動画編集者・映像制作者の5つの魅力ややりがい、楽しさ【リアルを明かします】

動画編集者・映像制作者の5つの魅力ややりがい、楽しさ【リアルを明かします】

いま、動画編集・映像制作は人気が急上昇している仕事です。

 

それもそのはず、動画市場は成長性が高いことに加え、未経験の個人でもスキル習得しやすいです。それこそ月に数万円程度であれば、半年〜1年など早期に得ることもできます。

 

そのような市場だからこそ、動画編集者・映像制作者になりたい人、憧れを持つ人が増えていることも、ある意味自然な流れだと思います。

 

とはいえ、動画編集者・映像制作者には、実際はどんな魅力ややりがい、楽しさや面白さがあるのか、いまいちイメージがつかないと思います。

 

そこで本記事では、動画編集・映像制作者といった動画/映像クリエイターになりたい方向けに、以下のことを徹底解説します。

 

本記事でわかること

・動画編集者・映像制作者の5つの魅力ややりがい、楽しさや面白さ

・動画編集者、映像制作者はどんな人におすすめか

 

本記事を読めば、上記のような動画編集者・映像制作者の魅力がわかりますよ。3分ほどで読める文量ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

動画編集者・映像制作者の5つの魅力ややりがい・楽しさや面白さ

動画編集者・映像制作者の5つの魅力ややりがい・楽しさや面白さ

 

動画編集者・映像制作者の魅力ややりがい、楽しさや魅力をまとめると次の通りです。

 

動画編集・映像制作者の魅力ややりがい

1. 映像を通じて笑顔や感動を生み出すことができる

2. 自分自身の感性やセンスを活かすことができる

3. 動画を通じて、人を動かすことができる

4. 制作・編集したものが作品として残る

5. 自身に実績・スキルが積み上がるので、キャリアの選択肢が広がる

 

一つずつ、わかりやすく解説します。

 

1. 映像を通じて笑顔や感動を生み出すことができる

「映像を通じて、笑顔や感動を生み出すことができること」は、動画編集者・映像制作者ならではのやりがいです。

 

例えば、映像制作ができると、以下のような結婚式などの「祝い事」の際に、映像を創って、友人や知人をお祝いすることができます。

 

 

大事な家族や友人に、動画をプレゼントして感動や笑顔を与えられるのは、動画編集・映像制作者という、クリエイターだからこそできることです。

 

例えば私の知人の動画クリエイターは、結婚式の際に新郎から動画制作をお願いされ、プロモーションから全体を企画して制作、実際の結婚式の際は、会場全体が涙に包まれるほど、感動の場を創り出していました。私もその結婚式に実際に参加しましたが、控えめに言っても感動しました。

 

このように、自分が作った映像を通じて、人々に笑顔や感動を与えられることは、動画編集者、映像制作者ならではの魅力・楽しさだと思いますよ。

 

2. 自分自身の感性やセンスを活かすことができる

動画編集・映像制作の仕事をする際は、動画編集のテクニックはもちろんのこと、感性・センスを活かすことができます。

 

  • どんな映像の切り方・繋ぎ方をすればより良く伝わるか
  • どんなBGMが映像に合っているか

 

などは、一定の型はあるものの、一つ一つの動画作品でオリジナリティを与えることができるものです。

 

その点、自分自身が持つ感性・センスを信じ、動画を創作できることは、動画編集者・映像制作者ならではの楽しみ、やりがいとなります。

 

3. 動画を通じて、人を動かすことができる

先ほどの感動・笑顔とも重なりますが、動画・映像というのは「人の心に深く入り込み、人を動かすこと」ができます。

 

例えば、動画を通じて自社の商品・サービスを広めたい企業や個人に向けて「プロモーション動画を作ること」は、需要ある動画編集者・映像制作者の仕事となります。

 

事実、企業による動画プロモーション市場は年々大きくなっています。その根拠が、以下インターネット広告代理店大手のサイバーエージェントが公表した、動画広告市場の市場規模の推計となります。

 

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

 

これを見ると、2019年の2,592億円から、5年後の2020年には6,856億円と、264%もの成長を記録しているんですよね。

 

今後はより多くの企業が、動画を通じて、人々を動かしていく時代になるでしょう。その時に動画編集者・映像制作者は、自ら編集・制作した動画を通じて、世の中に良い影響を与えながら、人を動かすことができます。

 

また仕事以外でも、人の心を動かす動画を作ることは可能です。例えば、実際の実例で面白かった事例を紹介すると、以下は海外の観光客が、日本を訪れた際に作った「日本に関する」プロモーションビデオです。

 

 

もし自分が外国人だったら、この映像を見ていると、日本に訪れてみたくなりますよね!

