現実的かつ希望に沿ったキャリアを提案してくれます。

 

また、ヒューマンアカデミー自体が、Web領域の専門学校として実績が豊富のため、企業とのコネクションも多く持っています。ですので、豊富な求人の中から、あなたに合った求人が見つかりやすい環境です。

 

また、仮に良い求人がなかった場合は、ヒューマンアカデミー側が求人を探してきてくれるサポートもあります。こういうサポートは他スクールはないので、かなり親身な対応だと思います。

 

また教室への「通学スタイル」と「オンライン学習」だけでなく、両者を組み合わせて学べる点も、ヒューマンアカデミーの良いところです。自宅だけでは集中できない場合、通学も選べるのは良いですね。

 

このように、フリーター・ニートから就職目的なら、ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は特に良いスクールです。

 

具体的な就職先は「無料説明会」で聞くことができます。無料説明会も「教室」または「オンライン」で参加できるので、まずは気軽に参加してみましょう。

 

\フリーターから就職するなら/

 

 

4. たのまな在宅ワーク

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選
コース動画クリエイターコース
動画制作コース
費用【動画クリエイターコース】
297,400円/6ヶ月
【動画制作コース】
150,400円/6ヶ月
期間6ヶ月
受講スタイルオンラインのみ
就職/転職・副業/独立サポートの有無在宅案件獲得サポートあり

 

たのまなは、前述したヒューマンアカデミーが提供する「在宅ワーク」に特化したオンラインスクールです。

 

フリーター・ニートの方の活用方法としては、個人で収入を得られるようになりたい場合に、たのまなは合っています。

 

個人で収入を得られる状態から逆算し、必要なスキルに特化して学んでいきますので、半年後には月数万円の収入は得られるような内容となっています。

 

一方、たのまなには就職サポートはないので、就職目的だと不向きであることがデメリットですね。

 

また、たのまなでは、動画編集・映像制作で使えるパソコンを持っていない方向けに、「Macbookを特別価格でセット購入する制度」もあります。

 

このお得な制度を活用すれば、一般には購入できないアカデミック価格(学割価格)で、動画編集・映像制作に必要なMacbookを格安で購入することができます。

 

アカデミック価格(学割価格)と書いていますが、もちろんフリーター・ニートの方でも、アカデミック価格で購入可能です。

 

「フリーター・ニートの状態から、まずは個人で収入を得られるようになりたい、でも必要なツールも何も揃っていない」、そんな状態なら、たのまなが特に合っていますよ。

 

\お得に受講するなら/

 

 

5. MovieHacks

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選
目的学習
費用69,800円/期間なし(LINEサポートは期間無制限)
期間期間なし
受講スタイルオンライン
就職/転職・副業/独立サポートの有無なし

 

MovieHacksは、動画領域の中でも「Youtube」に特化した動画編集スクールです。

 

Youtube動画編集の基礎から実践を、「動画教材」を通じた学習と、「講師のサポート」による二段構えで学んでいくことができます。

 

最大の特徴は、とにかく費用が安いことです。値段は69,800円と破格であり、しかもLINEサポートの期間は無制限となっています。とことん学べるのが良いですね。

 

はなぜここまで低価格を実現できるかというと、SNSフォロワーの多いインフルエンサーが運営しているスクールだからです。広告費がかかっていないんですよね。

 

広告費がかかっていない分、受講費用を低く設定できています。この点は、MovieHacksならではの特徴です。

 

一方、就職実績はあまりないとのことなので、たのまな同様、個人で収入を得る目的が合っています。

 

Movie Hakcs卒業生で、個人で動画編集案件を受注し、収入を得られるようになった人はたくさんいます。Youtube動画編集で、個人で収入を得る目的なら、間違いないスクールですよ。

 

\69,800円で質問し放題・期間無制限/

 

 

まとめ

フリーター・ニート向け動画編集・映像制作スクール5選

 

冒頭でも少し述べましたが、これからの時代は間違いなく「動画」です。

 

多くの企業が動画領域に進出してきており、今後5年、10年は、動画が主役になっていくことは間違いないです。

 

そのような環境ですから、動画編集者・映像制作者の需要も、今後は更に高まっていきます。

 

しかも、動画編集・映像制作者は、フリーランス案件も豊富なので、会社に就職して働くだけでなく、個人で生きていくこともできます。

 

フリーランスの動画編集・映像制作者になれば、高収入はもちろん、リモートワークなど、時間や場所にしばられない自由な働き方も実現可能です。

 

こういう働き方は、今から普通の企業に就職し、10年、20年と働いても、実現することは難しいです。特にフリーターやニートから就職する方が多い、営業職や工場の製造担当、ドライバーなどは、こういう働き方はかなり難しいです。

 

それでも、この先5年、10年と人材不足が続き、かつニーズのある動画領域なら、たった数年でも、それだけの待遇・働き方を実現できるんですよね。

 

だからこそ、今の現状を変えるために動画編集・映像制作が役立つなら、今すぐにでも動画領域での働き方を検討すべきです。動画編集・映像制作は「食いっぱぐれない手に職」ですから、フリーター・ニートからキャリアを作るなら、特に良いスキルです。

 

とはいえ、ここまで読んでも、行動する人は10%もいないと思います。でもこれは裏を返せば、”行動さえ”起こせば、その時点で上位10%には入れるということです。

 

結局のところ、現状に不満を感じていたとしても、行動しなければ、現状は何も変わってはいきません。

 

だからこそ「あの時行動しておけばよかった」と後悔だけはしないよう、他の誰でもない自分自身のために、一歩行動できると良いですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。