TechAcademy動画編集コースの評判・口コミは?【リアルな特徴を解説】

TechAcademy動画編集コースの評判・口コミは?

「TechAcademy動画編集コースが気になる」

「実際どうなんだろう?他のスクールとの違いやメリット・デメリットは?」

「受講者の評判、口コミが知りたいな」

 

こんな風に悩んでいませんか?

 

TechAcademy 動画編集コース」は大手のオンライン動画編集スクールです。動画編集者に必要な実践スキルをオンラインで学べ、最短4週間で動画編集者として一人前を目指せるスクールとなっています。

 

とはいえ、実際の評判や特徴は、受講前は特に気になりますよね。

 

そこで本記事では、TechAcademy動画編集コースのリアルな受講メリット・デメリットを始め、受講者の評判などを紹介します。

 

本記事を読めば、TechAcademy動画編集コースを受講するかどうか、迷いはなくなりますよ。

 

\お得なキャンペーン情報は公式サイトで/

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コースのメリット

TechAcademy動画編集コースのメリット

1. 実践的な動画編集技術を習得できる

2. オリジナル動画の作成まで経験できる

3. 短期間かつ低価格で受講できる

 

TechAcademy動画編集コースのメリットは上記の通りです。それぞれ解説します。

 

1. 実践的な動画編集技術を習得できる

TechAcademy最大の特徴は「実践的な動画編集技術」を習得できることです。

 

そもそも動画編集スクールの中には、動画編集を学べるといっても、実践経験を多く積まないスクールも存在します。

 

その点TechAcademyの良いところは、専属メンター(講師)サポートのもと、とにかく手を動かしながら、実践形式で学べることです。

 

例えば動画編集コースで言えば、カリキュラムの中で、以下のような実践経験を積んでいきます。

 

TechAcademy動画編集コースで得られる実践経験

・動画編集の基本である「インタビュー動画のカット編集」

・本格的な演出となる「アニメーションの作成」

・編集の一連の流れを経験できる「道案内動画の作成」

・Youtubeで話題になるような「トリック動画の作成」

 

など、とにかく実践的なんですよね。

 

私自身、TechAcademyの別コースを受講しましたが、とにかく実践的なスタイルだったので、いち早くスキルを習得できたことが印象的でした。

 

私がTechAcademyを受講した時のカリキュラムの一部

 

わからないことは専属メンターが丁寧にサポートしてくれるので、初心者でも安心の環境です。

 

そのような環境で学ぶ実践的なスキルは、その後個人で動画編集案件を受ける際にも最も役立ちます。

 

ですので、将来動画編集を仕事にしたい場合、TechAcademy動画編集コースは特におすすめです。

 

2. オリジナル動画の作成まで経験できる

オリジナル動画の作成まで経験できることも、TechAcademy動画編集コースのメリットです。

 

オリジナル動画の作成を行うメリットは、カリキュラムの中で制作実績を作れることです。

 

スクールを卒業した後に、個人で案件を受注したり、あるいは企業へ就職・転職を目指す場合、制作実績を求められることがあります。

 

その時に、オリジナル動画の制作実績がないと、アピールするのに弱いんですよね。

 

その点、スクールの中で制作実績を作っておけば、それがそのまま、案件受注や就活の際に使えます。

 

また、一回オリジナル動画の制作まで経験を積んでおくことで、スクール卒業後は自分でオリジナル動画を作ることもできるようになります。

 

私自身、別コースを受講した際も、カリキュラムの中で制作実績を作っていたことで、その後個人で案件を受注する際に役立ちました。これは動画編集に限らず、どんな分野でも共通することです。

 

3. 短期間かつ低価格で受講できる

短期間かつ低価格で受講できることも、TechAcademy動画編集コースのメリットです。

 

TechAcademyの受講期間と価格は次の通りです。

 

TechAcademy動画編集コースの期間と価格

4週間:159,000円

8週間:209,000円

12週間:259,000円

 

動画編集スクールは大体40万円以下が相場ですので、TechAcademyはどの受講期間であっても、相場内の価格となっています。

 

このように、費用面でいっても、TechAcademy動画編集コースは受講しやすいです。

 

\公式サイトで無料説明会動画を配信中/

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コースのデメリット

TechAcademy動画編集コースのデメリット

1. オンラインのみなので、教室受講ができない

 

一方で、TechAcademy動画編集コースのデメリットは上記の通りです。

 

1. オンラインのみなので、教室受講ができない

TechAcademyはオンライン受講のみとなっているので、教室受講できないことはデメリットとなります。

 

人によっては、教室に通って強制的に学習しないと、途中で挫折するんじゃないかという不安もあると思います。私も当初はそうでした。

 

とはいえ、TechAcademyはオンラインスクールの中では最大手であり、サポート体制も万全です。毎日わからないことはチャットサポートも使えますし、週2回程度はメンタリングというビデオチャットもあります。

 

ですので、どうしても教室受講が良い人にはデメリットになりますが、そうでないなら、この点は大きなデメリットにはならないと思いますよ。

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コースの評判・口コミ

TechAcademy動画編集コースを実際に受講した方の声を紹介します。

 

 

上記は実際にTechAcademy動画編集コースを受講している方の声です。

 

カリキュラムの中でポートフォリオになる動画(前述したオリジナル動画のこと)もちゃんと作れていますし、自分で撮影、構成、編集する一連の能力も身につけられています。

 

 