 

このように、人の心を動かし、行動に駆り立てることができるのは、動画クリエイターならではと思いますし、とても大きなやりがいになりますよ。

 

4. 制作・編集したものが作品として残る

世の中には、カタチに残らない仕事が多い中、動画編集者・映像制作者が制作・編集した映像は「作品」として残ります。

 

例えば、初めて自分で作りあげた映像作品や、感動を与えることができた映像作品など、後で動画を見返す度に、その頃の出来事がフラッシュバックしてくるものです。

 

楽しみは、映像という作品として残るものを創る動画編集者・映像制作者ならではのやりがい・魅力です。

 

5. 自身に実績・スキルが積み上がり、キャリアの選択肢が広がる

動画編集・映像制作の仕事は、経験を積むほど、実績やスキルが自分自身に積み上がっていきます。

 

仕事をするほど、人生・キャリアの選択肢が広がっていくのは、動画編集者・映像制作者のやりがいとなります。

 

事実、動画編集・映像制作分野は、会社の外でも通用する技術が身につくため、独立や副業を通じ、個人で収入を得ている人も多いです。

 

一方で、営業職や事務職などは、なかなか会社以外で通用するスキルを身につけにくいです。そのため、会社にしがみつかないといけなキャリアになりがちなデメリットがあります。

 

その点動画編集者・映像制作者はクリエイターという、いわば「専門職」です。そのため、仕事を通じて得た経験を元に、会社の外でも通用する、持ち運びできるスキルが身につるんですよね。

 

いまやっている仕事が、未来の自分自身のキャリア・選択肢を広げることに繋がるのは、大きなやりがいではないでしょうか。

 

参考までに、動画編集者でフリーランスを目指す方法は「フリーランスの動画編集者になる方法を徹底解説【完全ガイド】」で、動画編集者として副業する方法は「【未経験向け】動画編集の副業の始め方!収入を得るまでのステップを解説」でご紹介しているので、こちらもチェックしてみてください。

 

以上が、動画編集の魅力ややりがいです。

 

動画編集のきつさも知りたい方へ

動画編集は魅力もやりがいもありますが、一方できつさもあります。

きつさ以上のやりがい、楽しさがある仕事なのは間違いないですが、マイナス面も知っておきたい方は「動画編集が大変と感じる場面と、大変な時期を乗り越える3つの方法」も参考にしてみてください。

 

動画編集者・映像制作者はどんな人におすすめ?

動画編集者・映像制作者はどんな人におすすめ?

 

以上のやりがいや魅力を踏まえて、動画編集者・映像制作者は以下ような方にこそ、おすすめしたいです。

 

動画編集者・映像制作者がおすすめな人

・映像を通じて、人に感動や笑顔、良い影響を与えたい人

・カタチに残るものを創りたい人

・自分自身の感性やセンスを活かしたい人

・将来性の高い分野で仕事がしたい人

・会社に依存せず、自分自身で自由に生きていける実力をつけたい人

 

上記いずれか一つでも当てはまるなら、動画編集者・映像制作者になることはおすすめです。

 

映像を通じて世の中に良い影響を与える動画編集・映像制作の仕事は、控えめに言ってもやりがいがありますし、魅力のある、楽しい仕事ですよ。

 

まとめ:動画編集・映像制作は魅力もやりがいある

まとめ:動画編集・映像制作は魅力もやりがいある

 

記事の内容をまとめます。

 

動画編集・映像制作者の魅力ややりがい

・映像を通じて笑顔や感動を生み出すことができる

・自分自身の感性やセンスを活かすことができる

・動画を通じて、人を動かすことができる

・制作・編集したものが作品として残る

・自身に実績・スキルが積み上がるので、キャリアの選択肢が広がる

 

動画編集者・映像制作者がおすすめな人

・映像を通じて、人に感動や笑顔、良い影響を与えたい人

・カタチに残るものを創りたい人

・自分自身の感性やセンスを活かしたい人

・将来性の高い分野で仕事がしたい人

・会社に依存せず、自分自身で自由に生きていける実力をつけたい人

 

述べてきた通り、動画編集者・映像制作者は魅力ややりがい、面白さに詰まった仕事です。特にインターネット領域の動画市場は成長性も高く、今からチャレンジするにもぴったりです。

 

なお、もし未経験から動画編集・映像制作スキルを学び、動画領域に飛び込みたい場合は、プロのクリエイターから学べる「動画編集・映像制作スクール」を利用することが一番の近道です。

 

プロとして通用する実践スキルが身につくスクールは「動画編集・映像制作おすすめスクール5選の比較」でまとめているので、よければ参考にしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。