一方で上記の方は、TechAcademyを受講し、専業で動画編集をやっている方の声です。実際にYoutube関連のプロジェクトに参加していたりと、活躍されている印象です。

 

このように、TechAcademy受講生の方は、実践的なカリキュラムの中で技術を習得し、その後の人生・キャリアを豊かにしているようです。

 

\公式サイトで無料説明会動画を配信中/

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コースはこんな人におすすめ

以上のメリット・デメリットや評判を踏まえて、TechAcademy動画編集コースは次の方におすすめです。

 

TechAcademy動画編集コースがおすすめな人

・実践的な動画編集スキルを習得したい

・オンラインサポートが充実した環境で学びたい

・低価格かつ短期間で受講したい

 

上記いずれか一つでも当てはまるなら、TechAcademy動画編集コースはおすすめです。

 

前述通り、TechAcademyは実践的な技術が身につくカリキュラムであり、オンラインでも挫折しない専属メンターの徹底サポートがあり、かつ4週間174,900円〜12週間284,900円という相場内の価格で受講できる環境です。

 

実践的なスキルをオンライン最高峰の環境で、短期間かつ低価格で受講したいなら、TecgAcademy以上のスクールは現時点でないと思いますよ。

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コースはこんな人にはおすすめしない

一方で、TechAcademy動画編集コースをおすすめしない方は次の通りです。

 

TechAcademy動画編集コースをおすすめしない人

・教室受講したい人

 

前述通り、TechAcademyは教室がないので、教室受講したい方にはおすすめできません。

 

TechAcademyが合わない人向けのスクール

もし教室受講したいなら、おすすめは「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」と「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」です。

ヒューマンアカデミーは全国各地、デジタルハリウッドは東京の池袋・上野に教室を持つ、動画編集・映像制作分野で最高峰のスクールです。学べる内容は実践的で、本格的なクリエイターを目指すなら特におすすめです。

どちらも「無料説明会」を開催しているので、参加しつつ、TechAcademyと比べてみることをおすすめします。

>>ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座無料説明会を予約する

 

>>デジタルハリウッド無料説明会を予約する

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コースの概要(学習内容・料金・期間など)

コース詳細動画編集コース
学習内容・動画編集の基礎から応用
・動画編集ソフトの基礎から応用
※カット編集、アニメーション作成、トリック動画、オリジナル動画の作成まで実施
オリジナル動画制作オリジナル動画制作あり
受講期間4週間、8週間、12週間
学習時間合計160時間
料金4週間:159,000円
8週間:209,000円
12週間:259,000円
受講スタイルオンライン
チャットサポート24時間以内に返信
メンタリング(ビデオチャット)4週間コース:7回
8週間コース:15回
12週間:23回

 

コース詳細は上記の通りです。

 

短期集中で技術を磨きたいなら、4週間の短期受講が最もおすすめです。一方、忙しい社会人の方で、毎日勉強時間を確保できなそうであれば、8週間または12週間だと安心です。

 

メンタリング(ビデオチャット)は無料体験レッスンで実際に経験できるので、試してみると、イメージが湧いてくると思いますよ。

 

TechAcademy(テックアカデミー )動画編集コース受講の流れ

TechAcademy動画編集コースのメリット

1. 「無料説明会動画」や「無料体験」でイメージを掴む

2. 公式サイトから本申し込みを行い、受講料を支払う

3. 本受講開始(受講前にカリキュラムは閲覧可能)

 

ステップは上記の通りです。

 

最初からステップ2の本申し込みを行ってももちろん良いですが、TechAcademyでは本受講検討者向けの「無料説明会動画」があります。無料で使ってみてから、本受講するかどうか決めることがおすすめです。

 

無料説明会動画も、本申し込みと同じく公式サイトから申込みできるので、検討したい場合は早速視聴・体験してみることをおすすめします。

 

\公式サイトで無料説明会動画を配信中/

 

まとめ

最後に、5Gなどの影響もあり、動画市場はとにかく将来が明るいです。

 

中でも動画編集は、Youtubeなどの台頭もあり需要が高く、将来性もある一方、肝心の動画編集者はまだまだ足りていないことが実情です。

 

加えて、動画編集スキルは未経験からでも習得しやすいので、今のうちに身につけておけば、個人で月数万円の収入を得ることは、そこまで難しいことではありません。

 

特に今回紹介した「TechAcademy動画編集コース」は、オンライン完結で、仕事につながる動画編集スキルを習得するなら最適な環境です。プロのクリエイターがマンツーマンでサポートしてくれるので、無駄な学習をすることなく、実践で必要な技術を最短で習得していける環境だからです。

 

とはいえ、ここまで読んでも、90%近くの方は行動しません。でもこれは裏を返せば、行動さえ起こせば、上位10%には入れるということです。

 

結局のところ、良いチャンスを掴む人は、いつの時代も「行動する人」です。

 

動画編集・映像制作分野は5Gの恩恵もあり、今はチャンスのタイミングです。同じ努力で、大きな成果を得られるタイミングだからこそ、まずは小さな一歩を、今日から踏み出すことが良いと思いますよ。

 

\公式サイトで無料説明会動画を配信中/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Movie Works編集部
Movie Works編集部は、動画領域に関わるクリエイターやマーケター、転職事情に詳しい人材業界出身者で構成されています。 動画編集・映像制作・マーケティング等に取り組む方に向けて、学習ノウハウや、仕事獲得に役立つ情報、おすすめスクールなどをご紹介しております。